コーヒー好きのコーヒー好きによるコーヒー好きのための映画

突然ですが、皆さん、コーヒーはお好きでしょうか。
私は大好きです。

あの刺激的で包容力のある香り、苦いだけではない深みのある味わい・・・・に加えてあのシックな色。
なんというか、まさに「大人の飲み物」といった雰囲気をもった飲料だと思います。

 

 

そんなコーヒーの歴史のはじまりは大昔までさかのぼるわけですが・・・
UCCのホームページによれば、コーヒーが持つ薬理効果が最初に記されたのは、なんと西暦900年頃だそうです。

その文献の著者はアラビアの医師だったラーゼスという人物。

驚くべきことに彼は「コーヒーには消化や強心、利尿の効果がある」という効果をすでに認めていて、コーヒーの種を煮出した“バンカム”という汁を、患者に飲ませていたそうです。

今から1000年以上前にすでにコーヒーのことをそこまで理解していたというのは、驚きですね。

 

 

そのすぐ後、9世紀後半から10世紀前半にかけて生きたイスラム教徒の医師アヴィセンナも、おなじような薬理作用を記していて、同時に、「熱さ口当たりよさ第一級なり。人によりてはその興ざましなること第一級。身体各部を強化し、皮膚を清めて湿りを取り去り、香りを生む」と、医学的な効能をくわしく記していたんだそうです。

 

 

このような飲料としての起源から1000年以上を経た今日に至るまで、コーヒーは、単なる趣向品(しゅこうひん)としてだけでなく、薬としても高い価値を認められています。

 

 

 

 

コーヒーのドキュメンタリー映画?


そんなコーヒーのドキュメンタリー映画が、12月に公開されます。

タオトルは『A FILM ABOUT COFFEE』

コーヒーというと、いまや自販機やコンビニ、全国チェーン店において気軽に飲める、ファッション感覚の飲料のようになっています。

が、その流れに抗い(あらが‐い)

いまいちど、古きよき喫茶店の、「量より質」のコーヒーのよさを感じてもらおうとする意図が、この映画にはあるように思います。

 

 

本映画では、

―コーヒーを愛するすべての人におくる
 Seed to Cup (種からカップまで)の物語―

をテーマに、

現代のコーヒー業界を牽引する都市であるニューヨーク・サンフランシスコ・ポートランド・シアトル・東京のそれぞれに住まう、コーヒーのプロフェッショナルたちを取材。彼らのコーヒーに注ぐ哲学、その仕事模様をドキュメンタリーにまとめているようです。

 

厳選され大切に育てられたたコーヒー豆が、どういった過程を経て、どんな人々のどんな哲学に触れ、どんな熟練の腕によって1杯のコーヒーに仕上がるのか・・・

コーヒー好きなら観ておいて損のない映画ではないでしょうか。

 

 

公開時期も、ちょうど寒さが深まってコーヒーであたたまりたくなる季節。
映画を見てコーヒーに対する想いを深めてから、お気に入りの喫茶店で1杯・・・いいかもしれません。いまから公開が楽しみです。

「A FILM ABOUT COFFEE(ア・フィルム・アバウト・コーヒー)」公式ページ: http://afilmaboutcoffee.jp

【銀魂】銀時・土方モデルのファッション雑貨が熱い!

アニメやゲームとコラボレーションしたアパレル・雑貨を販売しているネットの大手通販サイト『SuperGroupies』。

そこで、あの超人気漫画「銀魂」コラボレーショングッズが多数発売、今日から9月26日までの期間限定で予約を受け付けています。

SuperGroupiesのつぶやきは以下のとおり

 

 

 

 

今回のグッズイメージキャラクターは、銀魂のなかでも不動の人気を誇る2人、

坂田銀時と、

土方十四朗。

 

公式サイトでは、モデルさんにグッズを着用させた写真を複数確認できます。

トートバッグにスニーカー、リストウォッチ、帽子、Tシャツ、ネックレス、リング、ブレスレットと、購買欲をくすぐるものばかり・・・

 

