AKG,あーかーげー,アーカーゲー,セミオープン,ヘッドフォン,おすすめ,かっこいい,音質,良い,Y30U,レビュー,レッド,色,

AKGのヘッドフォン「Y30U」レビュー:装着感,音質,音漏れなど

私は音楽鑑賞において、イヤホンよりも断然ヘッドフォン派です。

出掛ける時も、家で音楽を聴くときも、オンイヤータイプorオーバーイヤータイプのヘッドフォンを愛用しています。

同じ価格帯ならばヘッドフォンのほうがイヤホンよりもやっぱり音質がどうしても良くなりますし、見た目が好きだから。

で、最近まで5月あたりに購入したこのモデルをメインに使っていたんですが、

オーバーイヤータイプならではの遮音性能や音質に加えて、デザインも本当に気に入っている一方で、

オーバーイヤータイプは、耳をすべて覆うその性質上、どうしても熱がこもるので、これからの季節には向かない… ということで、夏を乗り切るために新しいヘッドフォンを購入することに決めたのです。

 


それでAmazonでいくつもくつも、ブランドにこだわらずよさそうなものを漁った結果、候補として以下の2つに絞りました。

どちらも、プロフェッショナル向けの高級なヘッドフォンを主に手掛けているAKG(アーカーゲー)の商品です。

これが音楽に携わっている人たちにとっては世界的に有名なブランドらしく、まず、音質に関しては間違いないだろうと。

そのうえデザインもおしゃれだ…ということで、最終的には下の「Y30U」というモデルを購入。結果的には大当たりだったので、この度、レビューをしたためておこうと思った次第。

 

見た目は最高

AKG,あーかーげー,アーカーゲー,セミオープン,ヘッドフォン,おすすめ,かっこいい,音質,良い,Y30U,レビュー,レッド,色,

ビジュアルについては本当に文句なしです。

今回自分が購入した色はレッド。ポチった時点ではもっとポップな色合いをイメージしていましたが、実物を見てみると、鮮やかな赤でありながらも、ちゃんと大人びたかっこよさを感じさせる見た目でした。さすが名ブランドといったところでしょうか。

なんというか、キャピキャピした色合いではないので、これなら外出先でつけていても普通にカッコよく見えそうです。

 

装着感・携帯性も良し

AKG,あーかーげー,アーカーゲー,セミオープン,ヘッドフォン,おすすめ,かっこいい,音質,良い,Y30U,レビュー,レッド,色,

まずは大きさ。かなり小さい。オンイヤーヘッドフォンとしてはかなり小型で、折りたたむとこんなに小さくなる。それにめちゃめちゃ軽い。

また専用のポーチも付属しているので、カバンにいれて持ち歩くのも楽でいいです。使わないときにしまっておくのにもちょうどいい。

ちなみにこのポーチもかなりしっかりした物で、全然安っぽくないし丈夫。

5000円前後のヘッドフォンの付属品とは思えないクオリティです。

細かいところまでよく配慮が行き届いています。

AKG,あーかーげー,アーカーゲー,セミオープン,ヘッドフォン,おすすめ,かっこいい,音質,良い,Y30U,レビュー,レッド,色,

次に装着性ですが、これも非常にいいです。スポンジタイプのイヤーパッドなので、もっとフワフワした頼りない感じの着け心地になると想像していましたが、その想像を裏切るように、適度な強さのバンドでしっかり頭を挟み込んで耳をおさえてくれます。

ハウジング部分が極小なので、眼鏡をかけていても快適につけていられます。

 

音質・遮音性

音質も大満足です。セミオープンタイプの良さ、ハウジング周りの空気を揺らすメカニズムによる重低音の響きもちゃんとしてます。それでいて中高音をおざなりにしている感じはありません。他の音色も大切にしながら、ハッキリズッシリとベースの音が聴こえるのです。

全体的にこもらずハッキリ聞こえるので、アニメや映画を視聴するのも快適。ハッキリ言って、音は1万円前後のヘッドフォンに引けを取りません。

もちろん、最適な音質を追及するならばパソコン側のイコライザを自分の好みにいじっておく必要が有りますが。(まあそれはほかのヘッドフォンでも同じ)

ともかく、音の再現性については、全く文句ありません。

 

そして遮音性ですが、これも思ったよりしっかりしていて、密閉タイプのものとあまり変わらず使用できます。耳に装着し、「曲が充分聴こえている」状態でiPhoneを近づけて録音しましたが、音漏れは記録できませんでした。

「準開放型だから電車の中で使用できない」ということは、無いと断言できます。

大音量で鳴らさない限り、耳に装着している状態で周りに迷惑をかけることはないでしょう。

 

総評

総じて言えば、このヘッドフォンは、一般人がプライベートで使うオーディオ鑑賞用ヘッドフォンとしては最高水準の代物だと思います。

アマゾンで購入すれば5000円以内、公式通販ページで購入しても6000円以内でこのクオリティというのは、正直、ヘッドフォンに対して抱いていた常識を覆されるものがあります。

 

「小型で軽くて、安くて、その上音質のそこそこ良いヘッドフォン」

 

そんなユーザーのワガママを十分に叶えてくれるヘッドフォンでございました。

そのようなヘッドフォンをお探しの場合には、検討してみてはいかがでしょうか。

縄跳びがマジでいい運動になると改めて実感【BenRan跳び縄レビュー】

管理人はジョギングをひとつの趣味としるんですが、これから本格的に梅雨に入って雨の日が多くなるとなかなか走りにいけません。

それで代わりになにが出来るか考えていて、「あ、縄跳びいいじゃん」と思い立ち、

さっそくAmazonで跳び縄を購入しました。

値段がめちゃくちゃ安いですが、ロープもグリップもしっかりしていて、全然つかえます。

ハンドルの内部がベアリング構造になっていて回しやすい回しやすい。

色もブラック・ピンク・オレンジ・ブルーとおしゃれ。

ちなみに自分はオレンジを購入しました。

 

音楽聴きながら6,7分程度跳びましたが、結構疲れる。

最近いかに運動不足だったかが分かります。ジョギングしている身でも結構脚に効く。

末端の血流がよくなるのはもちろんだろうし、腕や肩も鍛えながら、心肺機能も鍛えられますわこれは。

学生時代、体育の授業でこんなきつい運動してたのかと、びっくりしました。

 

自分は慢性肩こり・眼精疲労もちの貧血・血行不良体質なので、当面これを続けていって体質の改善を図っていきたいと思います。

首こり肩こりなどは普段ビタミン剤を飲んでも塗り薬をやっても、整体に行っても寝ても治らないので、多分血の質が悪いのと血行が悪すぎるのが根本的な原因だと思うんですよね。

幸い私の家は駐車スペースが屋根付きなので、雨の日も跳ぶことができます。

 

ベランダや駐車スペースに屋根がない方は、室内専用跳び縄にしてもいいと思います。

安いから2つ買って、屋外用と屋内用で分けてもいいですね。

家にスペースが無い方はどっか一般公開されている体育館とかに赴くのもいいでしょう。

この跳び縄は心からおすすめしますよ。

自律神経失調になったら、治療法をどうやって検討するか

自律神経失調ってホント辛いですよね。なにしろ生命活動・恒常性をつかさどっている根本的な神経系のはたらきが狂ってしまうわけですから。

私も6,7年前から苦しんでいます。

 

