キュレーションで失敗したDeNA、自動運転の技術開発で名誉挽回なるか?

少子高齢化が進んで生産年齢が減ってきていることもあって、宅配業者も人で不足が深刻化している。現在ヤマト運輸がAmazonとの契約を見直していることも広く知られている話。

そんなヤマト運輸が、あのIT業界大手のDeNAの協力を得て新しい物流サービス「ロボネコヤマト」というプロジェクトを始動。利用者がクロネコメンバーズ経由で、好きな時に好きな場所で荷物を受け取れる無人配達ボックスの開発を進めているらしい。(CarWatchの記事)

これを昨日読んだときには、結構びっくりした。

 

このロボネコヤマト、配達車のなかがコインロッカーのようになっていて、ロッカーの個室それぞれに客ごとの荷物を入れて、どうやら将来的には、客の好みの時間,好みの場所にこの車がやってきてセルフサービスで受け取ってもらう仕組みを目指しているっぽい。

ちなみに、今のところは無人配達ではなく、客の指定した時間に指定された場所へドライバーが運転してテストを実施していくそうな。

 

知っての通り今現在あちこちの自動車会社が、完全な自動運転技術の完成を目指して開発を進めている。Amazonも、ドローンを利用した無人配達システムを構築しようとしている。全自動の無人配達技術は、いま世界的に期待が持たれている分野である。

 

少子高齢化が進み今後さらなる人口の減少が予測されている日本にとって、交通と流通の自動化は、絶対に達成しなければならない課題のはず。

さすがに数年後とかいかないだろうが、数十年後にはネットショッピングの宅配を、機械にほとんど一任している光景が常識になるかもしれない。

というか現実的に考えて、宅配業者はいずれもドローンや自動運転カーなどを駆使して、いかにマンパワーの減少をカバーして利益をだしていくかが大きな問題になっていくんだろう。

 

このプロジェクトでヤマト運輸に技術提供を行っているDeNAは、ついこの間『Welq』『iemo』などのキュレーションメディアにおける、ガサツな丸パクり荒稼ぎで株を落としている。本プロジェクトの開発を通して、再度のイメージアップをはかれるかといったところではないだろうか。

こちら葛飾区亀有公園前派出所,こち亀,連載終了,記念,アニメ,イベント,DVD,DVD BOX

『こち亀』ベストエピソードDVD-BOX発売!収録話は投票で!

 

ついこのまえ、急きょ連載終了が発表された超人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
この連載終了をうけ、アニメ版こち亀のベストエピソード集が、DVD-BOXで発売されるそうです。

アニメのなかで好きなエピソードを投票サイトにて募り、もっとも人気の高かった計40話をBOXに収録するということで、作品のファンにとってはかな~~り購買意欲をそそるニュースとなっております。

こち亀といえば、笑いありたまには涙あり、社会風刺もありで、幅広い年齢層にとってほんとうに見応えのある作品。かくいう私も、原作の漫画のほうはあまり読んでいませんがアニメはけっこう見ていましたから、一応投票には参加するつもりです。

 

40年もずーっと続いてきた人気漫画がこの2016年に終わるということで、今年は過去のコミックを買いあさる人も多そう。読者さんのなかにも、ファンがいらっしゃるかもしれないですね。

アニメ版こち亀ベストエピソードDVDの収録話投票受付は、9月30日まで行われる模様。ちょっとでもこの作品に思い出がある方は、参加してみてはいかがでしょうか。ひとつの歴史が終わる、その記念式典に参加できるようなワクワクがあるかもしれません。

投票受付サイト→ https://bvc.bandaivisual.co.jp/enquete/169/1/

 

 

 

シドニー大学医学大学院,運動,何分,健康,有酸素運動,飲酒,ウォーキング,ジョギング,死亡リスク

運動がどれだけ健康にいいか…その具体的な数字がついに出た!

今日ツイッターを見ていたら、実に興味深いニュースがつぶやかれていました。
結論からいうと、「週に150分間程度の有酸素運動を続けることで、飲酒等によるガン死亡リスクを完全に相殺できる」というもの。

これネットでCNNが発表したもので、長い期間にわたる調査の結果のようでして、信憑性はありそうです。

 

記事によれば、

シドニー大学医学大学院の准教授ら研究チームが、イングランドとスコットランドにおいて、40歳以上の3万6370人を対象にある調査を行ったそうです。この被験者たちを、あまり運動をしていないグループと、運動をよくするグループ、中くらいのグループの3つに分類。そのアルコール消費量を調べたということ。

平均約10年間にわたる調査機関の間、死亡したのが5735人。
飲酒量が多いと死亡率もあがる傾向があり、逆に一生お酒を飲まなかった人の死亡率は、あらゆる死因について低かったといいます(当然健康面の死亡リスクに限ります)。

 