公式サイトに掲載されている画像でモデルさんが着用しているグッズを買うと、

アイテム1つにつき銀時、土方のイラスト(グッズ着用姿)がプレゼントでついてくるそう。

銀時モデルを買うと銀時のイラスト、

土方モデルを買うと土方のイラストが手に入るようですね

 

どちらのイラストも、モデルさんがグッズを着用している姿を元に書き下ろしてあるので、たたずまいなんかが非常にリアルです。

 

 

銀魂ファンならもちろん大歓喜でしょうけども、

ファンでなくてもほしくなるデザインのアイテムが結構そろってます。

ぜひとも公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

【森永】飲む「小枝」!?ドリンク登場。Amazonで買える

キャラメルやチョコレートの老舗である大手菓子製造業者「森永」

人気商品のひとつに、チョコレート菓子「小枝」があります。
当初、こえだをこわざと読み間違えるCMがなんとなく印象的だった記憶があります。

初登場からもうはや数年、安定した売り上げを出しているようで、
すっかりロングセラー商品に数えられるようになりました。

 

そんな小技のチョコレートドリンクが、期間限定で登場。
さて、おいしいのかどうか、ということで発売前である今から注目が集まっています。

公開されているパッケージのデザインはこんなかんじ。

 

ふたは赤。

上のほうではしっかり「小枝のドリンクですよ!」ということをアピール、

下のほうには、おいしそうにとろけるチョコレートが溜まっていて、

秋冬にぴったりな色合いになっています。

 

味が小枝そのものだとすれば、おいしくないわけがない。
個人的に、これでホットもあればめちゃくちゃうれしいですね。

秋冬に飲むホットココア、ホットチョコレートって最高じゃないですか。
いやぁ、いまからよだれが・・・

 

 

小枝ドリンクは8月25日から全国で発売。 11月中旬まで販売を継続する予定だそうです。

評判次第で続投してくれないかなぁ・・・

 

決闘裁判復活か?自由の国アメリカと言われるワケ

今では、人間の罪を裁くのは「法」であるのが当たり前。
が、昔は違いました。

中世のヨーロッパでは、
人の罪を裁くのは「神」だったのです。

その頃は、「神は正しい者に勝利を授ける」という考え方が一般的だったんだそうですね。そもそもは、神を信奉して疑わない王族が国を仕切っていましたからでもあります。昔の人たちは今よりもっと信仰に厚かったですからねえ・・・それは日本でも同じだったと思います。

 

一応、裁判というものもあったようなんですが、
今のように憲法・刑法・民法・・・
なんてふうにしっかり細かく制定されていたわけではありませんでしたから、

証拠が不十分だったり審判に文句があったりすると、
決闘で決着をつけていたようです。

要するに結局は「力こそ正義」だったんですよね。

 

アニメ『純潔のマリア』でも、王政と宗教的価値観が支配する時代のおはなしでしたから、登場人物のひとりである傭兵のガルファという男が、浮気の審判を決闘で決めるよう命じられていた記憶があります。

 

この決闘文化、勝ったほうは無罪となり負けたほうは処刑されるという残酷なものだったそうですが、男性と女性が決闘する場合には女性は地形的に有利な条件が与えられたり、人間と犬が決闘する場合には人間に武器を与え、犬には避難用の穴を設けるなど、それなりに公平になるよう配慮されてたんだとか。

 

 

 

 

 

決闘裁判復活か?


 

そんな、現代では映画やアニメといった架空の世界でしか見る機会のない決闘裁判ですが・・・とうとうあの自由の国アメリカで、裁判の決着を決闘でつけるように申し出る弁護士が出てきました。

詐欺事件の案件でリチャード・ルースマンという弁護士が弁護を担当。
現行犯逮捕ということで被告の有罪は濃厚だったそうなんですが、
この弁護士、有能なのか何なのか、議論を二転三転重ね、結果として、
「裁判の決着を決闘でつけさせて」という内容の請願書(10ページにも及ぶ)を提出したんだそうです。

で、そんなことが通るものかと思ったんですが・・・
そこはさすが自由の国アメリカ。

 