いま私が抱えている症状は、

眼精疲労,視力の不安定(眼鏡屋などで指摘される),慢性的な全身の凝り(頭・首・肩が特に顕著),一時的なのぼせや顔の張り,手の震え(運動のあとや熱い風呂に入ったあとなど、神経が特に興奮しているとき),足腰の冷え,足裏やくるぶしの緊張,不眠(入眠困難・中途覚醒),いくら寝ても筋肉の緊張および凝りがとれない

といったところです。

 

もちろん初期の段階で眼科や神経内科、内科に何回かかってみましたが異常なし。脳波やCTも異常なし。やせ型ですが昔ある程度がんばって鍛えていたおかげで、日ごろまったく運動していない状態でいきなり5,6km走れるスタミナはあるし、胸板も多少あるし、風邪もそうそうひかない。「おかしい。なんなんだこれはと」と。

それで評判のいい薬局の先生に相談して漢方を処方してもらったり、ジョギングをしたり筋トレをしたりもしてきましたがなかなか治らないんですよね。市販のビタミン系の肩こり緩和剤も、ありとあらゆるものを試しました。整体にもマッサージにも何度も行きましたがほんの一時的に楽になるだけでした。

 

ただ最近になって「そうか、こうやって治していけばいいんだ!」という気づきがありましてほんの少しずつですが改善してきたので、今回はそれをもとに書きます。自律神経失調で苦しむ人にとって少しでもとっかかりになれば幸いです。

 

※この記事の内容は、特定の医薬品を勧めることによって読者様の症状の治癒を確約するものではありません。あくまでも治療法・医薬品選びの参考材料としてお読みください。

 

◆まずは一番最初に出た症状を思い出す

 

自律神経失調のいちばん厄介なのは、とくに何の病気でもないのに体のあちこちが間違いなくおかしい…というところ。つまり、明確な原因がわからないまま自覚症状ばかりが悪化、あるいは増えていくところです。

それゆえ、悪化すればするほど何が悪いのか分からなくなる。どこがおかしいのか分からなくなってしまいます。どこから手をつければいいかも分からなくなる。

これが一番怖い。

 

ですから、自律神経失調を根本的に治したければ、まずは一番最初に出た症状を思い出してください。その症状が、あなたの自律神経失調状態の根本的な原因を判断する出かかりになるはずです。 症状の参考ページ⇒自律神経失調症net大辞典様のHP 

これをしておけば、漢方薬を選ぶときにもハッキリと判断することができるでしょう。

 

たとえば、もともと神経質な性格で、かつ眼精疲労が一番最初に出始めた症状だということならば「神経の過緊張」が根本的な原因だと分かる。

一番最初に出た症状が冷えや手足のしびれで、もともと体が硬くて運動不足だったのだとすれば、血行が悪くなったのが根本的な原因だと分かる。もしくは貧血(酸素運搬機能をつかさどるヘモグロビンが欠如している)がそもそもの原因であるかもしれないと分かる。

 

このように一番最初に自覚した症状を思い返してみることで、自分の自律神経失調は何を治療すれば根本的に治癒されるのかがある程度判断できることでしょう。自分の判断で漢方薬を探すときにも、お医者さんや薬局に相談するときにも役立つはずです。

 

 

◆次に「いま一番つらい症状」を明確にする

 

次に重要なのが、出ている症状のなかでいま一番辛いものはなんなのかということ。言い換えれば、とにかく急遽これだけは治したいという症状をハッキリさせておくべきだということ。

例として「肩や首の凝りがひどすぎて、顎まで凝っていてガチガチでほんとうに仕事にならない」とか「イライラしてしょうがない」「不安障害や対人恐怖みたいなものが一番厄介」とかです。

これをハッキリさせたら、次のステップに進みます。

 

 

◆上のふたつを結び付けて、応急措置をしながら根本的な治療を続ける

 

以上ふたつのことをハッキリさせたら、

いま一番つらい症状に対処しながら、根本的原因の治療を続ける。

 

例えば、

“根本的な原因が過緊張で、いま現在肩こり首こりなどが一番つらい”なら

①ビタミン系肩こり改善薬・独カツ葛根湯を飲んで肩こり首こりを処置しながら、神経を落ち着かせ安定させる桂枝加竜骨牡蛎湯などを飲み続ける。

②入浴法,湿布,塗り薬,温熱肩こり改善グッズ,ピップエレキバンなどで凝りに対処しながら、養命酒や桂枝加竜骨牡蛎湯などで緊張をほぐしていく。

といった治療法が考えられる。

 

また例えば、

“根本的な原因が貧血や血行不良で、いま現在一番つらい症状は精神的な不安定”だとするなら

①ギャバやセントジョーンズワート,加味逍遥散,柴胡加竜骨牡蛎湯といった精神安定作用のあるものを飲んでストレスに対処しながら、貧血改善薬を飲み続ける

②習慣的な有酸素運動でストレスを発散しながら養命酒や桂枝茯苓丸といったものを飲んで血行を改善していく

といった処方が考えられる。
小林製薬の貧血改善薬ファイチ

 

いずれにしても、自律神経失調の根本的な治癒(つまり完治)には絶対に時間がかかる。

ベストな治療法を続けても半年~数年は要すると思ったほうがいいでしょう。

でも、それだけの期間仕事などをせずに休んでいるというのは実際問題なかなか難しいことです。

だからこそ、その場の一番厄介な症状を抑えながら、根本的な原因を治療し続けることが肝要なのです。

 

ということで、必ず一つのものに頼り切らずに2つ以上の薬・治療法の組み合わせをハッキリ決めて、その組み合わせを信じて続けていくことを提案します。ただ、あまりにもごちゃごちゃ色々なものを飲むのはやめましょう。とくに漢方薬の摂取は多くて2つまでにとどめておくほうがいいんじゃないでしょうか。色々飲みすぎると何がどう効いてるか分からなくなりますし。漢方薬はいろいろな症状を複合的に、体質そのものを改善していくスタイルの薬ですので、ごちゃごちゃ飲む必要はありません。

ただ『甘草』という生薬の過剰摂取は多少の副作用を伴うようですので、調整しながらどうぞ。それを考慮してたとえば漢方薬1種と養命酒、などであれば問題ないと思います(実際私がいま継続している組み合わせ)。

 

 

※注意

 

個人的に絶対やってはいけないと思っているのは、安易に精神安定剤を飲むこと。

安易に心療内科や精神科などにかかって精神安定剤を処方してもらわないで下さい。

私の母は統合失調症の陽性症状を15年以上抱えていて、なかなかの量の精神安定剤を長いこと飲んでいますが、まったく根本的に治癒されていません。いまだに幻聴や気分の落ち着きのなさに悩まされています。

精神安定剤は、あくまでも頭をボーっとさせて気持ちを落ち着けようとする薬剤です。

身体を健康にして本来の正常な機能を取り戻しましょうという薬ではありません。

ですから、安易に飲むのはやめましょう。

場合によっては仕事なんかできなくなります。

 

あなたの抱えているものが精神病でなく自律神経失調であるならば、「とにかく身体のシステム(神経や血管)を正常に戻す」という観点で治療を考えることを個人的にはおすすめしたいです。

もちろん最終判断はあなたに任せます。

 

