生放送で声とBGMを同時に流す方法を3つ紹介

 

YoutubeニコニコUstreamTwitchツイキャス・・・

インターネットがすっかり世の中に浸透した現在、
上記のような配信サイトで行う「生放送」が物凄くホットになってます。

 

有名人から一般人まで

大企業から学生まで、

実に多種多様な人物がネットを通じてファンや仲間にたいして放送を行っています。

 

なお、配信をするのには実名を使うことも可能ですが、実生活でのリスクを避けるために匿名(ネットでのオリジナルネーム)を使用している方がほとんどです。

 

リアルでは想像もつかないようなことですが、
インターネットを使えば、どこの誰でも、世界中のどこの誰とでもつながって、彼らに対して意見発信・情報発信・エンターテインメントの提供を行えるわけです。 年齢や立場などの壁を越えて気軽に、不特定多数の知らない人たちと交流することができる。

今やネットは、私たちが過ごす日常,現実世界(リアル)とは別の、もうひとつの社会と成りつつあります。

 

 

ネットの可能性-企業による広告サービス


 

最近では、このようなネットの急速な拡張・浸透に乗じて、ネットを広告媒体にして、世界中に自社の製品やサービスについての情報を拡散しようとする企業人もどんどん増えてきています。

そうすると同時に、広告を拡散する側のサービス・人間が当然必要になるものですから、
冒頭で挙げたような有名な配信共有サイトでは、さまざまな企業と広告契約して、ユーザーが投稿した動画や、放送中の生放送のページに企業の広告を掲載させるという仕組みを設置しています。

しかしながら、これで「自分が放送をしているときに、どこぞの企業の広告がチラついて邪魔だ!」というだけでは、単なるストレスです。

そうならないよう、Youtubeなどの大手配信サイトでは、ユーザーの動画や放送の人気度(拡散力)に応じて、広告紹介料を支払うという「アフィリエイトプログラム」を実施しています。

 

この広告収益を受け取るかどうかはユーザーの意思によりますが、有名な配信者の中には、この広告収入だけで生計を立てている、「配信業」とも言うべき仕事をしている人たちもいるんですね。(参照:Youtuber『PewDiePie』がお金を語る!)

こういった金銭的な背景もあって、動画投稿や生放送に手をだす人が増えてきています。お金がほしくないという人は、多分少ないですからね。

(※もちろん、お金がすべてということはありません。「配信が好きで、これを通じて視聴者にまた明日がんばる元気を与えることを趣味にしたい。お金はお小遣い程度でいい」というような想いで生放送をしている人もどこかには居るでしょう。)

 

 

以上、「生放送」自体をあまり知らない方が読まれてもいいように、すこし前置きをながく書きましたが、
こういうわけで、動画の投稿・共有,生放送は、いまやネットとは切っても切れない、一大文化なのであります。

 

 

 

 

本題‐生放送にてマイク音声とBGMを同時に流すには


 

ようやく本題です。

 

実は管理人も細々と生放送をやっている人間のひとりなのですが、

実際に自分で生放送を始めてみると、多くの人が躓く(つまずく)ことがあります。

それは、

「BGMの流し方」 

 

 

なんのBGMもなしに一人でしゃべっていると、どうしても味気ない放送になりがちです。
テレビ番組なんかを見ていても、BGMの存在がどれだけ重大かが分かると思います。

というわけで今回は、自分の生放送にてマイク音声とBGMを同時に流す方法を1つずつ紹介します。

 

※以下、パソコンとマイクをつかって放送していることが前提です。※

 

 

 

 

①スマホやラジカセで音楽を流しながら喋る

これが一番とっつきやすく、お金もかからない方法でしょう。

やり方は簡単。パソコンにマイクをつないで放送しながら、部屋にあるスマホやコンポで音楽をかけながら喋るのです。これなら自分の声と音楽が同時に視聴者に聞こえますし、声と音楽の間にタイムラグもありません。

欠点としては、どうしても音割れ(音量が大きいときなどに「ビー!」っと鳴るアレ)が起きてしまうことと、音質が悪いことが挙げられます。

それと、この方法ではパソコン内部で流れている音楽を視聴者に聞かせることができません。

 

はじめて行う生放送などで、とりあえずお金をかけずに手軽に配信したいという段階では良い方法ですが、
本格的にラジオのような方法をしたい方には向きません。

 

 

 