どうやらアメリカ合衆国憲法では、「それが憲法に明記されていないものであっても、国民の諸権利を否定してはならない」ということが書かれているらしく、

今回の申し出も一考される可能性があるようです。

なにせ、ここで“国民が決闘によって勝敗を決める権利”を否定すれば、憲法の記述に反すると判断され訴えられかねないからです。

なんてこった。たびたびテレビでアメリカの面白い、飛びぬけた判決などを特集していることがありますが、ほんとに自由なんですね、アメリカという国は。

 

とはいえ、これでもし決闘裁判が復活すると、アメリカに住む現代人たちにとっては、たとえ犯罪とは無縁の善良な一般市民であっても、他人事ではなくなるんじゃないでしょうか・・・だって、自分が被害者になっても、決着を決闘でつけなければいけなくなる「かも」しれないんですから。

 

 

参考URL:裁判の決着を「決闘」でつけるようニューヨークの弁護士が裁判所に求める

【雑学】中世ヨーロッパでは「決闘」で裁判の結果を決めていた?

日光浴がどれだけ健康にいいか

皆さん、日光は浴びていますか?

「そりゃ毎日仕事で歩いているからさんざん浴びてるよ」という方は一安心でしょうか。

 

「なにが一安心か!暑くてしんじゃうよ~」と言いたい気持ちも分かります。
この猛暑のなか、熱中症にならないように日陰を歩いたり屋内で過ごしたりという方は多いでしょう。もちろん、強い日差しを浴びすぎて日射病や熱射病,熱中症にならないように努めることはとても大事。

しかし、日ごろから極端に日光を避けていると、大変なことになるかもしれません・・・今回はそんなお話。

 

 

 

日光不足が招く「くる病」とは


 

日本小児分泌学会などの団体からの情報によれば、戦前・戦時中に流行していた「くる病」とよばれる病気が、最近また増え始めているということなのです。

 

くる病とは、17世紀のイギリスではじめて報告された病気で、骨がカルシウムを吸収して強くなるときに必要不可欠な栄養素ビタミンDが不足して、骨が弱く柔らかくなるもの。

典型的なものとして、乳幼児の、背中が極端に丸くなったり重度のO脚になったりといった症例があります。むかし、今のように生活水準が高くなかった頃は、下の写真のような子供が多かったようで、これは現在でも、貧しい国では見られる症状だそうです。

 

 

このくる病、「ただ背中が曲がるだけか」で済む話ではありません。

O脚やX脚背骨の湾曲(わんきょく)頭蓋骨が柔らかくなってしまう症状、肋骨の一部がコブのように膨らんでしまう症状・・・カルシウムで出来ている歯も弱くなるので虫歯にもなりやすくなります。

ほかに、テタニーといってカルシウム・マグネシウムなどの不足によって手足が痺れる症状が出ることも。これは重いものでは呼吸筋全身の筋肉まで固まってうまく動かなくなったりするらしいです。

 

 

くる病は、遺伝などによって先天的に持っている場合もありますが、後天的になる原因としては、偏った食生活によるカルシウム不足ビタミンD不足日光を浴びなさ過ぎたことによるビタミンD生成不足などが挙げられます。

 

ビタミンDは日光をある程度の時間浴び続けることで体のなかで生成されます。よって「くる病」は、屋内にとじこもりがちな高齢者に多い病気なのですが・・・最近では、日差しを避けて屋内で生活する若者も増えています。

 

それに、「自分の子供をあまり日光にさらしたくない」という考えで、子供たちをあまり外に出さないように保護する親もわりと居るんだとか。

戦後すぐは、適度な日光浴が推奨されていたようですが、最近では母子手帳でも、夏の日差しが強くなったことなどによって、日光浴のすすめが成されていないらしく・・・子供たちの中にくる病患者が増えてきているそうなのです。

 

これは先進国たる日本としては意外な・・・いや、豊かだからこそ出てきたとも言える問題かもしれません。

 

 

 

気がついたらすぐに病院へ


くる病になってしまっても、たいていは病院に行って、活性型のビタミンDを投与してもらえば1ヶ月程度で、すくなくとも骨の変形は治るそうです。

お子さんや御自身、恋人、ご家族のなかに、似たような症状が思い当たる場合は、念のためすぐに病院へ行ってみることをおすすめします。

 

