人生つまらなくなってしまう根本的な原因は何なのか?

立ち寄ってくださってありがとうございます。

突然ですが皆さん、仕事は楽しんでいますでしょうか。毎日同じルーティンを繰り返しているうちに、いつの間にか人生つまらなくなっていませんでしょうか。

今日は、仕事を楽しみ、人生を楽しくするための、あくまでも現実的な考え方を提案させていただこうと思います。

非常に長いですが、ほんとうに人生に悩んでいる人にはぜひ読んでほしいです。

気持ちが変われば、考え方や生き方が変わります。

 

 

 

楽しむことが大事なワケ


 

人生を楽しむためにどうすればいいか・・・その一番の方法といえばやはり、多くの人が人生の大半の時間を費やすであろう「仕事」を楽しむようにするしかありません。

 

まずは難しいこと抜きで、ごく単純に考えてみましょう。

嫌いな仕事を、愚痴垂れながら嫌々やってるより、
楽しいと感じる仕事を、のめり込んでやってるほうが充実する。

それは間違いないと思います。

 

 

これは、学生時代とかにいろいろなバイトを経験したことのある人なら分かるはずです。職場のメンツと馬が合わないとか、業務自体がめんどくさいとか、明らかに自分の性格や能力に合ってないとか・・・そういう気持ちで働いていると、だいたい「辞めたい」「休みたい」「早く帰りたい」と思いながら嫌々行くことになります。

 

私も、学生のときに複数の職場に勤めたことがあり、そういう心境になったことがありました。

だから実感済みなんですが・・・嫌だなー辞めたいなーかったりぃなーと思いながら仕事してると、当然集中力が落ちるんですよね。接客販売業なんてやってるとよく分かりますが、仕事中はちゃんと集中してないとお客さんと接するときにも対応が雑になりがちなんです。それは自分で気づくほどに酷い状態のときもあれば、他人に注意されて初めて気づく程度の場合もあります。

 

私はその昔、仕事が嫌でめんどくさくてたまらなかった時分、お客さんに「こんなひどい接客は受けたことがない」と怒られてしまったことがあります。あんなことは人生で一度きりですが、本当に申し訳ない気持ちになりました。同僚にも申し訳ないし、お客さんに申し訳ないし、「何やってんだ俺は・・・」と情けなくなりましたよ。

その後は、そのときの事を反動に集中してがんばって、売り上げも伸ばしていって、結果仕事が楽しくなって、半年後くらいでしたか・・・そのお客さんが再び来られたときには大変満足していただいて、笑顔で帰っていただくことが出来ました。

 

仕事自体や職場の環境を楽しみ、没入して集中したほうがいい仕事が出来る。これは絶対的真理です。

 

スポーツをしてるとよく分かります。

毎日の練習で集中していなければ実力は思うように伸びませんし、どんなに一生懸命練習していても、才能があっても、試合のときに集中できていなければ、納得のいく結果は出せません。

チームで試合をするスポーツだと尚更、集中していなければ、仲間にまで負担をかけることになり兼ねません。集中の大切さは、真剣にやっているチーム、上を目指しているチームならどこでも分かっていることでしょう。

嫌い
めんどくさい
かったるい
やめたい

そういう精神状態だと、質の高いシゴトはできないのです。どの世界でも。

 

『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』ああいう、できる大人たちが登場するテレビ番組を見ると、皆さんやっぱり集中してらっしゃるし、めんどくさいなーかったるいなーなんてマイナスなことを考えずに前を向いて仕事してるなあと思います。

特にカンブリア宮殿に登場する偉人賢人たちは、すごいですよね。もうほんと、やる気の塊ってかんじで、「これだ!」と思ったらどんどんやってしまうんです。彼らはそれぞれ肩書きも業種も生き方も違いますが、マインドがしっかりしているから、話を聞いていて「はぁーーー」と感心してしまう。

ああいう人たちに共通してるのはやはり仕事を楽しんでいる気持ちが充実している。このふたつではないでしょうか。

人間って理屈っぽい生き物ですが、やっぱり感情は正直です。
やりたくないことはやりたくない。嫌で嫌でしょうがないことに全力は出せない。楽しければ自然に集中する。興味があることは勉強するし、興味がまったくないものには無関心です。

 

「今日も会社行かなきゃいかないのか・・・はぁ・・・」
「もう帰りたいんだけど」

そういう気持ちは絶対に、どこかに現れています。

 

逆に、

「この仕事がやっぱり好きだ」
「自分の仕事に誇りを持っている」
「給料は少ないけど、やりがいを感じてる」

こういう気持ちだと、自然に仕事効率は上がるものです。
経験したことのある方ならすぐ分かるでしょう。

 

「好き」「楽しい」は集中を生み、作業能率を上げるのです。そういう精神状態で仕事をしていると、1日が終わる時に「あーーーー今日もやったーーーーーーーー!!!」という達成感があります。そうなれば気持ちが充実するので、余暇も存分に満喫できます。

そのような循環が出来て初めて、人生そのものが楽しくなるのです。

 

では、楽しくするには具体的にどうすればいいんでしょうか。

 

 

あくまでも現実的に考えること


 

どうせ生きるなら、仕事を楽しんで、休みを満喫して、気持ちよく生きたいものです。

ロックミュージシャンの矢沢永吉(えいきち)さんが、車のCMでいいことを言っています。

【台詞】

2種類の人間がいる・・・やりたいことをやっちゃう人と、やらない人。

やりたいことをやってきたこの人生・・・

おかげで、痛い目にも遭ってきた。さんざん恥もかいてきた。

誰かの言うことを素直に聞いてりゃ、今よりずっと楽だったかもしれない。

でもね、これだけは言える。

やりたいことをやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い。

俺はこれからもやっちゃうよ? あんたはどうするの。

———————————————————————————

 

いやーいいこと言いますね、CMとはいえ。矢沢さんが言うとピッタリはまってる。

 

「やりたいことをやる」

これほど楽しい人生あるでしょうか。いや、無い。
そんな生き方って、みんなの憧れだと思います。

やりたいことをやって登りつめた人たちが言うと、説得力ありますよね。

 

 

でもね、

こういうCMを見て、その時は「そのとおりだ!」と思っても、
またつまらない卑屈な考え方に逆戻りする人がほとんどでしょう。

「あんたは有名人だからそんなこと言えるんだよ」
「君たちみたいな天才と、私たち凡人は違うんだよ」
「楽しく生きてる人には分かんないだろうね、この苦労が」

そんなマイナスな考え方です。

 

 

特に現代の日本人にとって、“やりたいことをやる”“楽しく仕事をする”というのは禁句に近い

ほとんどの人たちが、「大卒の資格がないと仕事無いよ」などの文句に抑圧されて半ば適当に進学し、探究心ややる気もないままに、学生のうちに大した自分探しをせず、卒業を迎えると「とりあえず仕事しなきゃ」と適当に就職活動をはじめ、何社何十社と面接を受ける。「とりあえず」の気持ちで就職して社会人になってから夢と現実の間で深く後悔して、人生に対して悲観的になり、ネットで毒を吐いて生きるようになる。

 

インターネットがすっかり浸透して一般的なものになったいま、老若男女誰もが自由に、不特定多数の見ず知らずの人間たちが見ている前で「語る」のはごく当たり前のはなし。愚痴のお披露目も当たり前ですね。

Twitterや掲示板などを見ると、実にいろいろな人たちが仕事・人生について愚痴をこぼしています。

ネット世代真っ只中の20代30代にはそういう根暗社会人が珍しくない。

 

彼らのつぶやきを見ていて強く感じとれるのが、人生への深いコンプレックスなのです。

やりたいことができない、仕事が辛すぎる、友達がいない、彼女がいない、生きるのが辛い・・・そういったマイナスな感情。中には、そういった卑屈な気持ちの裏返しで、立派な自己啓発的なことをつぶやいてうっぷんを晴らしている人たちの姿も。