私も長いこと症状を抱えて苦しんできましたから、自律神経失調がいかに厄介で苦しいものかは分かります。ですが意識だけはハッキリ持つようにしてください。いつでも自分の心の状態をなんとか客観視して正気を保っておくこと。それが結局は一番の基礎になるでしょう。

あなたの健康を心よりお祈りしています。

 

 

〇自律神経失調の治療によく使われる漢方2種

桂枝加竜骨牡蛎湯

加味逍遙散

両方とも顆粒ですので、空腹時(食後2~3時間後ならOK)に水でそのまま飲んでしまって構いません。私に漢方薬を処方してくださった先生もそのようにおっしゃっていましたし、

経験上、お湯に溶かして飲もうとすると溶け切らず無駄になってしまうことが多いです。

 

その他、自律神経失調の治療に向いている漢方薬について⇒ 赤尾漢方薬局様のページ

ストレス向けの漢方薬についてはこちらも参考になります⇒クラシエのページ

 

どうしてもご自分で決めるのが不安という場合は、自律神経失調に精通した薬局等で話を聞いてみるのもいいでしょう。

【就活】なかなか面接に受からなくて絶望している人へ

「何社も何社も面接受けたけど内定がもらえない…俺は生きてる資格のないゴミなのか…」

などと思ってしまう人は、今の時代多いと思いますが、断じてそんなことはありません。

諦めずに模索し続けてください。面接を受け続けてください。

 

そもそも「就職」というのは何なのか?

就職というのは、

「私は自分で開業するアイデアも意欲も度胸も実力もありませんから、ぜひとも貴方様の出来合いの会社に入れてほしいのです。言われたことはちゃんと精一杯こなしますので、なんとかお零れを頂戴できないでしょうか…」

というお願いでしかない。そんなに上等なものでもないわけですよ。単なるお願いで、取引です。

 

このお願いをするために、「学歴がいいほうが信用があるよ」と言われるがまま、皆一生懸命学校を出ようとするわけです。それだけのことです。立派でもなんでもない。ありふれたことです。

だから、就職できる人は偉いとか、内定がもらえない人はゴミだとか、そんなふうに考える必要は無い。

 

 

それと、面接のときに上手い志望動機が浮かんでこないことで自分を責めてしまう人もいるかもしれないけども、これもバカバカしい。

そんなもの、浮かんでこないのが普通なんですよ。

だって学生のうちから明確で上等な目的意識があって、世のため人のため会社のためと、脇目も降らずに精進を続けてきた… なんて、そんな人居ますかね。めったに居るもんじゃありません。

ハッキリした目標や志があって会社を選ぶ人はめずらしいです。

実際、面接を受けるのに1社1社回って綿密に観察して、自分の希望と能力を考慮してしっかり悔いのないように判断するなんて人はめったに居ないでしょう? 適当ですよ適当。

 

 

世の中見渡してみて下さい。

そんなに上等で立派なご年配ばかりですか? 決してそんなことはない。

「こんなんでこの人よくこの歳までやってこれたな」と思ってしまうような、傲慢な、無礼な、バカな年長者はいっぱい居るでしょう?

 

この世の中、そんなに上等な人間ばかりじゃありませんよ実際。

ということは、事実、上等でなくても立派でなくても社会人はやっていけるということであります。

結構みんな惰性で生きてるもんですよ。

「もっと上等になろう、もっと自分を成長させよう、もっと世の中のためになることをしよう」なんて考えて熱心に生きてる人は、少数派でしょう。

 

 

だからね、「自分は上等な人間じゃないから、まともな人間じゃないから就職できないんだ…」なんて思わないことです。

それよりも、自分はほんとうはどういう部類の仕事がしたいのか、どういう業種,どういう職場なら本気になれるのかということを一生懸命考え続けたほうがいいですよ。少しでもそれに近づくために、自分なりの努力を重ねるべきです。

どういう社会人になりたいのか、どういう生活を送っていたいのかということを、本気で考えて本気で実行することです。他人といちいち比べず、自分の闘いをしましょう。時には家族の助けを借りてください。カッコ悪くても、全部話して相談してください。

 

 

ブラック企業に居続ける必要はありません。

ブラックとかホワイトとかではなくて、まともな会社かどうかで判断するようにしましょう。

これはゆとり世代の甘えではない。だって昔から「この会社おかしい」「給料少なすぎるんだよバカにしてんのか」と思えば、ストライキとかふつうに有ったはずでしょう。

ビジネスというのは常にフェアでなくてはいけませんから、文句が有れば闘うのは当たり前なのです。

 

自分が最大限の情熱を注げる仕事を一生懸命にこなしてこそ、社会貢献になると思いますよ。

もちろん、多くのYoutuberやそのファンのような、「適当にバカやって皆で笑ってるだけで広告収入で食っていけたら最高だよね」という仕事の仕方はおすすめしません。ああいうのは笑って観てる分にはまだいいですが、絶対に真似をしようとは思わないことです。

あれは、金がいっぱい入ってくれば勝ったようなものですが、それでも将来的になんの実績(社会的評価)にもならないし、映像技術の専門家になれるわけでもないので、あまり生産性がある行動とは思えません。

「好きなことで生きていく」を目指すならば、なんらかの分野の職人とか、アスリートとか、ああいう人たちを手本にして自分を鼓舞してください。

 

 

重ねて言いますが、面接に落ち続けるからといって、自分をダメだと思って閉じこもらないようにしましょう。

自分の人生は、結局自分の意思でしか完成させられませんよ。(それは昔からの真理。だから啓発本でこういうことを言われると「またこういう話かよ」となるわけ)

 

「これだ!」と思うことを探し続けましょう。

 

そうしなければ、おそらくコンプレックスが溜まりまくりですから。

いま学生の方、社会人になったばかりの方は特に注意してください。

ぜひ色々な人に話を聞いてみて下さいよ。いろいろな業種の人にね。

 

そしてあなたに本当に実力や目的意識があるならば、起業開業,独立というのも手になってくるでしょう。会社で働きながらそういうことを考えて試作を重ねてもいいし、そもそもその分野での独立を目指して就職するのも大いにありでしょう。

学歴が低いから俺の人生おわりなんだ…

そんなふうに思ってる人間に、もし学歴があったところで十分に活かせませんよ。

 

なんでも最後に必要になってくるのは意思です。

それを忘れないように、頑張って、悩んでもがいていきましょう。

【実録】髪の毛薄くなったらとりあえずこれ試せ【効く育毛剤】

恥ずかしい話ですが、私は以前、頭頂部が円形禿げになったことがあります。

家族から指摘されて気づいたんですけど、鏡をつかって観たらほんとに禿げてる…

しかも、500円玉よりちょっと大きいくらいの、わっかりやすい禿げ。

あれはショックでショックでたまりませんでした。

 

不定期的にジョギングはしてるし、通勤に毎日往復40分は歩いてるし、運動不足とか体力の低下とかではない。

健康診断も特に異常ないし。

となるとやはりストレスかと。

 

それより前からストレスたまってんな~とは思っていて、自律神経失調っぽい症状も体の色々なところに現れてはいたんですけどね、ほったらかしにしてしまってたシワ寄せが来ていたんでしょうね。

 