今年の夏もものすごく暑い。熱中症や脱水症状に気を使うと同時に、適度に日光を浴びるように気をつけていきましょう。 いろいろ調べてみたところ、健康維持のためには日光を1日に1度、20分以上浴びるのが適切だと思われます。

Youtuber「PewDiePie」の、お金の話

世界的最大手動画共有サイト『Youtube』では、数年前から本格的に、“パートナー契約を結んだユーザーの動画に広告を掲載させ、その再生数に応じて、ユーザーに対して広告紹介料を支払う”という仕組みの、動画クリエイター応援プログラム「Youtubeパートナー」を導入している。

この機能、ユーザーにとっては動画を作成・投稿するだけで、うまく当たれば大金を稼ぐことも夢ではないため大変喜ばしいものであり、利用しはじめているユーザーがここ数年で急増している。実際、この機能を利用して年収数千万~数億を稼ぎだしているユーザーも居るのだ。

Youtubeパートナー利用者の中でも、その収入だけで生計をたてているものを「Youtuber」と呼ぶ。彼らはいまやネットではちょっとした有名人であり、ネットの世界の芸能人のような存在になっている。

 

日本人Youtuberで有名なのがこのひとたち


日ごろから「面白いコンテンツを届けたい!」という名目で、こうした、ただの悪ふざけにしか見えないような動画を投稿。これによって広告収入を得て生活している超有名人である。彼らはなんと、この活動だけで年収数千万~数億稼ぎ出しているのだ。HIKAKIN氏は、『僕の仕事はYoutuber』なんて本も出している。

 

このように、Youtuberは動画の再生数をとにかく稼いで広告を拡散したもん勝ちの世界。一発当たって名前が売れて、囲いと呼ばれるファンを一定数獲得してしまえば、あとはどんな動画を出してもたいていお金になるという感じ。
この決してスマートとはいえない金の稼ぎ方から、「こんなもんのどこが仕事なんだ!」という批判の声もかなり多いのも現実である。

 

 

 

中にはクリエイターと呼ぶにふさわしい人も


 

しかしそんな中、しっかりと努力して面白いもの・為になるものを作ろうとしている気概を感じられるYoutuberが居るのも事実。私が知るところでは、

この人や

この人などがそうである

この人たちは、動画という作品にたいしての誠意が感じられてなかなかいいんじゃないかと思う。瀬戸氏は舞台俳優として舞台に立ったり、脚本を書いたりもしているという多彩な方で、動画内の寸劇なんかも面白みがあるし、

KAZUYA氏に至っては地方に自分で赴いて講演会などに参加、地方の政治家たちとともに政治について語るところまでしているため、政治を単に金稼ぎの釣り餌ではなく、本気で意識しているんだなという誠実さを感じさせるのだ。

 

 

 

Youtube界のカリスマ『PewDiePie』


そんなYoutuberのなかに、なんと年収9億も稼ぐカリスマが居るそうだ。

彼の名はPewDiePie。本名はフェリックス・シェルベリというらしい。

 

こんなふうにホラーゲームを中心に、しゃべりながらプレイする「ゲーム実況」というジャンルの動画を数々投稿して一躍有名となった彼。編集のうまさや、軽快なトーク、加えてなかなかのイケメンということで、Youtubeにおいてのチャンネル登録者数は、今見た段階で37,929,833人。これはかなりの数である。

彼の動画をいくつか観たところ、日常の喧騒からはなれてホラーゲームを純粋に楽しむ・・・という意味では、かなり満足できる動画をつくる人かもしれない。

しかも彼は金を稼いでいるだけではなく、自分で募金団体を立ち上げたりもしているので、なかなかに尊敬に値する人物といえよう。たぶんこういう人種は、Youtuberとして稼げなくなっても生産社会でやっていけるだろう。

 

しかしながら、あまりにも広告収益が多いため、やはりいいイメージを持っていない人も少なくない。

その彼が、7月7日、「お金について話そう」という赤裸々な動画を公開した。
やはり彼なりに、いろいろとYoutubeで大金を稼ぐという行為に対する批判が飛び交っているのが気になって、ついに本音を明かそうとおもったのだろう。

動画のなかで彼は、「もちろんお金が嫌いなわけじゃない」「お金は関係ないなんてことは思ってない(つまり慈善事業ではない)」「誰だってお金はほしいだろ?」と本心を明かしている。