 

 

日本の大人たちはいま、「人生つまらない」でいっぱいなんではないでしょうか。これほど気持ち的に沈んでいる国もなかなか珍しいくらい、実は現代の日本人たちは追い詰められている気がします。

事実、日本の自殺率は先進国の中でも高いほうです。

 

自殺というのはもう本当の最終手段で、「生きていてもしょうがない」という気持ちでいっぱいになったときにするものでしょう。人間含め動物というのは普通、どんなに過酷な状況下でも、本能的に「生きたい」と思うもののはず。

それが「生きてても辛いだけ」「死にたい」と思うのは、人間特有の思考であり、本当に追い詰められた八方ふさがりの精神状態だと思います。これ以上ないくらい病んでる。

いまの世の中、病んだ大人がいっぱい居ます。人生がつまんなくてつまんなくてしょうがないんですよね。

じゃあなぜつまんないのか、なぜ辛いだけなのか。なぜ、「人生クソゲー」と思ってしまうのか・・・

 

それは、意識の問題なんですねぇ、実は。

進学も、学校生活も就職も、適当すぎる。「とりあえず」すぎる。

とりあえずだから、適当だから、「やれるだけのことはやっている」という気持ちが無いのです。「自分で決めてここに居る」という気持ちより「会社に仕事をさせられている」という気持ちが大きくなる。

だから、後になってグチグチ言うようになる。

 

 

人間って、実は常に選択して生きています。

どこに入学するか、どんな仕事をするか
今日何時に寝て明日何時に起きるか
昼飯に何を食べるか、誰と食べるのか
通学・通勤時間に何をするのか。勉強するのか?音楽を聴くのか?ボーッとするのか。
誰と親しくなるのか、どんなコネをつくっておくか
休みの日・・・ゆっくり寝るのか、勉強するのか、ゲームするのか、本でも読むか、部屋の掃除をするのか、誰かと遊びにいくか
全力だして一生懸命にやるのか、適当に流すのか

大げさなことじゃありません。
皆、そういう選択を繰り返して生きています。当たり前のことです。
貧しくても裕福でも、選択を重ねることに変わりはありません。

ひとつの出来事だって、どんなふうに受け止めてどんなふうに考えるか、そしてそれをどう活かすのかで違います。
選択肢が変われば結果も変わります、当然。

 

 

進学にしろ就職にしろ、そういう選択の結果ではありませんか。

ちゃんと時間を効率よく使って集中して勉強していればそこそこの結果はついてきますし、

たとえそれで思い通りの結果にならなくても、

「自分はまぁ、いろいろ有ったが、納得できるだけの準備はしてきた」と思えれば、受け入れることができます。

逆に、自分の力を分析してその後に活かす材料になります。

 

 

 

才能のある人間は俺たち凡人とは違うから成功できる?
才能のある人間はそんなに苦労しなくていい?

違いますよね。
才能があっても、棒に振っていれば腐るだけです。

才能がある人たちだって、ちゃんと才能があるからこその努力をしています。じゃないと振り落とされる。

矢沢さんもそうですが、あそこに立つために、やるだけのことをやってきているんです。

当然、失敗もたくさんしてきたでしょう。

 

 

それに、才能があったって、自分にはどうしようもできないような事態に直面することもある。

天才スポーツ少年だって、事故で下半身不随になったりしてしまえば、それまで描いていた夢には届かなくなってしまうでしょう。

私たちが知らないところでそういう悲劇に見舞われた方だってたくさん居ます。

体質や気質などの問題で好きな仕事につけない人もたくさん居ます。

 

でも、それで折れて「もうダメだ」「人生詰んだ」と思って抜け出せなくなったら、
本当に何も出来なくなる。何にもいいほうに考えられなくなる。
「辛い辛い・・・」だけで、「どうすれば改善できるかな」が浮ばなくなる。
すると、生きることは苦痛でしかなくなります。

 

 

 

 

いま日本では、「学歴さえあれば人生安定」という宗教じみた考えが流布していますが、それだって同じ事。

良い学歴があっても、「俺は○○大卒だから大丈夫なんだ。舐めんなコラ」という考え方でやっていたら、ロクな生き方はできないでしょう。
気持ちだって充実しないから、人生つまらなくなること請け合いです。ネットで毒吐きしながら退屈な人生を送るひねくれ者になります。

 

学歴は確かに大事です。

程度の良い学校を出ているということであれば
「それだけ一生懸命勉強する人だ」というイメージにもなるし、
「頭がいいんだな。物覚えがよさそうだ」と思われることもある。

でも、実際どうでしょうかね。

高学歴は勝ち? 学歴さえとっておけば、あとはふんぞり返っていても学歴が自分を守ってくれる? 何もせずとも出世できる?

そんなことは無い。
社会人になったらまた選択を重ねて、やることやっていかなきゃいけない。
失敗だってたくさんあるでしょう。仕事がうまくいかない、人間関係がもつれる、病気になる・・・など。

もしかしたら会社側が失敗して、その巻き添えを被るかもしれない。
(可能性は0ではないということです)

実のところ、現実的に考えると、“保証された安全な人生”なんてものは存在しないのです。

だから、宗教じみた信じ方はよくありません。

 

学歴を信じるんじゃなくて、それを取った自分の才能と努力を信じなければ、精神的に虚弱な人間になってしまいます。

物事には過程がある。結果だけを気にしてはいけません。臆病になるだけです。

慎重と臆病は違う。

 

 

大事なのは意識ある選択と行動


 

日本人はもともと保守的な民族ですから、

「安定」「安全」という甘い言葉に惹かれやすい。

「やりたいことをやる」とか「挑戦」とか「楽しく仕事する」とかをものすごく嫌うでしょう。

より安全な堅実な生き方を信じる。

もちろん、それが自分の実力を見極めきっちり努力を重ね、運や縁を経てたどり着いた結果なら、なにも後悔はないでしょう。苦労はもちろんそれなりに有るでしょうが、ぐちぐち言うことはありません。

 

今の日本社会の最大の勘違いは、

「仕事とは苦痛なもの、めんどくさいもの」

「やりたいことをやる=楽(らく)」

「挑戦しない堅実な人生=安全」

という固定概念に他なりません。

 

仕事を楽しんでいる仕事人はたくさん居る。それでちゃんと結果をだしている人もたくさん居る。

 

やりたいことをやる人生は楽でしょうか。違います。
やりたいことをやろうとすれば、それを達成するための苦労がある。文句も言われる。(別に、他人にどんどん迷惑をかけて好き勝手生きろということではありませんからね)

 

「失敗しないためには挑戦しなきゃいい。何もせず無難に生きよう」

違う。何十年か生きていれば誰でもほんとうは知っているのです。無難な人生なんて無いということ。

むしろ、怠けていれば怠けているだけ、あとあと自分が後悔するのです。虚しくなるのです。

 

 

天才でも秀才でも凡才でも、だれでも失敗するし、挫折するし、不快な想いをするし、悩むし、落ち込むし、疲れます。

それは、どんなに安全に生きようとしても変わりません。

失敗や悩みの大小だって、他人とは比べられないものです。

 

大事なのは、現実を受け入れること。

現実的に考えることです。

 

 

人はそれぞれ、変えようの無い生まれや育ち、家族・親族、体質、気質、トラウマ、悩み、能力、好き嫌いと、いろいろな事情を抱えて生きていますでしょう。

誰もが同じように生きられるわけではない。同じだけ努力すれば必ず同じところに到達できるわけではない。

そういう当たり前のことを受け入れた上で、ちゃんと選択することです。

 