で、当時まだ20代前半だったということもあって、もーーーショックでショックで。とにかく焦りまして。

どうにかせんといかんだろ…ということで、とりあえず育毛剤を探しまくったんです。

効果が出るという保証がない中で、ネットのあちこちに広告表示されてるような高額な育毛剤を買うつもりはなかったので、安いやつで評判がいいやつを。

 

それで見つけたのがこれなんですが☟

インセント 薬用育毛トニック無香料 250g 特大 (医薬部外品)

結論から言うと、1か月くらい使ってたら気づかないうちに禿げがなくなってました。

髪の毛にも張りが出てましたよ。

ちなみに、効果を目視したんで今でも「予防」の意味で使い続けてます。

 

化学薬品でなく、天然の生薬をつかった育毛剤でして、頭皮に優しくじわ~っとしみこむ感じ。

すかっとするような薬品的なものは入ってないんだけど気持ちいいんですよこれが。

 

吹きかけたら、少ししみこむのを待ってから(3分程度)指の腹を使って頭皮をかるく揉み解せば終わり。風呂上りに1回。朝起きた時に1回やってれば、禿げは改善すると思います。

ちなみにこれ1本で約1か月半くらい持ちますからね。

1本1000円しないのにこれだけ持つって凄いでしょ。

ほんとに、お世辞抜きに最高の育毛剤です。

 

「ストレスで円形禿げできちゃった…」

「最近髪が薄くなってきた。張りが無くなってきた」

「高い育毛剤買うような余裕はない」

という方にはマジでおすすめしますよ。

 

安いのでダメ元という気分でも試せるでしょう。

重ねて言いますが、自分はこれでちゃんとストレス禿げ完治しました。

これより前に、1本数千円するようなたっかいやつも使ってましたが、

こちらのほうが断然効果を感じました。

 

使い切った後にはキャップをつかってガス抜きも出来るように設計されているので、親切です。

※ガス抜きについては、ボトルの背中に書いてある説明文を参考にしてください。

キュレーションで失敗したDeNA、自動運転の技術開発で名誉挽回なるか?

少子高齢化が進んで生産年齢が減ってきていることもあって、宅配業者も人で不足が深刻化している。現在ヤマト運輸がAmazonとの契約を見直していることも広く知られている話。

そんなヤマト運輸が、あのIT業界大手のDeNAの協力を得て新しい物流サービス「ロボネコヤマト」というプロジェクトを始動。利用者がクロネコメンバーズ経由で、好きな時に好きな場所で荷物を受け取れる無人配達ボックスの開発を進めているらしい。(CarWatchの記事)

これを昨日読んだときには、結構びっくりした。

 

このロボネコヤマト、配達車のなかがコインロッカーのようになっていて、ロッカーの個室それぞれに客ごとの荷物を入れて、どうやら将来的には、客の好みの時間,好みの場所にこの車がやってきてセルフサービスで受け取ってもらう仕組みを目指しているっぽい。

ちなみに、今のところは無人配達ではなく、客の指定した時間に指定された場所へドライバーが運転してテストを実施していくそうな。

 

知っての通り今現在あちこちの自動車会社が、完全な自動運転技術の完成を目指して開発を進めている。Amazonも、ドローンを利用した無人配達システムを構築しようとしている。全自動の無人配達技術は、いま世界的に期待が持たれている分野である。

 

少子高齢化が進み今後さらなる人口の減少が予測されている日本にとって、交通と流通の自動化は、絶対に達成しなければならない課題のはず。

さすがに数年後とかいかないだろうが、数十年後にはネットショッピングの宅配を、機械にほとんど一任している光景が常識になるかもしれない。

というか現実的に考えて、宅配業者はいずれもドローンや自動運転カーなどを駆使して、いかにマンパワーの減少をカバーして利益をだしていくかが大きな問題になっていくんだろう。

 

このプロジェクトでヤマト運輸に技術提供を行っているDeNAは、ついこの間『Welq』『iemo』などのキュレーションメディアにおける、ガサツな丸パクり荒稼ぎで株を落としている。本プロジェクトの開発を通して、再度のイメージアップをはかれるかといったところではないだろうか。

スタバでMacはやはりバカっぽい。もっと他に選ぶべきPCがあるだろ!!

もうかなり前から言われていることであるが、喫茶店(スタバなど)でコーヒー飲みながらMacbookを開いてなにやら作業をしている姿というのはやはりバカに見える。今回はその理由を考察する。

 

結論から言うとこれは貧乏人のひがみでも妬みでもなく、直観的違和感による嫌悪なのである。が、今回私はその直感的違和感の正体を自分なりに分析する。一応はじめに述べておくが、私は以前、当時27万もはたいて購入したiMacを愛用していた身である。

皆さん知っての通り、Apple製品はわりと高級な部類である。値段”だけ”見れば今となってはそんなことはないが、かつてMac(Macbook,iMac)といえば「高くてかっこいい、金持ちのPC」というイメージが確かに浸透していた。今でもそのイメージを持っている人は少なくはないだろう。

まあ、仕事でPCを駆使するバリバリのビジネスマンにとって、高いこと自体はそれほど一大事でもない。問題は値段に対してのスペックと拡張性である。

 

 

良くも悪くもAppleはオシャレ感にこだわる

 

これも読者諸氏知っての通り、Appleは2016年版Macbook Pro開発において、Touch Barとよばれる新機能に加えてThunderboltポート,第2世代USB3.1ポートを付けた代わりに、従来のUSB3.0ポートやHDMI出力ポートといった、今も一般的に普及している差込口をなくしてしまった。

これは海外のパソコン紹介系大手Youtuberたちからも酷評だったのである。なぜかといえば、今現在パソコンに一般的に当たり前に搭載されているUSB3.0などは仕事でも駆使されるもので、それがなくなったとなれば不便この上ないからである。おまけに、Touch Barなる新機能もその”ハイテク感と面白さ”が満足度を上げるのみで、わざわざ有る必要性が感じられない代物。はっきり言って、仕事であんなものを駆使する場面はほとんど無いだろう。

Macbook Proの唯一誇れる点はアルミ削り出しで作られた筐体の美しさと、ディスプレイの美しさ、そして拡張性を削りに削ったシンプルさ…このくらいである。Appleはもともとディスプレイ開発にかなり力を入れており、iPhoneしかりMacしかり新製品のPVを見るとだいたい「目を見張るディスプレイの薄さと美しさ」というものを謳っているし、Apple WatchやiPodのCMをひととおり見ても、Apple製品にとって「おしゃれ」というのは最大のテーマであることが分かる。

PCのディスプレイについてはもちろん綺麗で悪いことはなく、Macは確かに画面がきれいで文字も読みやすい。iMacにしても一体型薄型でありながらあのディスプレイの破格の美しさには驚いた。

兼ねてよりApple社は、他社がやらない方向で新製品にハイテクを搭載することで消費者の遊び心を刺激し、マニアなファンを獲得・維持してきた。Apple製品のCMといえば「かっこいい」「おしゃれ」というのは、広く浸透している印象ではないだろうか。いま広く普及しているスマホにしても、元はと言えばAppleがiPhoneを出してからその流行が始まったと記憶している。良い意味でも悪い意味でも、Appleは時代の最先端を行く異端児なのである。もっとも、『実用性』という観点から見れば悪い意味のほうが多い気がするが。