NETDUETTOを使う

NETDUETTOというのは、YAMAHAが配布している無料ソフトで、
マイク音声とパソコンに取り込んだ音楽(WAV形式)を同時に流すことができる優れもの。

自分は音楽経験者ではないので詳しいことはあまり分かりませんが、
このソフトは、遠く離れたバンドメンバーなどと、ネットを通じて音合わせをしたりするのに使う物のようです。

これを生放送に応用します。
やり方はそれほど複雑ではありません↓↓

 

1.まず、パソコン内部に保存した音楽ファイルをWAV形式に変換(iTunesを使用した変換方法) ←説明文にならって行うだけで簡単にWAVファイルを作成できます。元のMP3ファイルには上書きされないので、結果おなじ名前の音楽ファイルが、1曲につき2つ以上できあがります。

※説明文中「読み込み方法」=「インポート方法」

 

2.上記のようにiTunesをつかって変換すると、変換した曲について、同じアルバムの中に同じ名前の音楽ファイルが2つ以上表示されるようになるはずです。
そのなかで、あとから作成されたファイル(曲名を右クリックして「プロパティ」→「ファイル」を選択、「種類」に“WAVオーディオファイル”と書かれているもの)を、パソコンのデスクトップ画面など、自分がすぐ探せる場所にドラッグ、コピペしておきましょう。

 

3.NETDUETTOをダウンロード、インストールして起動。ホーム画面左側に「マイク入力」「ファイル再生」という項目があるはずです。
「マイク入力」は相手に聞こえる音すべての音量を調整する項目で、「ファイル再生」は放送で流したいBGMを選択・再生する項目です。

「ファイル再生」の「選択」ボタンを押して、2.で作成したWAVファイルを選択します。
「選択」ボタンの左にある空欄(くうらん)に曲名が表示されれば、BGMの選択完了です。

 

 

4.生放送の自分の放送ページで、マイクをNETDUETTOに設定しておきます。

例: ツイキャスの場合、ツイキャスのホームページ上にある「PC配信」を選択すると、自分専用の放送ページが出てくるはずです(ツイッターアカウントとの連携必須)。すると、画面左に小さな放送画面が有って、その下に『配信カテゴリ』『テロップ』『ハッシュタグ』『コラボ』『マイク入力』というようにいくつかのメニューが表示されています。 この中の『マイク入力』すぐ右、「設定メニューを開く」をクリックすると、マイクを選択できるはずです。ここでマイクをNETDUETTOにしておきましょう。→これで、生放送中に視聴者に聞こえる音は、NETDUETTOで再生中のものに限定されます。

 

 

5.そうしたら、放送中に、NETDUETTOの「ファイル再生」項目の一番したにある再生マークを押して、音楽を流せばOKです。

音声およびBGMの音量調整は、ツイキャスのマイク選択画面か、NETDUETTOの「マイク入力」「ファイル再生」項目の下にあるつまみを操作して行いましょう。

 

 

※欠点としては、どうやらマイク音声とBGMの間にわずかにタイムラグがあることと(カラオケ放送には向かない)、WAVファイルを持っている曲しか流すことができないということが挙げられます。 それと、この方法で流すのは、あくまでもNETDUETTOで再生中の音声・BGM。パソコン内部で流れている音すべてを視聴者に聞かせることは出来ませんのでご注意。よって、この方法はBGMを流しながらの雑談放送に向いた方法です。

 

 

 

 

 

 

ラグの問題や音質の障害を越えて、パソコン上で流れている音すべてを視聴者に聞かせながら放送したい場合、一番良い方法はこれしかありません↓↓

 

③オーディオインターフェースを使って放送する ☆BEST☆

オーディオインターフェースというのは、自分が聞いている音と自分が話している声、その両方を同時にパソコンに処理・再生させるための機械です。

パソコンにマイクとヘッドフォンをべつべつに直接つなぐのではなく、マイクとヘッドフォンを1つのオーディオインターフェースに繋ぎ合わせ、そのオーディオインターフェースをパソコンに繋ぐことで、パソコンの中で流れている音と、自分がマイクに話しかけている声を、オーディオインターフェースに同時に処理させ、放送にて同時に再生させられるようになります。

これを使うと、音楽と声の間にラグのない放送が可能となりますし、
マイクの「ザーーーーッ」というノイズもかなり小さくなります。

 

おすすめのオーディオインターフェース

自分が実際に使って気に入ったのがコレです↓↓

SOUND BLASTER X-FI GO! PRO

これ、ほんとに簡単・便利。

拳の中にすっぽり収まる大きさをしているUSB式で(スティックタイプのUSBメモリとほとんど変わらない大きさ)、
本体にマイクとヘッドフォンを挿し、そのまま本体をパソコンにつなぐだけで接続完了。