その上で、

「2010年、YouTubeにゲーム動画の投稿を始めたころは大学生だった。学費を払うのに学生ローンを組み、ゲームをするPCも満足に買える状況ではなかった」
「その後大学を中退し、ホットドッグスタンドで働きながら動画投稿を続けてきた」

と、不遇の過去を語りながら、

「当時やりたいこと(動画投稿)をするために出来る仕事を選んだだけで、不幸せでは全くなかった」
「今、お金を稼いでいるからって幸せな訳じゃない。幸せの度合いは当時と同じくらい。もちろん、家賃の心配をする必要がなくて幸せというのはあるけれど、それくらいで、それ以上の変化は無いよ」

と、Youtuberという仕事についてだけでなく、お金というものについての想いを打ち明けた。

つまり、大金を稼ぐようになったからといって価値観が大きく変わったわけではないということである。

 

 

「大金を稼いでいることばかり批判のタネにされて、募金団体を立ち上げたりしていることは取り上げられないのは残念」とも言っている。

 

 

 

感想


 

Youtuberが動画で「動画を投稿することでどのくらいお金が稼げるか」ということを明かすことは、度々ある。

しかし、彼のようにお金そのものへの想いについて一本の動画に録ってUPするということは、珍しいのではないだろうか。

彼のような人物のこのような話を聴くと、ちゃんと誠意と向上心を持ってやっているなら、Youtuberというやり方も「仕事」と呼ぶにふさわしいのではないか・・・と感じるのである。

それができているがゆえに、彼の動画の評価はどれも高めである。

 

世間の人たちが汗水たらして働くなか、動画を投稿して再生数をかせぐだけで生計をたてるYoutuber.彼らが一般の人たちよりも楽をして大金を得ていることは言うまでも無い。それゆえに批判の声も多い。

だがしかし、社会というのは決して、きれいごとで回っているわけではない。いつだって大人というのは汚いものだし、この世の中はセコいのだ。

 

あからさまに他人の人生を妨害することなく、バカにすることなく、デリカシーの無い方法で稼ぐのではなく、それなりに誠意と情熱をこめてサービスを提供し金を稼ぎ続けることが重要なんだと思う。

「広告収入」で稼ぐというのは、ネットが浸透しきった現代社会においては必然であり、あとはユーザーの真摯(しんし)な使い方が試されるのだろう。

ガリガリ君「スイカ味」が好評!秋冬には何味が出る?

6月30日に発売したガリガリ君の新しい味「スイカ味」。

正直私としては、スイカ味のアイスといえばスイカバーしか考えられませんで、どうかな~~と思っていたんですが、今日コンビニで見当たったので購入・試食してみて・・・素直に「美味しい!」と感じました。

 

ツイッターなんかでも評判で、美味しい美味しい言われているんですが、中には「スイカ味というよりはイチゴ味」「メロン味っぽい」といったように、スイカの味を再現できているかどうかについて疑問の声も上がっている様子。

 

本物のスイカのように塩を振って食べる人もいるみたいですね・・・当たり前のようでなかなか思いつかないアイデア。面白い!
しかし、毎年毎年いろいろとおもしろい味を出してきますよねーこのアイスは(笑)

 

過去にもいろいろな面白テイストが登場し、そのつど話題になっていました。

記憶に新しいものだとコーン・ポタージュ味。それからハチミツレモン、カフェオレ、キウイ、プリンプリン、梨味など。今のところ初登場の味はほとんど試していますが、まずいと思ったことは意外と少ないんですよ。何気にすばらしい開発能力だと思います。

 

 

ちょっと気が早いですが、夏が終わって秋冬になったらどんな味が出てくるでしょうか・・・

秋といえば月見、ってことでお団子味とか・・・冬にはおでん味とか・・・無いか(笑) なにはともあれ、「新商品」って、日常にちょっとした刺激を与えてくれるものなので好きですね。今後もどんな味が登場してくるか、楽しみであります。