自分という人間を見極めて、それに沿った目標設定をする。

その目標に向けて失敗を繰り返しながら努力をする。

成長を楽しむ。小さな成功の一つ一つを楽しむ。

結局はそれが出来るかどうかなのです。

それが出来る人は、そこそこ人生楽しいはずです。

 

 

 

矢沢さんも、いまはミュージシャンとしてあんなに売れてあんなキラキラしていますが、決して楽に生きてきたわけではありませんし、裕福な家庭に生まれたわけではないようです。

幼い頃に両親はいなくなり、親戚中をたらいまわしにされ、極貧生活を送っていた矢沢さん。裕福な家の子供にいじめられることもあったそうです。

そんな生活のなかで、なんと矢沢さんは心折れるのではなく、「BIGになる」と思ったんだといいます。

 

ビートルズなどに感化されロックスターを志すようになった矢沢さん、

“中学時代、ラジオから流れるザ・ビートルズを聴いてロックに目覚め[36]、更にザ・ベンチャーズの広島公演に行ったことで、すっかり感化されスターになることを夢見るようになる”

“高校卒業と同時に、トランクとギターとアルバイトで貯めた5万円を持って、広島から最終の夜行列車で上京する[7][39][40][41]。しかし、東京駅へ向かうはずだったが、長時間の移動で尻が痛くなったのと、横浜とザ・ビートルズの出身がリヴァプールという同じ港町だったことから横浜駅で途中下車、チャイナタウンなどで働きながらバンド活動を始める”

“自作の曲「アイ・ラヴ・ユー、OK」のテープを「ビートルズのレコードを出しているから」と言う理由から東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)に持ち込んだが「売れない」と断られる[36]。”

(Wikipediaより)

 

これ読んで、ただ「馬鹿なやつだ」と思うなら、それは短絡的すぎる。

私が思ったのは、「この人、行動力が半端ない」でした。

5万円持って列車に乗って上京して、途中下車してそこでバイトしながらバンド活動て・・・ww 笑っちゃうくらい行動力あるじゃないですか。

 

その後、

    • 自作の曲「アイ・ラヴ・ユー、OK」のテープを「ビートルズのレコードを出しているから」と言う理由から東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)に持ち込んだが「売れない」と断られる[36]
    • 「ザ・ベース」「イーセット」を経て、「ヤマト」を結成[38][42]。「ヤマト」には、後に「矢沢ファミリー」と呼ばれるNOBODYの木原敏雄(ギター)、大森正治(ドラム)がメンバーに名を連ねていた。このころ、もう一人のNOBODYである相沢行夫とも知り合う。無能なメンバーを切り離し、使えるヤツをピックアップする、これを繰り返すことでバンドの能力は向上した[7]。「才能のないヤツは去れ!」という矢沢の考えは一貫して変わらない[7]
    • 蒲田川崎、横浜、横須賀などのライブハウスの「ゴールデンカップ」やキャバレー兵隊の集まるゴーゴークラブで歌う[36][38]
    • 矢沢は「ヤマト」で芸能界デビューを望んでいたものの、様々な事情により解散。

 

 

という波乱に満ちた人生を送っています。

こういう、“やっちゃう人”の話を知ると、あーやっぱりやる人はどんどんやっちゃうんだなあ と思いませんか?

人生なんて結局は、やるかやらないかなんですよ。成功の保証なんてどこにもありません。皆、こっちは大丈夫だと信じて生きているだけのこと。左右の分かれ道があれば、皆が行くほうについて行くだけの事。でも、同じ道を選んだ誰もあなたの選択を保証してはくれません。

 

 

 

自分の人生です。仕事だって自分のため、自分の家族のためにすること。
仕事のために生きてるんじゃない。会社のために生きてるんじゃない。

おおかた皆さん、生活のために仕事をするはずです。

それが、忙しい日々に抑圧されていつの間にか、会社のために生きているような気持ちになる。
仕事を自分の意思でしているんじゃなく、会社にさせられている気持ちになる。

それまでろくな選択をせず努力をせずにいたもんだから、
やれるだけのことは十分やってきたという誇りもなくて、卑屈な気持ちでいっぱいになる。

誰だってそれなりに事情を抱えて苦労しているんだということも忘れて、
苦労比べのような目で人生を見るようになる。

 

ネットで、働いていない人たちを見つけて、赤の他人なのにムカついてしまう。
自分とかかわりの無い人なのに見下して説教しようとしてしまう。

気持ちや生き方を改善するために使える時間なんて、見つけようと思えばあるはずなのに、
「忙しい」「まったく時間ない」と、余計自分を追い込んでしまう。

 

 

 

・苦労をしている自分

・お前より俺のほうが忙しい

そんなつまらない見栄を誇りにしてどうするんでしょうか。

くだらない。

 

苦労比べをするために生きてるんでしょうか・・・いや、絶対ちがう。

それならむしろ、もっともっと苦労するはず。忙しいと言う暇さえないほどにね。

 

 

 

自分を苦しめるだけの明らかなブラック企業なんてやめればいい。会社なんて世の中にはいくらでもあります。
働き方もいくらでも有るんです、本当は。

それなりの自信と実力があるなら、必ず別の道は見つかります。資格が足りないなら、忙しい合間に勉強すればいい。そういう人、実際にあちこちに居ます。人生がつらいのを、仕事が見つからないのを学歴のせいにして諦めていては、何も出来ません。現実的に前向きに考えていかないと、人生はつまらないものになります。

 

いろいろな人のいろいろな仕事の話を聞いて、いろいろな生き方を読んで、視野を広げなければ。

 

世の中には、ほんとうにいろいろな人生があり、働き方があり、遊び方があるものです。
勝手に根暗になって引きこもって、嫌々毎日を追いかけて、そんなんで何が楽しいんでしょうか。

そして、そんなふうな根暗と一緒に居て、周りは楽しいでしょうか。家族は幸せいっぱいでしょうか。

不必要に人と比べない。過剰に卑屈にならない。

「悩みも、思うようにいかないこともたくさんあるけど、やるだけのことはやってきた。楽しく生きられるように努力してきた。いっぱい探した」

常にそう思えるように生きましょう。大事なのは、意識と選択です。小さなことからでいいんです。

良くも悪くも、保証された選択なんて有り得ません。
信じて選択し、軌道修正しながら生きていけばいいのです。

それが、そもそも人生というものですよ。
何が出来るかを考えて、前向きに生きましょう。
せっかく生まれてきたんだから、自分が楽しくなきゃもったいない。

 

 

 

 

 

最後に。

 

私自身、悩みや辛いことがいっぱいあります。どうにもならないこともたくさん有る。

本当に「あーもうどうすりゃいいんだ!!!」と言いたくなることがたくさん有ります。そういうときは、ただ落ち込んでパニックになるんではなく、「どうすれば少しでもよくなるだろう・・・」と考えるようにしています。

残酷なことに、私が心の中でなにをどれだけ考えていても、そんなことは知らん顔で世の中は回り続けるんですから。だから、人生は気の持ちようなのです。結局は行動なのです。

 

 

学生の方には特に、自分探しをたくさんしていただきたい。
いろいろな人のいろいろな仕事の話、生き方の話を読み聞きしてください。いろいろ試してみてください。

それは自分のためでもあり、真の社会貢献のためでもあります。
自分が最大限の情熱を持って打ち込める仕事に従事してこそ、世の中のためになるのです。そういう仕事が世の中を活気付かせるんですから。

その典型的な一例が、ミュージシャンやスポーツ選手です。ああいう、好きを極めた人間、楽しいを極限まで仕上げた人間の姿が世の大人たちの心を沸かすのは、そこに自分たちに足りないロマンを感じるからです。やりたいことをやる、極める、モノにする。そういうのは、カッコイイことなのです。 あの成功の裏に、われわれの想像を絶する苦労があることを忘れてはいけません。
「周りなんて気にしないで蹴っ飛ばして好き勝手やって生きよう」そう言っているのではありません。自分のためにちゃんと選択しましょう。自分の人生だということを忘れずに。