※一応付け加えておくと私はAppleアンチではない。いま仕事用PCは拡張性を重んじてWindowsPC一択だが、以前はiMac27インチを使っていたし、スマホに関してはずっとiPhone一択である。

いまiPhone7を愛用しているが、ディスプレイがものすごく綺麗だし筐体の曲線美もすばらしい。手になじむし処理も速い。実にいいものである。iMacを購入したときもその美しさに見惚れて、かなりの満足感・優越感を得た。それに付属のキーボードもかなり操作しやすかったのを覚えている。

 

 

話を戻すが、喫茶店でMacbookを開いているとなぜバカっぽく見えるのか…

それは端的に言って、Macbookの機能性と値段を相互に客観的に見たときの性質上、「大学生がバイトで貯めた金でMacを買って、”コーヒーを飲みながらかっこいい高級PCで作業をするかっこいい自分”を得意げに演出している」というような印象を与えるからである。

先ほども述べた通り、Macは高い。中身のスペック(CPU性能やメモリ,GPUなど)だけで言えば分不相応の値段と言えなくもないほど高級品である。

 

「おい待て。WindowsPCでも高いものがたくさんあるぞ」と思う人も居るだろうが、WindowsPCの場合、各社ともにスペックに加えて拡張のしやすさや筐体の頑丈さにかなりこだわっているゆえ高いのである。分かりやすく言えば、各社、あちこち持ち歩いて書類作成をしたりプリントアウトをしたりマウスやプロジェクターなどを即席つないで作業をしたりプレゼンテーションを行ったりという、『バリバリ働くビジネスマン』を想定して製造しているのである。軽さやキーボードの静寂性にかなりこだわって開発しているものも多い。

対して、新型Macbook Proなどを『スペック』と『仕事における拡張性』という観点で見ると、明らかに見栄えに力を入れすぎていて実用性において力不足だし、いざ拡張しようとしても専用変換アダプタをつけてそれに機材をつなげなくてはならないので面倒で、余計な出費にもなる。正直言って、本当にパソコンを駆使してバリバリ働いている社会人の商談や営業,現場仕事には選ばれないだろう。そうした用途で持ち歩いて忙しく使い倒すパソコンとして、「薄くて綺麗でおしゃれで高価」なMacbookは選択しないはずである。

●参考動画

だから、カフェでMacbookを開いてなん十分も居座っていると「気取り」「なにしてるわけでもないのに高級品を見せびらかしてるバカ」に見えるのである。私がスタバでMacbookを見ると抱くイメージは、「他人からの見栄えでパソコンを選んだ気取り」「ブロガー」「Youtuber」くらいだ。おそらく実際そうだと思うし、そうでないとしても、目立ちたい見られたいというのあってのことだろう。

Macを携えてスタバに行って、開いてツイッターやらブログやらしながらコーヒー飲んでいても、「カフェに駆け込んで仕事しているデキるビジネスマン」「日ごろからパソコン持ち歩いてあちこち回っている営業」などには到底見えないのである。むしろ逆効果だろう。もしも実際忙しく仕事をしているとしても。

 

ビジネスモバイルPCとしてMacを選んでいる時点で、デザイン系の仕事をしているわけでもないふつうの商社マンや大学生が外でいじるPCとしてMacを選択した時点で、「どうも、実際の利便性よりおしゃれ感にこだわってデキる大人を演出したい人です!」と宣言しているようなものである。それは、「Macでなければならない理由」がほとんど無いからである。

「スタバでコーヒー飲みながらせまい机にあんな高級な、りんごマークが映えるスタイリッシュなでかいパソコン広げてなにやってんだろう。ポーズにしか見えない」と思われるのは当然なのだ。

 

 

海外のレビュワーは甘くない

 

主に日本では、見映えでかっこつけたいブロガーや金持ち感をだしたい商品紹介系Youtuberなどから人気のMacbook Proであるが、海外のPC紹介系大手Youtuberなどは、そのだいたいが「ディスプレイがきれいで処理も速くイイ製品だが拡張性・バッテリーの持ちが悪い。値段が不相応。トラックパッドも大きすぎて逆に使いにくい。2016年版Macbook Proは見送るべき」というようなコメントをしている。(英語が分からなくても雰囲気で言わんとしていることは分かると思うので動画を貼っておく↓↓)

 

悪いことは言わないから、カフェで使うパソコンならMacbookは今のところ選ばず、VAIO社のS11や、DELL社のInspiron 13 7000、hp社のHP EliteBook Folio G1、東芝のdynabook RX73、NEC社のLAVIE Hybrid ZEROといったものを購入することをおすすめする。要するに、もっと携帯性の高いパソコン、もっと仕事向きのパソコンにしたほうがいいということ。

もちろん、どうしてもMac OSを使いたいとか何を差し置いてもTouch Barのかっこよさを求めたいということなら仕方ないが。

キモいヲタクと、生き生きしたヲタクの違い

『ヲタク』といえばアニヲタをはじめ、掲示板の廃人とか、ゲームが大好きで毎日必ず2,3時間以上は時間をつくってプレイするゲームヲタクとか、エロゲヲタクとか色々いるわけだけど、

一般的には「ヲタク=キモい」 というイメージの図式が、まだまだ成り立っていると思う。

じゃあなぜヲタクはキモいんだろうか。ざっくり考察してみる。

 

①ほかのものに興味を持たず、1つのものにいつまでも執着しているのがキモい

これは私も思うことなんだが、傾向として、キモがられるヲタクというのは新しいものや他のものに触れようとせず、ずっとおなじものだけに執着して悦に浸っていることが多い。たとえばツイッターに居るエロゲヲタクを見てみると、おなじブランドの作品あるいは1つの作品・キャラクターに異常なまでの執着を見せ、毎日のように「〇〇ちゃんかわいい」などと何度もつぶやいていたりする。重症な者になると、そのキャラクターのbotをフォローして毎日会話をして喜んでいたりするのだ。リアルに存在する女性でないから全然OKなわけだが、その前提を抜きにして考えれば、ここまでの執着はキモいといえよう。

ジャーナリストでもないのに毎日政治的な発言をしていたり、著名人のつぶやきにしょっちゅうリプで語りにいったりしている政治ヲタクとおなじような〝執着のキモさ〟がある。

もちろん誰が誰を好きになろうと、それ自体は他人に迷惑をかけることではない。
ただふつうであれば、特定の物事にどんなにお熱になっても、そのうち気分が冷めて、よくいえば気持ちが安定化して冷静になるのが一般的だろう。アニメを観ている人にしても、ドラマを観ている人にしても、ゲーマーにしても、ふつうはハマるときはとことんハマるが、見終えたりクリアしたりしてしばらく時がすぎれば、次の作品を楽しみにして、ときどき昔のものを思い出して「あれはよかったねー、神ゲーだったね」と語り始めるくらいにとどまるものである。

私が思うにこのような異常な執着というのは、なにか満たされないような物足りないような想いの強い人が陥りやすいものなのではないだろうか。毎日がつまらない、刺激がたりない、暇でしょうがないんだけど何をやりたくなるわけでもない…