【喋る!】ガンダムのハロみたいなスピーカーがなんか凄い

SONYがまた面白い商品を発売します。

Bluetoothスピーカー「BSP60」は、専用アプリでAndroidスマートフォンと連携。ボイスコントロール機能が内臓されていて、本体に話しかけるだけで音楽の再生通話の発信メッセージの音読などを自動で行ってくれます

また、アラーム機能も内臓されていて、動画のように天気の情報などを添えて起こしてくれる模様。

 

 

音楽を再生する際には、リズムにのってLEDを光らせながら踊りだす楽しさも。

元来音を再生するためにあった「スピーカー」という商品に、スマートフォンのような頭脳をプラスしたSONY。なかなか面白い試みですね。しかし、しゃべるという意味ではこれがほんとの“スピーカー”でしょうか。

 

それにしてもこれ、見た目がガンダムハロそっくり。

ガンダムファンがこぞって欲しがる・・・かも?

 

 

発売日は7月11日

値段はソニーストアで37,880 円+税」とちょっと高いですが、特に音楽を聴く用事がなくても、デスクに置きたくなってしまいそうな商品です。

ガラケーとスマホを合体させてみた au新機種

Appleの「iPhone」が世に浸透して火付け役となって以来、次々と他会社からも新機種が登場し、すっかり当たり前となったスマートフォン、通称:スマホ。

通話やメールは当たり前。高画質のカメラで写真を撮ったり、地図を見たり、ネットをしたり・・・アプリケーションをインストールすれば、ほかにもいろいろなことが可能で、現代人の必須アイテムとなっている感は否めません。

が、スマホは画面がタッチ式で、従来のモデルのように数字のボタンが無いので、あの昔ながらの「ボタンを押して文字を打つ」という感覚がなつかしくなる人も少なくないのではないでしょうか。

そんな人にピッタリかもしれない携帯を、auが発売します。

 

au初の「VoLTE」対応、Android折りたたみ携帯「AQUOS K SHF32」

7月中旬発売予定のシャープ製の携帯電話「AQUOS K(アクオス・ケー) SHF32」は、かつて日本を中心に流行していた折りたたみ式携帯電話「ガラケー」に、スマートフォンの機能を加えたもの。公式ページなどでは、そのような特徴から「ガラホ」と呼ばれています。

 

私はもともと新機種にすぐかじりついてしまうタイプですが、それを差し引いても、この機種はなかなかカッコイイ。

スマホは便利だけど、携帯らしさが無くてなんとなく寂しい・・・そう思ってサブにボタン式のプリペイド携帯SoftBank 301Zをもっていたこともありました。が、この機種なら、慣れ親しんだボタン式のポチポチッという手ごたえを味わいつつ、スマートフォンの便利な機能を利用したスマートライフを遅れること請け合いです。

では、この機種の主な見所をまとめてみましょう。

 

 

 

AQUOS K  SHF32の魅力

キーにはタッチセンサーを内臓

キーは、ふつうに押して文字を打つことも可能なのはもちろん、タッチセンサーが内臓されていて、キー部分をなぞってカーソルを動かしたり画面を移動したりができる「タッチクルーザーEX」というシステム完備。ガラケーのようなスタイルでありながら、スマホのような操作感を味わうことができます。

LINE、Twitterも利用可能

専用のLINEアプリケーションをダウンロードすることができます。スマホ版のアプリとは多少仕様が違うようですが、リアルタイム通知やURLの表示、スタンプの送受信はもちろん可能なので、家族や友達との連絡が一段と便利に。今までのガラケーとは違った感覚で使いこなすことができそうです。Twitterに関しては、ネットを介してパソコンとおなじように利用することが出来るとのこと。

4GLTE回線

見た目はガラケーなのに、4G回線を採用しているので高速通信でネットサーフィンやSNS閲覧を愉しむことが出来ます。

また、Bluetooth 4.0、赤外線通信、Wi-Fiテザリングなどに対応。通信面でも、使い勝手はなかなかよさそうですね。

 

高解像度のカメラ

標準搭載のカメラの画質はなんと約1,310万画素

光の少ないところでもハッキリした写真を撮ることが出来る設計になっているそうです。

撮った写真はAQUOS携帯ならではの高画質ディスプレイで確認可能。

 