やっぱりお酒って体に悪いんですね(´・ω・`)
たしなむ程度が一番か。

それとこの調査から、水泳や早歩きなどの運動を週に150分間ほど行っていると、ガンによる死亡リスクはほとんどなくなっていることが分かったそうです。

 

元記事→ 飲酒による死亡リスク、運動で帳消しに 英誌研究

 

「運動が体にいい」ということはずっと世間で一般常識として言われていて、ウォーキングやジョギングでも続けてみようかと思っている方も多いでしょうが、運動量の目安ってなかなかわからないものです。目安がわからないと目標を設定しづらく、続かないことも多いでしょう。 私もジョギングを日課にしていますが、距離や時間は目安がハッキリしていないので億劫になることも多々あります。今回このような調査結果が出されたことは実に興味深く、タメになります。

週に150分間ということは、平日に毎日ジョギングするとして1日30分間でいいということですから、そんなに大変ではありません。
運動不足で悩んでいる方、まずは1日15分間くらいから時間を伸ばしていってみてはいかがですか?

 

 

バックトゥザフューチャー,バック・トゥ・ザ・フューチャー,フィギュア,ドク,マーティ,BTF,映画,マイケル・J・フォックス,クリストファー・ロイド,車,デロリアン,USJ

リアルすぎ!!BTTFドクのフィギュアがまるで本人

引用元:Yahoo映画

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』といえば、1985年に制作され世界的大ヒットとなった超名作。タイムマシンをテーマとした王道ジャンルの作品でありながら、主人公マーティとその親友ドクの魅力的なキャラクターや軽快なトーク、笑いあり涙ありの痛快ストーリー、そしていまから約30年もまえに作られた映画とは思えないほどの”未来”の世界観の完成度などで飛びぬけた人気作となり、驚異の興行収入60億円以上をたたき出しました。

シリーズは第3部までつづき、そのどれもが素晴らしい出来で、知らない人がいまから観ても十分楽しめるような映画です。

私もこの映画のファンでDVDでもう何十回と観たことがありますが、
今日アマゾンでメチャクチャ興味深いものを見つけました。

 

 

それがこのフィギュアです。

 

これ、ちょっとリアルすぎません?ww
顔はもうマーティ(マイケル・J・フォックス)とドク(クリストファー・ロイド)そっくり。
服装も非常によく出来ていて、正直驚きましたね。
気になる発売日は2017年7月31日となっておりました。
こりゃあ映画のファンはいまから要チェック。ほしいものリストに入れとくべきでしょう。

 

ところで、ホットトイズという会社がだしているこのムービー・マスターピースというシリーズは、アメコミヒーローを中心に映画で登場した有名キャラクターたちを本当に忠実・リアルに再現しているフィギュアシリーズです。

アメコミヒーローのなかで私が特に大好きなアイアンマンのフィギュアも今度発売されますが、
ファンならお多少財布キツくてもかっちゃうんじゃないか?くらいの出来栄え。

 

ほんとかっこいい。シビれますね。

こちらのアイアンマンのフィギュアは同じく2017年の、10月31日発売。

値段はかなりしますが、やはりマーベルファンなら買う価値はあるでしょう。

 

 

 

フィギュアってクオリティの高いものを集めようとするとかなりお金がかかりますが、だいすきな映画の登場人物を自分の部屋に置いておくだけで毎日の気分が前向きになったりすることもあり、だからこそこの価格帯のものが製造され続けるんでしょうね。

私はドクファンなので、ドクのフィギュアだけはぜったい買うつもりです。マーティは来年のお財布次第かな。

おなじくファンの方は、ぜひいまからチェックしてみてください。

『ディビジョン』とはどんなゲームなのか?TPS形式のRPG

18日からオープンベータが開催されている新作ゲーム『The Division』ですが、結局どういうゲームなのかということを把握できてない人多いはず(自分ふくめ)。
買うつもりではいるんですけどね…UBI SOFTファンだし。TPS好きだし。

今回は、The Divisionとはいったいどういうゲームなのかということを掘り下げてみたいと思う。

 

 

 

 

パンデミックが原因で腐りきった街ニューヨーク

街はパンデミックにより大混乱に陥った

 

 

 

 

 

(引用元: http://goo.gl/MOTWIr )

ある日、くるった科学者のウイルステロをきっかけとしてニューヨークに感染症が大流行した。人々はその日を”ブラックフライデー”と呼ぶ。

パンデミックから、街のインフラが崩壊しきるまでにそう時間はかからなかった。

荒廃し社会秩序を失ったニューヨークでは人間の悪性が存分に膨れ上がりあらわになっていき、

武装したチンピラたちが好き勝手暴れまわり、

腐った街の掃除を名目に焼却活動に乗り出す凶悪者が暴走し、

秩序の再建をうたって強行支配に乗り出すテロリストがのさばり、

大混乱を極めている。

 

 