実際、ツイッターでしょっちゅうおなじことばかり、おなじ作品のことばかりつぶやいている人のなかには、そういう無気力で病みやすいタイプの人が多い気がする。つぶやいて何になるわけでもないのに毎日「暇すぎる…」などとツイートしている人たちのことだ。要するに、人生楽しもうとする気概が足りない人たちである。面白いものを探す、自分から能動的に楽しみを見つける、趣味を極める、いろいろな作品に触れてみる…そういうことをせず、「暇だなあ退屈だなあ、でもなにをやる気にもなれない」という脳死状態に陥っている。そんな人たちは、その虚無感を埋めたくて、よりどころとしてなにかひとつのものに異常な執着を持つのかもしれない。

 

②刺激が欲しい。でも何もしたくない。というウジウジ感がキモい

面白い映像作品もゲームもたくさんあるし、かわいいキャラクターもほかにたくさん居るはずなのに。探そうとしない。なかなか触れようとしない。興味のあるゲームがあっても、結局昔の作品への執着に戻ってしまう。

この心のつまらなさ、余裕のなさ視野の狭さ、
乱暴な言い方をすれば、思考停止してカルト宗教にのめりこむ人と同じような心理ではないだろうか。

実際ネットで、「キモい」と言われているヲタクたちの発言やコメントを観察してみると、これはあながち間違っていない気がしてならない。なにか人生に対してどうしようもない物足りなさ、強いコンプレックスを抱いているケースが多くみられる。ニコニコ動画とかYoutubeとかのコメント欄などはいい例である。

キモがられるヲタクと反対のタイプの人たちを見るとよくわかる。
たとえばゴールデンウィークのような長期の休みをとれたとき、アクティブに動く人たちだ。
あちこちに旅行にいったり、休みの日にはサバイバルゲーム(エアソフトガンを使ってやるやつ)をしたりしている人たちは、趣味のなかに常にあたらしい刺激を感じて楽しんでいる。

対して、社会全体が社畜ムード・ブラックムードに包まれる昨今、心の寂しい人間は多くみられる。
張り合いとか誇りとかなにかしらの楽しみも持てず、毎日毎週いやいや働いてうっぷんを溜め、でも特になにをするわけでもなく流されるがままに生きていく感じ。

なんか面白いことないかなあ…とか思いながらも、探そうとしないし試そうともしない。結局うじうじ停滞して、「つまんねえなあ嫌だなあアニメみたいな面白いこと起きねえかなあ 〇〇ちゃん天使~」などと愚痴ってるスタイル。これは傍から見ていれば気持ち悪いと思う。

私はゲームが好きでそこそこプレイするんだけど、ネットを見ていると、ゲーマーも最近ではなんだか無気力かつ精神的に軟弱になってきている気がする。

いま、新しいゲームが出るとまず攻略動画を見る、攻略サイトを見て下調べをするというスタイルの人を見けることが多い。ネットが私たちの生活に不可欠なものになり、あらゆる情報が充実し、その拡散速度も飛躍的に速くなっているから、まあ自然な現象ではあるのだが、ちょっとどうなのと思ってしまう。

もともとゲームなんてものは、新作が出ればそれぞれ興味の向いたものをどんどん進んでプレイすればいい話だし、昔のゲーマー(現在30歳40歳の世代)は実際そうだったと思う。つまり、世間の評判なんぞに従わず、みんなもっと自分勝手に楽しんで、そして勝手に極めていたと思う。

それがいまでは、新作が出れば一斉に細かいあら捜しをはじめて、「この新作ここがダメだからクソゲーだよ。買わないほうがいい」「アマゾンのレビュー見てみろよ。やっぱり買わなかった俺は正しかったんだ」なんてふうにドヤりあっている。

あとは「俺のほうが上手い」というようなくだらない背比べの発展。
動画投稿サイトを見てみると、発売直後にプレイ動画をあげる人、それを早々に観て「俺のほうが初見で上手かったよ」などと背比べをしている人が別に珍しくもない。コメントでの言い争いになっているケースも珍しくない。しかも「上には上がいる」という物事の大原則を受け入れる懐の深さも見られない。それが10代20代ならともかく、いい歳したおっさんが参戦しているようなことも度々目にする。

なんだろう。なんというか、娯楽作品が人を見下すための道具に、人と優越を競ってコンプレックスを埋めるための道具になってしまってるようで気持ちが悪い。自分はすごいんだぞ、ダメな大人じゃないんだぞと思いたくて仕方がないような。

人生を彩る材料ではなく、はけ口として使われていて、「新作が出た!うひょー!楽しみだなぁ!!!よっしゃやるぞ!」という純粋な遊び心が欠けているように思えるのである。

そう、ひねくれていて、『純粋な遊び心』『気持ちよさ』が無くなってしまっている気がしてならない。だから余計に、「引きこもってて性根が腐っていて気持ち悪い…」というイメージが強くなってしまうのではないか。

逆に、小室哲哉とかイチローとか羽生善治みたいなかっこいいプロフェッショナルは、情熱や遊び心があって活発で、成績を追い求めるだけでなく娯楽(商売道具)によって心を豊かに育んでいるかっこいいヲタクだ。
つまらない背比べをするんじゃなく、極め、高めあっている。
だから尊敬されるんではないだろうか。

ビデオゲームでもプロが存在するけど、たとえばウメハラ選手や、ときど選手、ネモ選手、NAGE(ナゲ)選手なんかは、
やっぱり格ゲーという娯楽作品を楽しんで、作品の長所短所を分析して、試行錯誤し、哲学し、極めている。プロでなくても、トッププレイヤーで居続ける方たちにはそういう人が多い。インタビュー映像や記事を観てみると、受け答えもちゃんとしていたり、確かな哲学があったりする。

参考記事:

1.  ガジェット通信 ウメハラロングインタビュー!! EVOへの意気込み+50の質問

2.  【プロゲーマー・ネモの勝てるゲーマー論】 第1回 格闘ゲームの上達は攻略を鵜呑みにするな

 

「ゲームが趣味でキモくてごめんなさいねーw」
「俺はこんなに強いんだ。どうだ、ゴミども」
というダークサイドに堕ちて仕事をしているような人物はあまり見ない。
だからこそ、「アスリート」として世界中のプレイヤーから注目され尊敬されるのだろう。
そしてそのおかげで業界全体が熱くなる。

事実、彼らプロゲーマーの哲学書などは、一般のサラリーマンが読んでも為になる人生論・仕事論がたくさん書かれていて、買われている。

決して「ゲームが得意」「楽しい」だけでは勝ち続けられない世界で、前を向いて毎日鍛錬をつまなければ置いて行かれる過酷な世界で成果を出し続ける彼らは、オリンピックに出るスポーツ選手とそん色ないのだ。扱う道具が違うだけであって。

おなじゲームというインドアな趣味でも、自分に自信が持てずモジモジして、ゲームのうまさで必要以上に背比べしたり早々にネガキャンレビューを書いて自分の有能性を必死にアピールし満たされようとしている根暗ヲタクとは、大違いである。

稼いでいるかどうかの違いではなくて、姿勢の違いである。
姿勢が違うから、センスによっては仕事にもできるし、仕事にしてもかっこよく見られるのではないだろうか。

 

そして、別にキモいのはヲタクだけじゃない。

ゲームのプロを観て「たかがゲームでなに、プロとかwきもw」「楽しくお金稼げていいよねw」「俺は正社員だからこいつらと違ってまっとうな人間なんだよねー」などと思ってしまう一般人、「俺はゲームなんてやらない真人間なんだ」というドヤり方をしている人たちも、キモさではヲタクに負けていない。固定観念がつよく、自分の狭い世界に閉じこもって物を見てしまうからだ。