 

思い入れが強いテーマゆえ、かなり長くなってしまいました。
最後まで読んでくれた皆さんには本当に感謝します。

皆さんに、ほんの少しでも良い気持ちの変化があればいいなと願いつつ、締めくくらせていただきます。

ドミノピザがドミノ倒しになってる写真が話題

観測史上最強瞬間最大風速71メートルを記録した台風15号
8月25日朝には九州に上陸、激しい風雨によって各地におおきな被害がもたらされました。

 

 

そんな強大な台風が、ひとつちょっとしたお遊びを残していたようです。

ツイッターで話題となったのが、この「妹から『ドミノピザがドミノになってる』とメール来た 」というツイート。
どういうことなのかは写真を見ていただければお分かりいただけると思いますが・・・

 

 

 

そう、ドミノピザの宅配用バイクが強風で倒れて、ドミノ倒しのようになっている!ということなのです(笑) このあまりのくだらなおもしろさに、このツイートのRT数はすでに18000回を超えていて、おまけにテレビ朝日の関係者が、このように取材の申し込みをする始末。

 

いやはやこれは凄い。

妹さんからのくだらないメールから大変な嵐を起こしたこのツイート。
いったいどこまで拡大するんでしょうかw

本田圭佑出演の新CM、米の天才サッカー少女と共演!

日本が誇る世界的光学機器電子機器メーカーOLYMPUS

プロサッカー選手の本田圭介を、一眼レフカメラのOM-Dシリーズのイメージキャラクターに迎えてからどのくらい経ったでしょうか・・・そんなに長くも無いとは思いますが、今ではすっかり、OLYMPUSのCMといえば本田圭介と、当たり前のように思います。

 

 

そんな本田圭介主演のOM-D新CMが、9月から公開されます。

本田選手がカメラを相棒に散策していると、目の前に現れたのは米カリフォルニア州が誇る天才サッカー少女オリビアさん。彼女は10歳以下の少年サッカーU-10のカリフォルニア州選抜に女子で唯一選ばれたプレイヤー。その見事なリフティングは、地元でもかなり評判なんだとか。CMの中でも本田選手とペアになって、華麗なパス回しを魅せています。いやいや、将来が楽しみです。

しかし、天才少女もさることながら、やっぱり本田選手のボールさばきは見事だなぁ・・・まぁプロだから当たり前なんですが、それでも器用に扱うなあと思いました。

 

オリビアさんは本田選手の大ファンらしく、撮影の折には本田選手のほうから、サプライズでサインのプレゼントもあったようです。

 

この新CMの放映開始は9月4日

カメラ好きの方や本田選手のファンの方は、ちょっと意識してテレビを見るといいかも。

ヨッシーのあみぐるみamiiboに期待高まる

任天堂の専売特許マリオシリーズに登場する人気キャラクター「ヨッシー」。

そのヨッシーの特大amiiboが登場するそうです。

 

amiiboというのは、人形本体に内蔵された電子チップによってNew3DSやWiiUなどの任天堂のゲームソフトと連携し、該当キャラクターをゲーム内に登場させオリジナルキャラとして育てたりできる特殊なキャラクターフィギュア。

いま最も知られている用途としては、スマッシュブラザーズと連携させて、ゲーム内に自分だけのNPC(コンピューター)ファイターとして登場させるというものがありますね。もちろんヨッシーのamiiboもとっくに登場していますが・・・

 

今回、アメリカ任天堂が公開したツイートはこちら

 

 

どうやら今回のヨッシーamiiboは、毛糸で出来たあみぐるみタイプのよう。

こちら、「ヨッシーのウールワールド」に登場したダブルヨッシーがモデルになっているようで、
今まで登場したamiiboの中で最大のものになる模様。

それでもちゃんと、足の裏にチップが内臓されていて、ゲームの世界に登場させることができます。

 

使い道としては、スマッシュブラザーズにファイターとして登場させたり、マリオカート8にコスチュームとして導入させたりできるようです。(参考URL http://www.engadget.com/2015/08/24/mega-yarn-yoshi-amiibo/ ※原文英語 )

と確かに書いてありますが・・・

スマブラに登場したらどんだけでかいファイターになるんだ・・・と困惑を隠しきれません。

 

 

今までのamiiboですと、机やタンスの上に飾っておくというのが普通だったのではないかと想いますが、今回発表されたダブルヨッシーamiibo、けっこう大きなサイズなので、日常的についつい手にとって遊びたくなってしまうかもしれないですね。

発売日は、北米で2015年11月15日、欧州で11月27日発売予定ということで、日本でいつ発売するのかまだ分かっていませんが、任天堂ファンとしては発売が楽しみな商品のひとつになることでしょう。

コーヒー好きのコーヒー好きによるコーヒー好きのための映画

突然ですが、皆さん、コーヒーはお好きでしょうか。
私は大好きです。

あの刺激的で包容力のある香り、苦いだけではない深みのある味わい・・・・に加えてあのシックな色。
なんというか、まさに「大人の飲み物」といった雰囲気をもった飲料だと思います。

 

 

そんなコーヒーの歴史のはじまりは大昔までさかのぼるわけですが・・・
UCCのホームページによれば、コーヒーが持つ薬理効果が最初に記されたのは、なんと西暦900年頃だそうです。

その文献の著者はアラビアの医師だったラーゼスという人物。

驚くべきことに彼は「コーヒーには消化や強心、利尿の効果がある」という効果をすでに認めていて、コーヒーの種を煮出した“バンカム”という汁を、患者に飲ませていたそうです。

今から1000年以上前にすでにコーヒーのことをそこまで理解していたというのは、驚きですね。

 

 

そのすぐ後、9世紀後半から10世紀前半にかけて生きたイスラム教徒の医師アヴィセンナも、おなじような薬理作用を記していて、同時に、「熱さ口当たりよさ第一級なり。人によりてはその興ざましなること第一級。身体各部を強化し、皮膚を清めて湿りを取り去り、香りを生む」と、医学的な効能をくわしく記していたんだそうです。

 

 

このような飲料としての起源から1000年以上を経た今日に至るまで、コーヒーは、単なる趣向品(しゅこうひん)としてだけでなく、薬としても高い価値を認められています。

 

 

 

 

コーヒーのドキュメンタリー映画?


そんなコーヒーのドキュメンタリー映画が、12月に公開されます。

タオトルは『A FILM ABOUT COFFEE』

コーヒーというと、いまや自販機やコンビニ、全国チェーン店において気軽に飲める、ファッション感覚の飲料のようになっています。

が、その流れに抗い(あらが‐い)

いまいちど、古きよき喫茶店の、「量より質」のコーヒーのよさを感じてもらおうとする意図が、この映画にはあるように思います。

 

 

本映画では、

―コーヒーを愛するすべての人におくる
 Seed to Cup (種からカップまで)の物語―

をテーマに、

現代のコーヒー業界を牽引する都市であるニューヨーク・サンフランシスコ・ポートランド・シアトル・東京のそれぞれに住まう、コーヒーのプロフェッショナルたちを取材。彼らのコーヒーに注ぐ哲学、その仕事模様をドキュメンタリーにまとめているようです。

 

厳選され大切に育てられたたコーヒー豆が、どういった過程を経て、どんな人々のどんな哲学に触れ、どんな熟練の腕によって1杯のコーヒーに仕上がるのか・・・

コーヒー好きなら観ておいて損のない映画ではないでしょうか。

 

 

公開時期も、ちょうど寒さが深まってコーヒーであたたまりたくなる季節。
映画を見てコーヒーに対する想いを深めてから、お気に入りの喫茶店で1杯・・・いいかもしれません。いまから公開が楽しみです。

「A FILM ABOUT COFFEE(ア・フィルム・アバウト・コーヒー)」公式ページ: http://afilmaboutcoffee.jp

【銀魂】銀時・土方モデルのファッション雑貨が熱い!