パソコンのサウンド設定で、スピーカーとマイクをX-Fi Go! Proに設定し、
本体内蔵の再生リダイレクト機能を適用。 (詳しい手順)

(※うまく認証できない場合は、専用ドライバをインストール後、一度サウンド設定をすべて元にもどしパソコンを再起動すれば、パソコンが本体をうまく認識してくれるようになるはずです。

その後は、NETDUETTOを使ったときと同じように、放送画面の設定にてマイクを「X-Fi Go! Pro 再生リダイレクト」に指定して放送を開始するだけ。

 

音量もサウンド設定システム音量調整、X-Fiの専用ドライバで調整可能。

専用ドライバのホーム画面にあるおおきなダイヤルは、自分に聞こえる音量を調整するものなので、放送で視聴者が聞いている音の音量(主にBGM)を調整するには、システム音量調整で、聞かせたいコンテンツの音量をいじってみると良いでしょう。

 

この機材は、パソコンゲームの実況動画(しゃべりながらゲームをプレイする動画)を録画するのにも使えますね。

なにより値段が凄く安いので、放送してみたいなあと思ったらわりとすぐに用意できるかと思います。

 

 

 

 

 

まとめ


 

以上にまとめたことを知っておけば、おそらくそんなに迷うことなく生放送ライフを始められるとおもいます。
実生活であまり人とのかかわりが無くてさびしい・・・特に趣味が無いので家で暇でしょうがない・・・ネットをうまく使って活動範囲を広げたい
というあなた!放送自体は誰でも匿名で簡単にできますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

喉の痛みを手軽に改善するには

つい昨日のことですが、地元の田舎から東京に出た友達が、
「東京は空気が悪いのか分からないけど喉がすぐに痛くなる」
「なかなか治らなくて困る」
と言っていましたので、割とネット検索が得意な自分が色々調べて教えてあげたところ
効果を実感してもらえるものがいくつか有りました。

今回はそれを中心とした、喉の痛みが続いているときに役に立つ、
喉に良い食べ物・飲み物・薬を、根拠と共にご紹介します。

 

※ちなみに、東京は全体的に空気が悪いとよく言われますが、実際は東京にも空気が綺麗めのところは有るそうです。でも、やっぱり畑や田んぼが広がる田舎に比べれば汚染されているみたいですね・・・仕事で田舎から上京したり、逆に東京から田舎に移り住むと実感する人が多いようです。

 

 

 

 

喉に良い食べ物・飲み物


 

●蜂蜜

「のどにいいもの」というと真っ先に取り上げられるのが、ハチミツ

「ハチミツには強い殺菌作用がある」という話は、おそらく多くの人が聞いたことがあるでしょう。これは科学的にしっかり証明されています

ハチミツの殺菌力は、ヒトや動物に感染して病症を起こさせるサルモネラ菌(チフス菌、パラチフス菌)を、24時間~48時間程度で完全に死滅させてしまうほどで、

古代ローマ軍はハチミツに浸した包帯をつかって傷を治療していたり、
古代ギリシャでは医学者のヒポクラテスがハチミツを炎症や潰瘍の治療に使い効果を実感したりという逸話が残っているほか、

古代エジプトの医学書(パピルス媒体)にすら、内服薬・外用薬としてのハチミツの活用例が描かれているんだとか。

(詳しい医学的根拠についてはこちらをご覧下さい。)

 

喉が痛いときにはハチミツをスプーンに大さじ1~2杯、舐めるようにゆっくり飲むといいでしょう。

ハチミツはコンビニやスーパーで手軽に手に入るものですし、一家にひと瓶用意しておくと、喉が痛くなった時だけでなく、怪我を負ったときなどにすぐ役立つことでしょう。

※なお、ハチミツは1歳未満の乳幼児に与えてはいけないそうですのでご注意ください。

 

 

 

 

——————————————————————————————-

喉を直接殺菌消毒して炎症を和らげるにはハチミツが一番ですが、風邪などで体調を崩しているのが喉の痛みの根本的な原因の場合、身体を健康に戻すことからしなくてはなりません。

 