ほかにも、シーンに合わせてガイドやメッセージで、綺麗にとるためのアドバイスをしてくれる「フレーミングアドバイザー」や、

なんとカメラを通してみるだけで英語を日本語へリアルタイムに翻訳してくれる「翻訳ファインダー」

魚眼カメラや、風景をミニチュア風の印象でおさめることができる「ミニチュアライズカメラ」

などの機能を標準搭載。

写真を撮るのが一層楽しくなるかもしれません。

 

 

 

 

 

このような便利な機能がたくさんのAQUOS K  SHF32、

ひと昔前のガラケーの良さを手のひらで感じながら、現代の最新技術を使いこなす・・・こんなロマンが、これからはひとつのブームになるかもしれませんね。

アマゾン,Amazon,Kindle paper white,kindle,paperwhite,特徴,長所,便利,重さ,機能,X-Ray

Kindle paperwhiteの魅力

世界的大手通販サイト「Amazon」が手がける電子書籍リーダー、Kindleシリーズの最新作が6月30日ついに発売しました。
その名も「Kindle paperwhite」。予約の段階で注文が殺到していたようで、はやくもベストセラー1位に輝いていました。
では、一体どういったところが凄いのか、便利なのか・・・なぜそこまで人気なのか気になりましたので、特筆すべき特徴をまとめてみたいと思います。

 

 

 

Kindle paper whiteの凄いとこ


携帯性

Kindleはもともと、ディスプレイサイズ6インチの小さなボディ、2kg以内の重量、Wi-Fi回線を利用した自動書籍アップデート機能、さらにWi-Fiを切った状態での1日30分程度の使用で数週間持つ高性能バッテリーが売りの、携帯性に優れた電子書籍リーダーでした。

それがKindle paperwhiteでは、重量がすこし上がって200g超えとなりましたが、それでも軽い軽い。paper whiteには、Wi-Fi通信に3G回線が追加されたモデルが登場。これにより、出先でも電波が届くところであればどこでも書籍のアップロードなどが可能となりました。しかも、3G回線の料金はアマゾンが負担してくれるので、追加の契約などは必要ないのです。

それに加え、従来モデルと同じく、これだけの小型軽量であるにもあるにもかかわらず、単行本など一般的な書籍であれば、1台に数千冊、オンライン購入済みの本を保存することが可能で、万が一保存しきれない書籍もオンラインドライブに無限にバックアップ可能。紙の本は必要なくなるんじゃないかというくらいのポテンシャルを持っております。

 

 

 

視認性

前のモデルのkindleに比べ、paper whiteはなんと約2倍の画素数。加えてe-inkという特殊技術が採用してあり、視野角が広く、日光の反射も極めてすくないということで、かなりの読み心地が期待できます。

kindle paperwhiteにはバックライトもついていますが、これがタブレットなどの典型的な、明かりが顔に向けて飛び出てくるものではなくて、画面の内側を照らすように設計されているため、まぶしくなく、古いkindleと比べてkindle paper whiteのほうが陽射しにの下でも圧倒的に文字がはっきり見えて、非常に読みやすくなっています。アマゾンが公開している比較画像を観ると一目瞭然。

写真左:Kindle  右:Kindle paper white

検索が簡単

kindleには辞書機能ががついていて、分からない単語があればすぐにその場で調べることができるのですが、加えて、Wikipediaとも連携しているので、読書中にわからない言葉や人物が出てきた場合にはすぐに詳しく調べることができます。

Paperwhiteのスゴイ検索機能はそれだけではありません。

標準搭載されている『X-Ray』という機能を使えば、読書中の本に登場する主要キーワードを「人物」「トピック」「画像」に即座に分類。

そのキワードがはじめて登場したページまで検索表示してくれるので、たとえば「あれ?この登場人物まえにも出てきたっけ・・・」「この人はどこで出てきたっけ」というときにすぐ確認できます。

 

 

まとめ


 

これだけの便利な機能がついていて、Wi=Fiモデル約14,000円Wi-Fi+3Gモデル約16,000円というなかなかのお手ごろ価格。

紙の本もまた趣があっていいんですが、カバンに紙の本を何冊もいれて持ち歩くとどうしてもかさばりますからね・・・それに、これからの季節は汗をかいてしまうで特にですが、紙の本を汚したくないから本は持ち歩かないという方も居るかもしれません。

月に何冊、週に何冊というペースで本を読む人にとっては、Kindle paper whiteはこれ以上ない相棒となりそうです。

 

アマゾン Kindle paper white販売ページ

飛行機,レシプロ機,レッドブルエアレース,レッドブル,エアレース,時速300km,ポール・ボノム,スティーブ・ジョーンズ,

ポール・ボノムの神業!時速300kmで建物の中を通過!?