アニメやゲームとコラボレーションしたアパレル・雑貨を販売しているネットの大手通販サイト『SuperGroupies』。

そこで、あの超人気漫画「銀魂」コラボレーショングッズが多数発売、今日から9月26日までの期間限定で予約を受け付けています。

SuperGroupiesのつぶやきは以下のとおり

 

 

 

 

今回のグッズイメージキャラクターは、銀魂のなかでも不動の人気を誇る2人、

坂田銀時と、

土方十四朗。

 

公式サイトでは、モデルさんにグッズを着用させた写真を複数確認できます。

トートバッグにスニーカー、リストウォッチ、帽子、Tシャツ、ネックレス、リング、ブレスレットと、購買欲をくすぐるものばかり・・・

 

公式サイトに掲載されている画像でモデルさんが着用しているグッズを買うと、

アイテム1つにつき銀時、土方のイラスト(グッズ着用姿)がプレゼントでついてくるそう。

銀時モデルを買うと銀時のイラスト、

土方モデルを買うと土方のイラストが手に入るようですね

 

どちらのイラストも、モデルさんがグッズを着用している姿を元に書き下ろしてあるので、たたずまいなんかが非常にリアルです。

 

 

銀魂ファンならもちろん大歓喜でしょうけども、

ファンでなくてもほしくなるデザインのアイテムが結構そろってます。

ぜひとも公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

【森永】飲む「小枝」!?ドリンク登場。Amazonで買える

キャラメルやチョコレートの老舗である大手菓子製造業者「森永」

人気商品のひとつに、チョコレート菓子「小枝」があります。
当初、こえだをこわざと読み間違えるCMがなんとなく印象的だった記憶があります。

初登場からもうはや数年、安定した売り上げを出しているようで、
すっかりロングセラー商品に数えられるようになりました。

 

そんな小技のチョコレートドリンクが、期間限定で登場。
さて、おいしいのかどうか、ということで発売前である今から注目が集まっています。

公開されているパッケージのデザインはこんなかんじ。

 

ふたは赤。

上のほうではしっかり「小枝のドリンクですよ!」ということをアピール、

下のほうには、おいしそうにとろけるチョコレートが溜まっていて、

秋冬にぴったりな色合いになっています。

 

味が小枝そのものだとすれば、おいしくないわけがない。
個人的に、これでホットもあればめちゃくちゃうれしいですね。

秋冬に飲むホットココア、ホットチョコレートって最高じゃないですか。
いやぁ、いまからよだれが・・・

 

 

小枝ドリンクは8月25日から全国で発売。 11月中旬まで販売を継続する予定だそうです。

評判次第で続投してくれないかなぁ・・・

 

決闘裁判復活か?自由の国アメリカと言われるワケ

今では、人間の罪を裁くのは「法」であるのが当たり前。
が、昔は違いました。

中世のヨーロッパでは、
人の罪を裁くのは「神」だったのです。

その頃は、「神は正しい者に勝利を授ける」という考え方が一般的だったんだそうですね。そもそもは、神を信奉して疑わない王族が国を仕切っていましたからでもあります。昔の人たちは今よりもっと信仰に厚かったですからねえ・・・それは日本でも同じだったと思います。

 

一応、裁判というものもあったようなんですが、
今のように憲法・刑法・民法・・・
なんてふうにしっかり細かく制定されていたわけではありませんでしたから、

証拠が不十分だったり審判に文句があったりすると、
決闘で決着をつけていたようです。

要するに結局は「力こそ正義」だったんですよね。

 

アニメ『純潔のマリア』でも、王政と宗教的価値観が支配する時代のおはなしでしたから、登場人物のひとりである傭兵のガルファという男が、浮気の審判を決闘で決めるよう命じられていた記憶があります。

 

この決闘文化、勝ったほうは無罪となり負けたほうは処刑されるという残酷なものだったそうですが、男性と女性が決闘する場合には女性は地形的に有利な条件が与えられたり、人間と犬が決闘する場合には人間に武器を与え、犬には避難用の穴を設けるなど、それなりに公平になるよう配慮されてたんだとか。

 

 

 

 

 

決闘裁判復活か?


 

そんな、現代では映画やアニメといった架空の世界でしか見る機会のない決闘裁判ですが・・・とうとうあの自由の国アメリカで、裁判の決着を決闘でつけるように申し出る弁護士が出てきました。

詐欺事件の案件でリチャード・ルースマンという弁護士が弁護を担当。
現行犯逮捕ということで被告の有罪は濃厚だったそうなんですが、
この弁護士、有能なのか何なのか、議論を二転三転重ね、結果として、
「裁判の決着を決闘でつけさせて」という内容の請願書(10ページにも及ぶ)を提出したんだそうです。

で、そんなことが通るものかと思ったんですが・・・
そこはさすが自由の国アメリカ。

 

どうやらアメリカ合衆国憲法では、「それが憲法に明記されていないものであっても、国民の諸権利を否定してはならない」ということが書かれているらしく、

今回の申し出も一考される可能性があるようです。

なにせ、ここで“国民が決闘によって勝敗を決める権利”を否定すれば、憲法の記述に反すると判断され訴えられかねないからです。

なんてこった。たびたびテレビでアメリカの面白い、飛びぬけた判決などを特集していることがありますが、ほんとに自由なんですね、アメリカという国は。

 

とはいえ、これでもし決闘裁判が復活すると、アメリカに住む現代人たちにとっては、たとえ犯罪とは無縁の善良な一般市民であっても、他人事ではなくなるんじゃないでしょうか・・・だって、自分が被害者になっても、決着を決闘でつけなければいけなくなる「かも」しれないんですから。

 

 

参考URL:裁判の決着を「決闘」でつけるようニューヨークの弁護士が裁判所に求める

【雑学】中世ヨーロッパでは「決闘」で裁判の結果を決めていた?

ひどすぎる肩こり首こりが緩和した市販グッズ

こんにちは。
最近なんだかんだ忙しく、記事を書くのも久しぶりになってしまいました・・・

さて、私もなんですが、仕事でパソコンをずっと扱っている人、近年ではかなり多いと思います。そうなると、ほとんどの方が、一度は悩まされるんですよね・・・

そう、首こり肩こりです。

自分は歴史についてなんの専門知識があるわけでもないんですが、
もともと日本人って、前かがみで仕事をすることが多いと思うんですよ。

世界的に観ても手先が器用器用と言われる日本人。
いまでも、日本の工業系の技術者や、伝統工芸の職人たちが持つ器用さは、世界から注目されている専売特許のひとつといえると思います。

そんな職人気質な日本人、肩こりは言わずと知れた国民病ですよね。

 

 

聞くところによると、肩こりって海外ではそれほど気にされていることではないんだとか。特に西洋人たちの中には、肩こり首こりで悩んでいるという人が少ないらしいですよね。

これはテレビで見知ったことなんですが・・・でも、実際わたしも西洋人の知り合い何人かと付き合いがありますが、あまり肩こりを訴えるのを観たことがありません。というか無かったですね。

 

まあこれには日本人特有の「うなずき」の習慣なども関係しているそうなんですが・・・
ともかく、それだけ日本人にとって肩こりというのが大きな悩みだということ。

最近では、デスクワークメインでなくても、仕事の一環としてパソコンを扱う社会人は増えています。かくいう私も、肩こり首こりに長年悩まされているひとり。もう何度ネットで「肩こり 改善」と検索かけたか分かりません(笑)