このようなキモさの根本的な原因は、

自分の人生に対する強いコンプレックス(俺の人生こんなはずじゃないという恨みつらみ・妬み)や、

自分の人生に集中できず自信を持てず、どうしても赤の他人の職種や年収や生活態度などが気になってしまう精神状態などに在るんだと思う。

 

 

どうすればキモくないヲタクでいられるのか

遊び心と向上心を忘れないこと。
趣味や特技を、コンプレックスを埋めるための道具とせず、
人生に面白みを与えたり自分の魅力を高めたりするための材料として満喫すること。

これが一番だと思う。

自分は下手だからダメなんだとか、
インドアでダメな人間なんだとか、
アニメ好きだと思われたくないとか、
そのようなマイナスな気持ちで趣味をしないこと。

これが生き方そのものや、仕事に取り組む姿勢にもつながる。

 

コンプレックスがあるのなら、それをウジウジして腐らせず、

膨張して抑えられない怪物になる前に埋めてやることだと思う。

勉強も仕事も、「世間がこう言っているから」で流されるのではなく、自分に合うものをとことん探してそれを極めたほうが気持ちがいいに決まっている。

努力は、自分に必要なとき、必要なだけすればいいのだ。
努力の程度を他人と比べて優劣を競うと、キリが無くなる。

自分にとって「やらなきゃいけないこと」「成長しなきゃいけないこと」を野放しにしておくと、性根が腐るもんだ。これは学生でも社会人でも一緒じゃあないだろうか。最大限努力して、それではじめて他人や環境のせいにして嘆けばいいと思う。

日本人はもっと前向きに、フェアに生きていいと思うのである。いつまでもブラックムードだと国そのものがどんどん腐っていく気がする。
考えることや自分を磨くことよりもさきに他人のあら捜しをして喜ぶ人が、最近多いなあと感じる。
ネットは社会の縮図。そういうものが見えやすくて、学ぶことも多いのではないだろうか。

アマゾンで買った、めちゃめちゃ暖かいジャージを紹介

最近少しずつ寒くなってきたので、夜のジョギング用にジャージのセットがほしいと思いAmazonさんで探していたら、よさそうなものを見つけました。商品名は

BICMART ビックマート スウェット スエット 上下 パーカー ジャージ パンツ 上下セット セットアップD27

少し悩んだ末ポチっとな。
今日届いたんですが、モノは期待以上でした。
価格も上下セットで¥ 3,980とお手頃だったので、大満足です。

 

実物の質感が伝わればと思い、着用した状態で写真を撮ってみました。

BICMARTジャージ上下セットD27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビックマート,ジャージ,bicmart,D27,Amazon,レビュー,写真,画像

 

BICMARTジャージ上下セットD27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルは自分で、身長176cm体重65kgでMサイズを着用しています。

 

生地は購入ページの写真イメージより厚くふかふかしていて、実際あったかく、肌寒い日に重宝しそうなかんじ。

上着の着心地は、しめつけのないゆったりした感覚で、最高。

伸びる素材ではないですが動きやすく、運動着にも普段着にもマッチしそうで、ほんとにいい買い物をしました。

違う色も買ってみようかな…

 

※ただ股上など丈が全体的に短めなので、普段着ている服よりもワンサイズあるいはツーサイズ上を購入したほうがいいでしょう。

 

運動用に、部屋着に、ちょっとしたお出かけ用に、

みなさんも購入してみてはいかがでしょうか。

ちなみに色はブラック,ダークブルー,ライトグレイ,レッドアンドブルー,スカイブルーの5色。

どれもかっこいいので、じっくり悩んでください。

アクティビティトラッカー,活動量計,jawbone,withings,Withings GO,安い,おすすめ

Apple WatchよりWithings Go買ったほうがいい

最近はやりのウェアラブル活動量計、通称アクティビティトラッカー。毎日の運動の目標をわかりやすくしてくれる素晴らしいものです。
目標を管理してくれるパートナーが居るのといないのでは、継続力がぜんぜん違う。その”パートナー”になってくれるのが、アクティビティトラッカーというわけ。

着けているだけで、歩いているのか走っているのか、あらかじめ入力してある身長体重から計算して判断し、歩行距離や消費カロリーを計算し記録してくれますから、その日の目標達成率と、今後の目標が立てやすいすぐれもの。

 

自分も話題性に惹かれてJawbone UP24というやつを使っていたんですが、残念ながら何か月かして壊れてしまいました。
それからなにも使っていなかったんですが、先日ものすごくシンプルでよさそうなものを見つけたので買ってみました。
それが『Withings GO』。

Withingsというブランドはこれまでにもいくつかの健康管理機器を発売してきたのですが、どれもけっこう高価でなかなか手をださずにいました。
しかし今回新発売したWithings GOは、1万円札一枚で買えてしまうお手頃価格。
丁度トラッカーをひとつ欲しかったので購入した次第。

この記事ではその使用感を正直かつ簡単にまとめます。(1週間くらい使用済み)

 

 

デザイン・視認性

まずデザインは最高。シンプルですが安っぽさを感じません。時計のような見た目で、運動量もメーター式に表示されていて、一目瞭然。
ディスプレイにはkindle paper whiteとおなじ「電子ペーパー」を採用していて、視認性もばつぐん。日の光が強い場所でも容易に確認できます。ただし、電池節約のためかバックライト機能は無いです。暗所での確認には明かりが必要ですのでご注意ください。

ディスプレイまんなかのボタンを押しこむと数秒時計に切り替わって、一応時刻もアバウトに確認することができます。
ただ常に時計が表示されるように切り替わるわけではないので、あくまでも時計機能はおまけと思っといたほうがいいですね。

 

装着感

装着感も最高ですね。私は男ながら腕が細いのでけっこうきつめにしめているんですが、ぜんぜん痛くありません。バンドがシリコンなのでなめらかでやさしくフィットし、腕も赤くなりにくいですね。汗ですべることもありません。それと本体がかなり軽いので、神経質で腕時計をつけられない私でも、1日中つけていてほとんどストレスを感じないです。ちなみに装着には、付属のリストバンドを使った時計スタイルと、一緒に付属しているクリップをつかったクリップスタイル、あとはキーホルダースタイルを自由に選べます。

男性サイズ女性サイズと分かれていないのは、ほとんどどのような腕の太さにもフィットするからです。調整も簡単なのでそこはご安心を。

 

アプリの操作性

1日あたりの歩数の目標設定と、消費カロリーなどの細かい項目の確認にはアプリを用います。

1日の活動がおわったら専用のHealth Mateアプリを起動、Bluetooth接続で自動的に同期。

試しにiPhoneを持たずにWithings Goだけつけてジョギングに出かけてみましたところ、帰宅後アプリを起動したら、アプリのほうに無事同期して記録をつけてくれました。スマホを身に着けていなくても、ちゃんとギア本体だけで運動量が記録されているようです。

アプリもシンプルで結構つかいやすいですね。海外の製品なのでところどころ英語のところもありますが、読解力は必要ではありません。直観で操作できます。

 