「レッドブル・エアレース」―世界でもトップクラスの飛行技術を誇るパイロットたちが、最高時速370kmの世界で超絶アクロバット飛行を見せつける大きな大会!

そんなクールな大会が日本で今年初の開催されたのですが、

出場選手であるポール・ボノムスティーブ・ジョーンズのふたりが、なんと時速300kmの速さで地上1m、しかも建物の中を通過するという恐ろしいパフォーマンスが、映像として公開され話題を呼んでいます。

映像は公式ページ動画フォームにてご覧ください。

 

公式ページでは、この驚きのフライトの一部始終をとらえたプロモーションビデオのほかにも、

実際に2台の飛行機の1台の翼の端にとりつけたカメラで撮影されたパノラマ映像を見ることもできます。

いやいや恐るべき技術。それに度胸。

とてもまねできない・・・のは当たり前ですが、

 

こういうスゴ技を観ると、飛行機乗りでなくてもワクワクしてしまいますね。

ですがくれぐれも事故を起こさないように末永く飛び続けてほしいものです・・・

ハイアール,Hier,スターウォーズ,R2-D2,R2D2,r2d2,冷蔵庫,発売,いつ,2016年,

スターウォーズファン歓喜!動く実物大R2-D2冷蔵庫

白物家電(しろものかでん:日常生活に深くかかわる家電製品)を主に取り扱っている最大手家電メーカーハイアールが、おもしろい商品の発売を発表しました。

なんと、かの名作映画「スターウォーズ」に登場する大人気ロボットR2-D2型の冷蔵庫です。

これは、ハイアールのなかでも日本などアジア圏を統括するハイアールアジアグループが、今月東京で行われた製品の発表会にて公開した情報。

 

この冷蔵庫、ファンなら喜ぶこと間違いなしのほぼ実物大。しかも本物とおなじように、首部分をくるくる回転させて電子音声を発したりピカピカ光ったりするうえ、専用のリモコンをつかって移動させることができるという遊び心満点の一品。

 

 

発表会場では、試作機がスターウォーズのテーマにのせて登場し、伊藤嘉明社長が「僕が欲しかったから作りました」と証言。
「世界初!動く、1/1 R2-D2」と紹介したあとには、自身で本体からペットボトルジュースを取り出して一口飲んでから紹介を始めました。

ITmediaが公開した動画のなかでは、社長がこれを作ろうと思った動機を詳しく説明していますが、
一般人からすれば「そんなことでよく本気で作ったなww」と思ってしまいそうな内容です(笑)

 

ですが・・・・
これ、映像を観る限り、会場ではそんなに歓声が起こったという感じではありませんが、
まだまだ知っている人がすくないと言うだけであって、この商品の発売が世界的に知られることになれば、
大げさでなく世界が沸くんではないでしょうか。

かなりコアな、ニッチな商品ではありますが、スターウォーズシリーズの人気の程度、そしてR2-D2の人気を知っている人であれば、
想像できると思います。きっとたくさんの人がこの商品の発売をまだかまだかと待つことになるでしょう。そして、実際に手にしたときの感動は計り知れないと思います。

 

 

いいですね~こういう遊び心。商売にもなって、じぶんの楽しみにもなる。消費者が感動する姿を目撃できる。仕事においてこれほど冥利につきるものはないでしょう。こんなのは大企業だからこそできることではありますが、この社長とおなじように、なんらかの夢や目標を持って仕事をしたいものです。

R2-D2型冷蔵庫、発売は2016年になるということですので、ファンの方は公式ページなどで逐一(ちくいち)最新情報をチェックするようにしておくといいでしょう。

1 2 3