ですがつい1ヶ月くらい前、とても自分に合ったアイテムを発見しました。今回ご紹介するのは、自分が実際に試して効果があったコリ改善グッズです。

 

 

 

 

しつこい肩こりを20分で改善「あずきのチカラ」


これ、ほんとに効きます。

600wの電子レンジで1分50秒(目安)あたためたら、
そのまま肩の上に置いてコリをほぐします。

中には生のあずき(食用でない)が入っていて、
使わない間に空気中の水分をあずきが吸収・保存しているのです。

レンジでチンするとその水分が蒸気となって
じわーっと患部を温めます。

温熱効果はおよそ20分間持続。

 

 

正直、

「患部を暖めて血行を改善して筋肉の緊張をほぐす」

といううたい文句の商品はたくさんありますし、効果を感じないものが多いので、半信半疑というか、ワラにもすがる想いでダメ元で購入したんですが・・・ホントに肩こりが改善されたんです。

 

温めたばかりではちょっと熱すぎるぐらいなんですが、
肩に置いて2分程度すれば心地よい温度になってくれます。

 

 

筋肉のコリって、要するに筋肉の「緊張」「硬直」なんですよね。
これが色々な原因によって起きるというだけのことであって。

同じ姿勢でずっと作業していれば、
身体の同じところがずっと緊張するのは当然。

単純に緊張し続けて疲れるということに加え、
同じ姿勢で固まっていると、筋肉が動かないので血も流れにくくなります。

そうなると、血液が筋肉に酸素を届けたり、筋肉にたまった疲労物質を血液がひろって捨てにいく“代謝”の作用も弱くなってしまい、余計疲れがたまって緊張していく・・・と。

 

骨格のゆがみとか運動不足とか鉄分不足とかいろいろな原因はあれど、
上のような仕組みで肩こりが起きるわけですよね。

ですので、温めて血行をよくする・緊張をほぐすというのは、
“コリをとる”という意味で十分に根拠と効果のあることなのです。

あとは、この温め方・ほぐし方が自分に合うかどうかだけ。

自分の場合、この「あずきのチカラ」は、合っていたようです。

 

しかも、Amazon他いろいろなところでこの商品のレビューを見てみると、

はっきり言って高評価。使ってみて共感できる感想がたくさんありました。

つくりもしっかりしていますし、しつこい肩こりに悩んでいる方は一度試してみてください。

 

 

ただ、欠点としては、一度使用すると次の使用までに4時間くらいは待たないといけないこと。

ですので、今回はサポートとしてもう一品紹介しておきます。

 

 

 

 

あまり知られていないが効果バツグン「おきゅ膏」


これは小さい四角形の湿布がたくさん入っているもので、
患部に貼ると10分~30分くらいで薬剤が浸透、
じわーーっとあったまって、コリをほぐしてくれます。

「火をつかわないお灸」といったところです。

これが効くんです。

 

それに湿布ですので、肩こりだけでなく、背中のこり、腰のこり、もも周りのコリにも使うことができます。
はじめて試したのが2ヶ月ほど前でしたか・・・それ以来、私の生活必需品です。

湿布ひとつひとつが小さいので動いても患部からはがれ難いですし、
目立たないし、匂わないし、はがす時もあまり痛くないのがまた良い。

節約するのにいちいちハサミで切らなくていいのも長所ですね。

 

朝起きてから夜寝るまでずっと凝っている・・・という方にほんとにおすすめです。

 

 

 

 

まとめ


 

以上、自分が使って実際に効いたものだけをご紹介しました。

肩こりを根本的に改善するには、やはり生活習慣の見直しや日常的な運動が不可欠ですが・・・

たいてい仕事をして帰って寝て~というサイクルになってしまう忙しい現代人にとって、それはなかなか難しい話。

 

根本的に「治す」のはムリでも、こうした知る人ぞ知るアイテムを使って、
すこしでもコリを感じることの少ない快適な生活を送っていただきたいと願っております。

(それと、時々肩に手をおいてゆっくりおおきくひじを回して、肩甲骨を動かす運動をどうぞ。)

一度は試すべき!!ムカデ・ゲジゲジはこれで全滅する!

例年、梅雨入りから冬になるまでの長い時期に、
ムカデゲジゲジが屋内にひんぱんに現れて嫌な思いをしている人は多いと思います。

かくいう私も、家のすぐそばに山があるため普段からムシが多く、
この時期には家の中に入ってくることもしばしば。

特に嫌いなのがゲジゲジなんです。
あのフォルム、あの機動性、ほんとに気持ち悪い。
ゴキブリよりダントツで嫌いですね。
(ゴキブリなどの害虫を食べてくれることは知っているんですが)

ムカデなら、殺虫剤で殺してしまえばなんとか割り箸でつかんで捨てることが出来るんですが、ゲジゲジは脚が多いし長いし、死んでもその脚がパラパラ落ちたりするしで嫌なんですよ・・・

まぁそんなかんじで、毎年毎年この時期のゲジゲジには悩まされていたのです。

 

 

これは効く!決戦兵器!!


 

そこで今年は、アマゾンで色々見てみまして、

評判がよかったこれを買って、家の周りに置いてみたんです。

その名も、ムカデコロリ!!

そしたら、もうその1日2日後から効果は明らか。
あんなに大量に出ていたでっかいゲジゲジを、まったく見かけなくなりました!

お世辞でもなんでもなく、ほんとに居なくなったんです。

 

 

ゲジゲジは湿気を好むので風呂場によく出るんですが、
風呂場にも一切出なくなったんですよ。

 

 

時々なかの薬剤を確認していますが、
ちゃんと少しずつ減っていますし
なにより、ムシが歩いた形跡として、しっかり汚れているんです。

おまけに、コロリを配置した玄関前などでは
ムカデの死骸を何度も目撃。

ですので、効いているのは気のせいではありませんでした。

ちゃんと毒餌を食べて死んでいるんです。相当おいしいらしいですね。

 

 

屋内でムカデ、ゲジゲジ、ヤスデ、ダンゴムシなどに困っているアナタ!!!
ぜひムカデコロリを試してみてください!!!!

扉や窓などの左右にひとつずつ、はさむ様に置くといいですよ。
1箱のなかに毒餌が8個入ってます。効き目を考えると、お値段もかなりお得。

 

 

おまけ


 

この餌を置いてからゴキブリも出なくなったので、もしかしたらゴキブリも食べて全滅しているのかもしれませんが、

捕食者であるムカデやゲジゲジが居なくなると、ゴキブリが歩き回る可能性も十分に考えられます。
ですので、ムカデコロリと一緒に、ブラックキャップなどを置いておくといいでしょう。

ぜひこれらを利用して、
害虫や不快害虫の出ない、気持ち良い生活を送ってください。

生放送で声とBGMを同時に流す方法を3つ紹介

 

YoutubeニコニコUstreamTwitchツイキャス・・・

インターネットがすっかり世の中に浸透した現在、
上記のような配信サイトで行う「生放送」が物凄くホットになってます。

 

有名人から一般人まで

大企業から学生まで、

実に多種多様な人物がネットを通じてファンや仲間にたいして放送を行っています。

 

なお、配信をするのには実名を使うことも可能ですが、実生活でのリスクを避けるために匿名(ネットでのオリジナルネーム)を使用している方がほとんどです。

 

リアルでは想像もつかないようなことですが、
インターネットを使えば、どこの誰でも、世界中のどこの誰とでもつながって、彼らに対して意見発信・情報発信・エンターテインメントの提供を行えるわけです。 年齢や立場などの壁を越えて気軽に、不特定多数の知らない人たちと交流することができる。

今やネットは、私たちが過ごす日常,現実世界(リアル)とは別の、もうひとつの社会と成りつつあります。

 

 

ネットの可能性-企業による広告サービス


 

最近では、このようなネットの急速な拡張・浸透に乗じて、ネットを広告媒体にして、世界中に自社の製品やサービスについての情報を拡散しようとする企業人もどんどん増えてきています。

そうすると同時に、広告を拡散する側のサービス・人間が当然必要になるものですから、
冒頭で挙げたような有名な配信共有サイトでは、さまざまな企業と広告契約して、ユーザーが投稿した動画や、放送中の生放送のページに企業の広告を掲載させるという仕組みを設置しています。

しかしながら、これで「自分が放送をしているときに、どこぞの企業の広告がチラついて邪魔だ!」というだけでは、単なるストレスです。

そうならないよう、Youtubeなどの大手配信サイトでは、ユーザーの動画や放送の人気度(拡散力)に応じて、広告紹介料を支払うという「アフィリエイトプログラム」を実施しています。

 

この広告収益を受け取るかどうかはユーザーの意思によりますが、有名な配信者の中には、この広告収入だけで生計を立てている、「配信業」とも言うべき仕事をしている人たちもいるんですね。(参照:Youtuber『PewDiePie』がお金を語る!)