防水性能

あとこの製品の魅力として、防水性能がすごくしっかりしているということが挙げられます。人柱になる覚悟で、装着したままお風呂に入ってみましたが、シャワーだけでなくシャンプーもぜんぜんOK。変色もありませんでしたし、そのまま湯船にがっつり浸かってもなにも異常ありませんでした。ちなみにそのとき湯船には入浴剤もたっぷり入ってました。

これだけの防水性能があれば、ちょっとくらい雨が降っていてもワークアウトする気になりますし、もし外出中に豪雨になってもぜんぜん気にせずにすみます。

 

 

まとめ

以上のことをまとめて、個人的な評価としては☆5つ中、☆4つ半をつけたいと思います。
運動初心者やアクティビティトラッカー入門編としては間違いなく最高の代物だし、
運動中級者レベルの方までに一番おすすめしたいトラッカーです。

歩数と歩行距離と消費カロリー(水泳もOK)、睡眠の計測もしてくれるので、日ごろの健康管理の強い味方になってくれるでしょう。

☆を4つ半にしたのは、運動上級者の方の場合はもっと高性能で多機能なものを求めるかもしれないと思ったからです。
製品そのものにはなんの不満もありませんので、あしからず。

完全防水ですし、値段の割に頑丈なので、末永く使えそうです。

 

アクティブトラッカーひとつ欲しいなと思ったら、アップルウォッチなんて高価なものよりもこっちを選んだほうが絶対お得。

 

※色がポップなので、あまり目立たないように使用したいという方はブラックを選んでください。

シドニー大学医学大学院,運動,何分,健康,有酸素運動,飲酒,ウォーキング,ジョギング,死亡リスク

運動がどれだけ健康にいいか…その具体的な数字がついに出た!

今日ツイッターを見ていたら、実に興味深いニュースがつぶやかれていました。
結論からいうと、「週に150分間程度の有酸素運動を続けることで、飲酒等によるガン死亡リスクを完全に相殺できる」というもの。

これネットでCNNが発表したもので、長い期間にわたる調査の結果のようでして、信憑性はありそうです。

 

記事によれば、

シドニー大学医学大学院の准教授ら研究チームが、イングランドとスコットランドにおいて、40歳以上の3万6370人を対象にある調査を行ったそうです。この被験者たちを、あまり運動をしていないグループと、運動をよくするグループ、中くらいのグループの3つに分類。そのアルコール消費量を調べたということ。

平均約10年間にわたる調査機関の間、死亡したのが5735人。
飲酒量が多いと死亡率もあがる傾向があり、逆に一生お酒を飲まなかった人の死亡率は、あらゆる死因について低かったといいます(当然健康面の死亡リスクに限ります)。

 

やっぱりお酒って体に悪いんですね(´・ω・`)
たしなむ程度が一番か。

それとこの調査から、水泳や早歩きなどの運動を週に150分間ほど行っていると、ガンによる死亡リスクはほとんどなくなっていることが分かったそうです。

 

元記事→ 飲酒による死亡リスク、運動で帳消しに 英誌研究

 

「運動が体にいい」ということはずっと世間で一般常識として言われていて、ウォーキングやジョギングでも続けてみようかと思っている方も多いでしょうが、運動量の目安ってなかなかわからないものです。目安がわからないと目標を設定しづらく、続かないことも多いでしょう。 私もジョギングを日課にしていますが、距離や時間は目安がハッキリしていないので億劫になることも多々あります。今回このような調査結果が出されたことは実に興味深く、タメになります。

週に150分間ということは、平日に毎日ジョギングするとして1日30分間でいいということですから、そんなに大変ではありません。
運動不足で悩んでいる方、まずは1日15分間くらいから時間を伸ばしていってみてはいかがですか?

 

 

約1万円!入門用におすすめの格安タブレット

パソコンほしいんだけど、デスクトップもノートも高すぎる…かといってタブレットも数万はするしなあ…
という人、けっこう居ると思うんですよね。

「別にネトゲが出来なくてもいい。ニコニコとかYoutubeとかで動画や生放送見たり、料理のレシピを調べたり、その程度のことができれば文句ないのに…欲を言えばディスプレイは綺麗なのがいい…」

という人に絶対おすすめしたいタブレットがあります。

 

ズバりこれです。アマゾンでもう色々迷った末に購入したんですが、いいですよこれ。
(1月前くらいに購入)

「1万円で買える、使えるタブレット」を謳っているだけあって1万円ちょっとで買えてしまうんですが、この値段でありながら、ニコニコとかYoutubeとかで動画を見る分にはぜんぜんカクつかない。再生開始にもあまり待ちません。Twitchで生放送を見るのも快適でした。ちなみに動画サイトを見るときはいつもAndoroidアプリを使用してます。

CPUが一応クアッドコア(核部分が4つ搭載されているCPU)なので、アプリ起動も速いしタイピングもモタつきません。

あと何よりうれしいのが、視野角が広いこと。視野角が上下左右に結構ひろいので動画も見やすいし、ネットでレシピを見ながら料理をしたりするのもめちゃくちゃ楽です。明るさも結構あります。ディスプレイも美しく、画素も不足ないかんじでした。

ツイキャスでテスト配信もしてみましたが、配信も快適にできます。
一応ゲームもある程度のものは出来るようですが、自分はまだ試してません。
ただ、タブレット用のアプリ、WoTとか艦コレくらいは余裕でできると思います。

見た目も高級感があって、持ち歩いてて気持ちがいい。
画面サイズは7インチ。片手でやすやすと持てます。重さも非常に軽い!
これだけいいものを1万円で買えたことが素直にうれしく、いつも楽しんでいます。

※ただHDD容量は8GBと少ないので、動画や音楽をガンガン保存することはちょっとできません。(一応容量はSDカードで増強ができます)

 

 

ただ、タブレットを使用しているとやっぱりキーボードがほしくなることがあると思うんですよね。
自分がこのタブレットと一緒に買ったものがこちら。

7インチ,8インチタブレット用のケースキーボードです。
アマゾンの商品画像ではサムスンのタブレットが使用されていますが、ファーウェイT1 7.0もサイズはぴったりでした。

このケースも、非常に良い。
見た目はかわいくそれでいてオトナっぽいし、キーボードも打ちやすいです。
(3000円しかしないのに、まったく安っぽくないです)

Bluetoothの認識もすばやく、打ち込みにもラグはほとんど無い印象。

カバーは肌触りのやわらかい合成皮で、それでいてタブレットをしっかり保護してくれますし、大きさもちょうどいいです。いつもちっちゃいショルダーバッグに入れて持ち歩いています。タブレットもしっかり固定してくれるので、タブレットを入れたまま縦にしてもだいじょうぶ。

ちょっとした書類作成やブログ執筆くらいなら、この2つを持ち歩いていれば事欠きませんから、よく出歩くブロガーや、大学生にもおすすめですね。たぶん、学校や会社に持っていったら、「なにそれかわいい!」と言われると思います。それくらい良いかんじの組み合わせです。

 

 

以上、実際に購入して愛用している筆者によるレビューでした。

「パソコンでネットしたいんだけどどれも高い…この際タブレットでもいいかな」という人には本当に本当におすすめしたいセットです。合わせて2万円いかないですから、お金を節約していいものを買いたい方にはうってつけだと思います。ハードな使い方をしないなら、無理してノートパソコンを買うこともないですからね。

ぜひ検討してみてください。

1 2