●大根

大根は、風邪を治すときの特効薬。
大根にたくさん含まれるジアスターゼ、グリコシダーゼなどの酵素が消化を助け、腸の働きを整え、免疫力を高めます

また大根の表面のあたりに多く含まれるビタミンCは、粘膜を強くするので喉の健康に良く、身体にかかるストレスへの抵抗力も高めてくれる非常に重要な栄養素。

 

大根はおろして大根おろしにすると、強い抗酸化作用を持つ硫黄化合物の働きが盛んになるので、大根をおろしてハチミツと一緒に飲むなどすると喉にいいそうです。

 

 

 

●たまねぎ

たまねぎを生で食べると胃がムカムカして無理!!
という方も多いと思います。

実はあのムカムカは、たまねぎに含まれる、アリインという強い殺菌作用をもつ物質によるもの。(胃に届いて消化されるとアリシンというものに変わるんだそうですが)

アリインには殺菌作用のほかにも、抗酸化作用、血液を健康にする作用もあります。

たまねぎを薄くスライスして、我慢できる範囲で舐めると、喉をよく殺菌してくれます。
そのままでは辛すぎる・・・という方は、たまねぎを細かく切り刻んでハチミツに漬けたものを飲んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

●れんこん

れんこんに含まれるタンニンには止血作用があるため、風邪などによる喉の腫れを鎮めてくれます。咳止めの効果もあるようです。

れんこんのおろし汁にしょうが汁やハチミツなどを加え、しょうゆなどで味付けして飲むといいそうですよ。れんこんはクセも少ないですし、風邪をひいたときにはとても良さそうです。

 

 

 

●緑茶・紅茶・ゆず茶

緑茶にも紅茶にも殺菌作用があります。また、ゆず茶にはビタミンCが豊富に(レモンの3倍だとか)含まれているので、ガラガラ喉の保湿に最適です。

ゆず茶は近場で売っていないことも結構ありそうですが、紅茶や緑茶はすぐに買ってこれるものだと思いますし、でなければいまはネット通販ですぐに取り寄せ可能ですので、のどが荒れやすい方は試してみるといいでしょう。

 

 

 

 

喉にいい漢方薬


 

漢方薬というと、科学的根拠のないインチキというイメージをもつ方も多いですが、実際は「人参は身体にいい」とか、「キャベツを食べると腸の調子がよくなる」といった、誰もが知っている民間療法の延長。

何千年という長い歴史の中で人々が健康維持のために考えて試し、活用してきた由緒あるもの。近年では、科学的に効能の根拠が証明されてきているものも多いのです。 副作用の強い化学合成薬より、自然の成分を採って自分の身体の免疫力を強めることで病気を治そうとする漢方薬を、好んで選ぶ方もたくさん居ます。

 

日本の薬局での一番のシェアを誇るクラシエ(もちろん日本の企業です)のホームページでは、肩こり、くしゃみ・咳、のどの痛み、頭痛、吐き気、下痢・・・などの症状別におすすめの漢方薬を紹介。御自身の体質や症状を加味して選ぶといいでしょう。

漢方薬には、管理人も3,4年くらいお世話になっています。

「病院に行ったけどどうにも良くならない」

「化学品は服用したくない」

という方にはおすすめです。

 

 

 

 

 

お大事に


のどの痛みは辛いものです。
朝起きたら喉が痛くなっていた・・・
ものを飲み込むときに痛い・・・
喉が痛くてしゃべるのがおっくうだ・・・
それだけで気持ちがちょっと下がります。

喉の状態には日ごろから気をつけて、
ぜひ気持ちのいい毎日をお送りください。

日光浴がどれだけ健康にいいか

皆さん、日光は浴びていますか?

「そりゃ毎日仕事で歩いているからさんざん浴びてるよ」という方は一安心でしょうか。

 

「なにが一安心か!暑くてしんじゃうよ~」と言いたい気持ちも分かります。
この猛暑のなか、熱中症にならないように日陰を歩いたり屋内で過ごしたりという方は多いでしょう。もちろん、強い日差しを浴びすぎて日射病や熱射病,熱中症にならないように努めることはとても大事。

しかし、日ごろから極端に日光を避けていると、大変なことになるかもしれません・・・今回はそんなお話。

 

 

 

日光不足が招く「くる病」とは


 

日本小児分泌学会などの団体からの情報によれば、戦前・戦時中に流行していた「くる病」とよばれる病気が、最近また増え始めているということなのです。

 

くる病とは、17世紀のイギリスではじめて報告された病気で、骨がカルシウムを吸収して強くなるときに必要不可欠な栄養素ビタミンDが不足して、骨が弱く柔らかくなるもの。