こういった金銭的な背景もあって、動画投稿や生放送に手をだす人が増えてきています。お金がほしくないという人は、多分少ないですからね。

(※もちろん、お金がすべてということはありません。「配信が好きで、これを通じて視聴者にまた明日がんばる元気を与えることを趣味にしたい。お金はお小遣い程度でいい」というような想いで生放送をしている人もどこかには居るでしょう。)

 

 

以上、「生放送」自体をあまり知らない方が読まれてもいいように、すこし前置きをながく書きましたが、
こういうわけで、動画の投稿・共有,生放送は、いまやネットとは切っても切れない、一大文化なのであります。

 

 

 

 

本題‐生放送にてマイク音声とBGMを同時に流すには


 

ようやく本題です。

 

実は管理人も細々と生放送をやっている人間のひとりなのですが、

実際に自分で生放送を始めてみると、多くの人が躓く(つまずく)ことがあります。

それは、

「BGMの流し方」 

 

 

なんのBGMもなしに一人でしゃべっていると、どうしても味気ない放送になりがちです。
テレビ番組なんかを見ていても、BGMの存在がどれだけ重大かが分かると思います。

というわけで今回は、自分の生放送にてマイク音声とBGMを同時に流す方法を1つずつ紹介します。

 

※以下、パソコンとマイクをつかって放送していることが前提です。※

 

 

 

 

①スマホやラジカセで音楽を流しながら喋る

これが一番とっつきやすく、お金もかからない方法でしょう。

やり方は簡単。パソコンにマイクをつないで放送しながら、部屋にあるスマホやコンポで音楽をかけながら喋るのです。これなら自分の声と音楽が同時に視聴者に聞こえますし、声と音楽の間にタイムラグもありません。

欠点としては、どうしても音割れ(音量が大きいときなどに「ビー!」っと鳴るアレ)が起きてしまうことと、音質が悪いことが挙げられます。

それと、この方法ではパソコン内部で流れている音楽を視聴者に聞かせることができません。

 

はじめて行う生放送などで、とりあえずお金をかけずに手軽に配信したいという段階では良い方法ですが、
本格的にラジオのような方法をしたい方には向きません。

 

 

 

NETDUETTOを使う

NETDUETTOというのは、YAMAHAが配布している無料ソフトで、
マイク音声とパソコンに取り込んだ音楽(WAV形式)を同時に流すことができる優れもの。

自分は音楽経験者ではないので詳しいことはあまり分かりませんが、
このソフトは、遠く離れたバンドメンバーなどと、ネットを通じて音合わせをしたりするのに使う物のようです。

これを生放送に応用します。
やり方はそれほど複雑ではありません↓↓

 

1.まず、パソコン内部に保存した音楽ファイルをWAV形式に変換(iTunesを使用した変換方法) ←説明文にならって行うだけで簡単にWAVファイルを作成できます。元のMP3ファイルには上書きされないので、結果おなじ名前の音楽ファイルが、1曲につき2つ以上できあがります。

※説明文中「読み込み方法」=「インポート方法」

 

2.上記のようにiTunesをつかって変換すると、変換した曲について、同じアルバムの中に同じ名前の音楽ファイルが2つ以上表示されるようになるはずです。
そのなかで、あとから作成されたファイル(曲名を右クリックして「プロパティ」→「ファイル」を選択、「種類」に“WAVオーディオファイル”と書かれているもの)を、パソコンのデスクトップ画面など、自分がすぐ探せる場所にドラッグ、コピペしておきましょう。

 

3.NETDUETTOをダウンロード、インストールして起動。ホーム画面左側に「マイク入力」「ファイル再生」という項目があるはずです。
「マイク入力」は相手に聞こえる音すべての音量を調整する項目で、「ファイル再生」は放送で流したいBGMを選択・再生する項目です。

「ファイル再生」の「選択」ボタンを押して、2.で作成したWAVファイルを選択します。
「選択」ボタンの左にある空欄(くうらん)に曲名が表示されれば、BGMの選択完了です。

 

 

4.生放送の自分の放送ページで、マイクをNETDUETTOに設定しておきます。

例: ツイキャスの場合、ツイキャスのホームページ上にある「PC配信」を選択すると、自分専用の放送ページが出てくるはずです(ツイッターアカウントとの連携必須)。すると、画面左に小さな放送画面が有って、その下に『配信カテゴリ』『テロップ』『ハッシュタグ』『コラボ』『マイク入力』というようにいくつかのメニューが表示されています。 この中の『マイク入力』すぐ右、「設定メニューを開く」をクリックすると、マイクを選択できるはずです。ここでマイクをNETDUETTOにしておきましょう。→これで、生放送中に視聴者に聞こえる音は、NETDUETTOで再生中のものに限定されます。

 

 

5.そうしたら、放送中に、NETDUETTOの「ファイル再生」項目の一番したにある再生マークを押して、音楽を流せばOKです。

音声およびBGMの音量調整は、ツイキャスのマイク選択画面か、NETDUETTOの「マイク入力」「ファイル再生」項目の下にあるつまみを操作して行いましょう。

 

 

※欠点としては、どうやらマイク音声とBGMの間にわずかにタイムラグがあることと(カラオケ放送には向かない)、WAVファイルを持っている曲しか流すことができないということが挙げられます。 それと、この方法で流すのは、あくまでもNETDUETTOで再生中の音声・BGM。パソコン内部で流れている音すべてを視聴者に聞かせることは出来ませんのでご注意。よって、この方法はBGMを流しながらの雑談放送に向いた方法です。

 

 

 

 

 

 

ラグの問題や音質の障害を越えて、パソコン上で流れている音すべてを視聴者に聞かせながら放送したい場合、一番良い方法はこれしかありません↓↓

 

③オーディオインターフェースを使って放送する ☆BEST☆

オーディオインターフェースというのは、自分が聞いている音と自分が話している声、その両方を同時にパソコンに処理・再生させるための機械です。

パソコンにマイクとヘッドフォンをべつべつに直接つなぐのではなく、マイクとヘッドフォンを1つのオーディオインターフェースに繋ぎ合わせ、そのオーディオインターフェースをパソコンに繋ぐことで、パソコンの中で流れている音と、自分がマイクに話しかけている声を、オーディオインターフェースに同時に処理させ、放送にて同時に再生させられるようになります。

これを使うと、音楽と声の間にラグのない放送が可能となりますし、
マイクの「ザーーーーッ」というノイズもかなり小さくなります。

 

おすすめのオーディオインターフェース

自分が実際に使って気に入ったのがコレです↓↓

SOUND BLASTER X-FI GO! PRO

これ、ほんとに簡単・便利。

拳の中にすっぽり収まる大きさをしているUSB式で(スティックタイプのUSBメモリとほとんど変わらない大きさ)、
本体にマイクとヘッドフォンを挿し、そのまま本体をパソコンにつなぐだけで接続完了。