典型的なものとして、乳幼児の、背中が極端に丸くなったり重度のO脚になったりといった症例があります。むかし、今のように生活水準が高くなかった頃は、下の写真のような子供が多かったようで、これは現在でも、貧しい国では見られる症状だそうです。

 

 

このくる病、「ただ背中が曲がるだけか」で済む話ではありません。

O脚やX脚背骨の湾曲(わんきょく)頭蓋骨が柔らかくなってしまう症状、肋骨の一部がコブのように膨らんでしまう症状・・・カルシウムで出来ている歯も弱くなるので虫歯にもなりやすくなります。

ほかに、テタニーといってカルシウム・マグネシウムなどの不足によって手足が痺れる症状が出ることも。これは重いものでは呼吸筋全身の筋肉まで固まってうまく動かなくなったりするらしいです。

 

 

くる病は、遺伝などによって先天的に持っている場合もありますが、後天的になる原因としては、偏った食生活によるカルシウム不足ビタミンD不足日光を浴びなさ過ぎたことによるビタミンD生成不足などが挙げられます。

 

ビタミンDは日光をある程度の時間浴び続けることで体のなかで生成されます。よって「くる病」は、屋内にとじこもりがちな高齢者に多い病気なのですが・・・最近では、日差しを避けて屋内で生活する若者も増えています。

 

それに、「自分の子供をあまり日光にさらしたくない」という考えで、子供たちをあまり外に出さないように保護する親もわりと居るんだとか。

戦後すぐは、適度な日光浴が推奨されていたようですが、最近では母子手帳でも、夏の日差しが強くなったことなどによって、日光浴のすすめが成されていないらしく・・・子供たちの中にくる病患者が増えてきているそうなのです。

 

これは先進国たる日本としては意外な・・・いや、豊かだからこそ出てきたとも言える問題かもしれません。

 

 

 

気がついたらすぐに病院へ


くる病になってしまっても、たいていは病院に行って、活性型のビタミンDを投与してもらえば1ヶ月程度で、すくなくとも骨の変形は治るそうです。

お子さんや御自身、恋人、ご家族のなかに、似たような症状が思い当たる場合は、念のためすぐに病院へ行ってみることをおすすめします。

 

今年の夏もものすごく暑い。熱中症や脱水症状に気を使うと同時に、適度に日光を浴びるように気をつけていきましょう。 いろいろ調べてみたところ、健康維持のためには日光を1日に1度、20分以上浴びるのが適切だと思われます。

Youtuber「PewDiePie」の、お金の話

世界的最大手動画共有サイト『Youtube』では、数年前から本格的に、“パートナー契約を結んだユーザーの動画に広告を掲載させ、その再生数に応じて、ユーザーに対して広告紹介料を支払う”という仕組みの、動画クリエイター応援プログラム「Youtubeパートナー」を導入している。

この機能、ユーザーにとっては動画を作成・投稿するだけで、うまく当たれば大金を稼ぐことも夢ではないため大変喜ばしいものであり、利用しはじめているユーザーがここ数年で急増している。実際、この機能を利用して年収数千万~数億を稼ぎだしているユーザーも居るのだ。

Youtubeパートナー利用者の中でも、その収入だけで生計をたてているものを「Youtuber」と呼ぶ。彼らはいまやネットではちょっとした有名人であり、ネットの世界の芸能人のような存在になっている。

 

日本人Youtuberで有名なのがこのひとたち


日ごろから「面白いコンテンツを届けたい!」という名目で、こうした、ただの悪ふざけにしか見えないような動画を投稿。これによって広告収入を得て生活している超有名人である。彼らはなんと、この活動だけで年収数千万~数億稼ぎ出しているのだ。HIKAKIN氏は、『僕の仕事はYoutuber』なんて本も出している。

 

このように、Youtuberは動画の再生数をとにかく稼いで広告を拡散したもん勝ちの世界。一発当たって名前が売れて、囲いと呼ばれるファンを一定数獲得してしまえば、あとはどんな動画を出してもたいていお金になるという感じ。
この決してスマートとはいえない金の稼ぎ方から、「こんなもんのどこが仕事なんだ!」という批判の声もかなり多いのも現実である。

 

 

 

中にはクリエイターと呼ぶにふさわしい人も


 