パソコンのサウンド設定で、スピーカーとマイクをX-Fi Go! Proに設定し、
本体内蔵の再生リダイレクト機能を適用。 (詳しい手順)

(※うまく認証できない場合は、専用ドライバをインストール後、一度サウンド設定をすべて元にもどしパソコンを再起動すれば、パソコンが本体をうまく認識してくれるようになるはずです。

その後は、NETDUETTOを使ったときと同じように、放送画面の設定にてマイクを「X-Fi Go! Pro 再生リダイレクト」に指定して放送を開始するだけ。

 

音量もサウンド設定システム音量調整、X-Fiの専用ドライバで調整可能。

専用ドライバのホーム画面にあるおおきなダイヤルは、自分に聞こえる音量を調整するものなので、放送で視聴者が聞いている音の音量(主にBGM)を調整するには、システム音量調整で、聞かせたいコンテンツの音量をいじってみると良いでしょう。

 

この機材は、パソコンゲームの実況動画(しゃべりながらゲームをプレイする動画)を録画するのにも使えますね。

なにより値段が凄く安いので、放送してみたいなあと思ったらわりとすぐに用意できるかと思います。

 

 

 

 

 

まとめ


 

以上にまとめたことを知っておけば、おそらくそんなに迷うことなく生放送ライフを始められるとおもいます。
実生活であまり人とのかかわりが無くてさびしい・・・特に趣味が無いので家で暇でしょうがない・・・ネットをうまく使って活動範囲を広げたい
というあなた!放送自体は誰でも匿名で簡単にできますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

喉の痛みを手軽に改善するには

つい昨日のことですが、地元の田舎から東京に出た友達が、
「東京は空気が悪いのか分からないけど喉がすぐに痛くなる」
「なかなか治らなくて困る」
と言っていましたので、割とネット検索が得意な自分が色々調べて教えてあげたところ
効果を実感してもらえるものがいくつか有りました。

今回はそれを中心とした、喉の痛みが続いているときに役に立つ、
喉に良い食べ物・飲み物・薬を、根拠と共にご紹介します。

 

※ちなみに、東京は全体的に空気が悪いとよく言われますが、実際は東京にも空気が綺麗めのところは有るそうです。でも、やっぱり畑や田んぼが広がる田舎に比べれば汚染されているみたいですね・・・仕事で田舎から上京したり、逆に東京から田舎に移り住むと実感する人が多いようです。

 

 

 

 

喉に良い食べ物・飲み物


 

●蜂蜜

「のどにいいもの」というと真っ先に取り上げられるのが、ハチミツ

「ハチミツには強い殺菌作用がある」という話は、おそらく多くの人が聞いたことがあるでしょう。これは科学的にしっかり証明されています

ハチミツの殺菌力は、ヒトや動物に感染して病症を起こさせるサルモネラ菌(チフス菌、パラチフス菌)を、24時間~48時間程度で完全に死滅させてしまうほどで、

古代ローマ軍はハチミツに浸した包帯をつかって傷を治療していたり、
古代ギリシャでは医学者のヒポクラテスがハチミツを炎症や潰瘍の治療に使い効果を実感したりという逸話が残っているほか、

古代エジプトの医学書(パピルス媒体)にすら、内服薬・外用薬としてのハチミツの活用例が描かれているんだとか。

(詳しい医学的根拠についてはこちらをご覧下さい。)

 

喉が痛いときにはハチミツをスプーンに大さじ1~2杯、舐めるようにゆっくり飲むといいでしょう。

ハチミツはコンビニやスーパーで手軽に手に入るものですし、一家にひと瓶用意しておくと、喉が痛くなった時だけでなく、怪我を負ったときなどにすぐ役立つことでしょう。

※なお、ハチミツは1歳未満の乳幼児に与えてはいけないそうですのでご注意ください。

 

 

 

 

——————————————————————————————-

喉を直接殺菌消毒して炎症を和らげるにはハチミツが一番ですが、風邪などで体調を崩しているのが喉の痛みの根本的な原因の場合、身体を健康に戻すことからしなくてはなりません。

 

●大根

大根は、風邪を治すときの特効薬。
大根にたくさん含まれるジアスターゼ、グリコシダーゼなどの酵素が消化を助け、腸の働きを整え、免疫力を高めます

また大根の表面のあたりに多く含まれるビタミンCは、粘膜を強くするので喉の健康に良く、身体にかかるストレスへの抵抗力も高めてくれる非常に重要な栄養素。

 

大根はおろして大根おろしにすると、強い抗酸化作用を持つ硫黄化合物の働きが盛んになるので、大根をおろしてハチミツと一緒に飲むなどすると喉にいいそうです。

 

 

 

●たまねぎ

たまねぎを生で食べると胃がムカムカして無理!!
という方も多いと思います。

実はあのムカムカは、たまねぎに含まれる、アリインという強い殺菌作用をもつ物質によるもの。(胃に届いて消化されるとアリシンというものに変わるんだそうですが)

アリインには殺菌作用のほかにも、抗酸化作用、血液を健康にする作用もあります。

たまねぎを薄くスライスして、我慢できる範囲で舐めると、喉をよく殺菌してくれます。
そのままでは辛すぎる・・・という方は、たまねぎを細かく切り刻んでハチミツに漬けたものを飲んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

●れんこん

れんこんに含まれるタンニンには止血作用があるため、風邪などによる喉の腫れを鎮めてくれます。咳止めの効果もあるようです。

れんこんのおろし汁にしょうが汁やハチミツなどを加え、しょうゆなどで味付けして飲むといいそうですよ。れんこんはクセも少ないですし、風邪をひいたときにはとても良さそうです。

 

 

 

●緑茶・紅茶・ゆず茶

緑茶にも紅茶にも殺菌作用があります。また、ゆず茶にはビタミンCが豊富に(レモンの3倍だとか)含まれているので、ガラガラ喉の保湿に最適です。

ゆず茶は近場で売っていないことも結構ありそうですが、紅茶や緑茶はすぐに買ってこれるものだと思いますし、でなければいまはネット通販ですぐに取り寄せ可能ですので、のどが荒れやすい方は試してみるといいでしょう。

 

 

 

 

喉にいい漢方薬


 

漢方薬というと、科学的根拠のないインチキというイメージをもつ方も多いですが、実際は「人参は身体にいい」とか、「キャベツを食べると腸の調子がよくなる」といった、誰もが知っている民間療法の延長。

何千年という長い歴史の中で人々が健康維持のために考えて試し、活用してきた由緒あるもの。近年では、科学的に効能の根拠が証明されてきているものも多いのです。 副作用の強い化学合成薬より、自然の成分を採って自分の身体の免疫力を強めることで病気を治そうとする漢方薬を、好んで選ぶ方もたくさん居ます。

 

日本の薬局での一番のシェアを誇るクラシエ(もちろん日本の企業です)のホームページでは、肩こり、くしゃみ・咳、のどの痛み、頭痛、吐き気、下痢・・・などの症状別におすすめの漢方薬を紹介。御自身の体質や症状を加味して選ぶといいでしょう。

漢方薬には、管理人も3,4年くらいお世話になっています。

「病院に行ったけどどうにも良くならない」

「化学品は服用したくない」

という方にはおすすめです。

 

 

 

 

 

お大事に


のどの痛みは辛いものです。
朝起きたら喉が痛くなっていた・・・
ものを飲み込むときに痛い・・・
喉が痛くてしゃべるのがおっくうだ・・・
それだけで気持ちがちょっと下がります。

喉の状態には日ごろから気をつけて、
ぜひ気持ちのいい毎日をお送りください。

1 3 4 5 6 7 8