しかしそんな中、しっかりと努力して面白いもの・為になるものを作ろうとしている気概を感じられるYoutuberが居るのも事実。私が知るところでは、

この人や

この人などがそうである

この人たちは、動画という作品にたいしての誠意が感じられてなかなかいいんじゃないかと思う。瀬戸氏は舞台俳優として舞台に立ったり、脚本を書いたりもしているという多彩な方で、動画内の寸劇なんかも面白みがあるし、

KAZUYA氏に至っては地方に自分で赴いて講演会などに参加、地方の政治家たちとともに政治について語るところまでしているため、政治を単に金稼ぎの釣り餌ではなく、本気で意識しているんだなという誠実さを感じさせるのだ。

 

 

 

Youtube界のカリスマ『PewDiePie』


そんなYoutuberのなかに、なんと年収9億も稼ぐカリスマが居るそうだ。

彼の名はPewDiePie。本名はフェリックス・シェルベリというらしい。

 

こんなふうにホラーゲームを中心に、しゃべりながらプレイする「ゲーム実況」というジャンルの動画を数々投稿して一躍有名となった彼。編集のうまさや、軽快なトーク、加えてなかなかのイケメンということで、Youtubeにおいてのチャンネル登録者数は、今見た段階で37,929,833人。これはかなりの数である。

彼の動画をいくつか観たところ、日常の喧騒からはなれてホラーゲームを純粋に楽しむ・・・という意味では、かなり満足できる動画をつくる人かもしれない。

しかも彼は金を稼いでいるだけではなく、自分で募金団体を立ち上げたりもしているので、なかなかに尊敬に値する人物といえよう。たぶんこういう人種は、Youtuberとして稼げなくなっても生産社会でやっていけるだろう。

 

しかしながら、あまりにも広告収益が多いため、やはりいいイメージを持っていない人も少なくない。

その彼が、7月7日、「お金について話そう」という赤裸々な動画を公開した。
やはり彼なりに、いろいろとYoutubeで大金を稼ぐという行為に対する批判が飛び交っているのが気になって、ついに本音を明かそうとおもったのだろう。

動画のなかで彼は、「もちろんお金が嫌いなわけじゃない」「お金は関係ないなんてことは思ってない(つまり慈善事業ではない)」「誰だってお金はほしいだろ?」と本心を明かしている。

その上で、

「2010年、YouTubeにゲーム動画の投稿を始めたころは大学生だった。学費を払うのに学生ローンを組み、ゲームをするPCも満足に買える状況ではなかった」
「その後大学を中退し、ホットドッグスタンドで働きながら動画投稿を続けてきた」

と、不遇の過去を語りながら、

「当時やりたいこと(動画投稿)をするために出来る仕事を選んだだけで、不幸せでは全くなかった」
「今、お金を稼いでいるからって幸せな訳じゃない。幸せの度合いは当時と同じくらい。もちろん、家賃の心配をする必要がなくて幸せというのはあるけれど、それくらいで、それ以上の変化は無いよ」

と、Youtuberという仕事についてだけでなく、お金というものについての想いを打ち明けた。

つまり、大金を稼ぐようになったからといって価値観が大きく変わったわけではないということである。

 

 

「大金を稼いでいることばかり批判のタネにされて、募金団体を立ち上げたりしていることは取り上げられないのは残念」とも言っている。

 

 

 

感想


 

Youtuberが動画で「動画を投稿することでどのくらいお金が稼げるか」ということを明かすことは、度々ある。

しかし、彼のようにお金そのものへの想いについて一本の動画に録ってUPするということは、珍しいのではないだろうか。

彼のような人物のこのような話を聴くと、ちゃんと誠意と向上心を持ってやっているなら、Youtuberというやり方も「仕事」と呼ぶにふさわしいのではないか・・・と感じるのである。

それができているがゆえに、彼の動画の評価はどれも高めである。

 

世間の人たちが汗水たらして働くなか、動画を投稿して再生数をかせぐだけで生計をたてるYoutuber.彼らが一般の人たちよりも楽をして大金を得ていることは言うまでも無い。それゆえに批判の声も多い。

だがしかし、社会というのは決して、きれいごとで回っているわけではない。いつだって大人というのは汚いものだし、この世の中はセコいのだ。

 

あからさまに他人の人生を妨害することなく、バカにすることなく、デリカシーの無い方法で稼ぐのではなく、それなりに誠意と情熱をこめてサービスを提供し金を稼ぎ続けることが重要なんだと思う。

「広告収入」で稼ぐというのは、ネットが浸透しきった現代社会においては必然であり、あとはユーザーの真摯(しんし)な使い方が試されるのだろう。

1 2