自律部隊「ディヴィジョン」の登場

秩序などすっかり無くなってしまったこのニューヨークに、救世主のような存在が登場する。

これがディビジョン。プレイヤーはこの自律部隊の一員として行動する。

 

彼らは武力を持った暴徒どもとは違い、

街に溶け込みながら社会秩序回復の道を探る。

平和であった頃の社会秩序の再建を願い行動する、監視役のような存在。

彼らは、暴徒どもが好き勝手に暴れている現場を見つければ、

やつらを一掃し、秩序の回復に乗り出す。

 

 

あくまでもRPG

キャラクターカスタマイズが非常に重要

 

 

 

 

(引用元: http://goo.gl/qSZVPz )

この作品を語る上で一番むずかしいのが、このゲームの”ジャンル”。

シューターなのか、アクションなのか…なんなのか。そこのところが非常にあいまいだと思う。

 

しかし、公式ページいわく、このゲームはオンラインRPGとハッキリしている。

ロールプレイングゲームというだけあって、キャラクターのカスタマイズが幅広く、

装備しているだけで効果を発揮する「パーク」とよばれる能力と、

戦闘などで使用する「スキル」を活用して進んでいく。

さらに、「クラフト」システムを使って、オリジナルアイテムを作っていくことも可能。

(クラフトの材料は探索中に収集した素材を使う)

もともとスキルがついている武器や装備がドロップしたりもするし、

なんらかの付加要素をつける「カスタマイズ」機能もあるから、遊びの幅がかなり広い。

 

ベータテストの個人生放送などを見てみたが、UBI SOFTのゲームらしく、自由度はけっこう高そうだった。

ただ、視点をキャラクター背後に配置したTPSだし、クオンタムブレイクのように時間をとめてササッと動くとか、スプリンターセルのような派手で華麗なアクションがあるわけではないので、”スピード感”を求めるゲームではないかんじ。すぐに結果がほしい、気の短いプレイヤーにはあまりおすすめできない作品だろう。

あくまでも、キャラクターや武器装備のカスタマイズによる戦略性と、ハックアンドスラッシュ系ゲームのようなアイテム収集要素を楽しむ、まさにRPGである。

 

街の中を自由に動き回れるオープンワールド(というより箱庭系かな?)スタイルなので、美しいグラフィックで描かれるニューヨークを歩き回るだけでも楽しそうだ。

時間経過や天候の変化も表現されているので、街の表情の変化もそのつど楽しむことができる。

 

 

 

肩に光るオレンジのシンボルがかっこいい

アサシンクリードの教団のシンボル、ウォッチドッグスのマーク、スプリンターセルの多目的ゴーグルの緑のライトなど、UBI SOFTのゲームは毎回シンボルがかっこいい。

今作でもそれは受け継がれていて、ディビジョンのエージェントたちが身に着けているオレンジのライトシンボルが非常にクールだと思う。これ見てるだけでもなんか、このゲームの世界観にうまいこと酔いしれられる気がする。

アイテムを取得したりすると、バッグからデジタルヴィジョンが浮き出てその名称や数などを表示してくれるのもまたスタイリッシュ。

 

 

 

ひとりで黙々とやるのも楽しそう

このゲームのジャンルは「オンラインRPG」だけど、

もちろんひとりで孤高のプレイを続けてもいいと思う。それは公式も勧めている。

 

ただ当然敵を掃討するのには時間がかかるし、

一人では倒すのが厳しいような強敵も出てくるそうなので、

まぁそういうときに限ってはオンラインで協力者を求めてもアリかもしれないし、

 

ウォッチドッグスが実際そうだったように、オンライン要素は気休めというかおまけ程度に考えてプレイする人が居てもいいはず。

最近はPS4本体とネット環境があれば簡単にブロードキャストもできるから、

プレイはひとりで、でも不特定多数の視聴者に見てもらいながら楽しむというスタイルなら、

孤独感も埋めつつ自分の好きなようにプレイすることが出来そうだ。

 

 

まとめ&発売日

ウォッチドッグスやレインボーシックスシージなんかと同じで、面白いのにあんまりパッとしないというか、発売してすぐ買う人が殺到するようなゲームではない気がするけど、ゲームシステムの奥深さ的にはなんとなく長生きしそうなタイトルだなあと思っている。UBIのゲームっていつも割りとそんな感じなんだよなあ。地味なんだけど奥深くて面白い感じ。中毒性の高いゲームを作る会社です。

ディビジョンは、3月10日発売

まぁ買いますね。

 

いろんな会社の社長がトレーディングカードになる!?

Yahooニュースの記事を読んで驚いたんですが、今年の4月に『社長チップス』というポテトチップスが発売されるそうです。

 

なんだそれ?

昔からあの、野球チップスありますよね。ポテトチップスに野球選手のカードがついてるやつ。あれの社長バージョンです。

この社長チップスには、縦9センチ、横6センチくらいの実在の社長のトレーディングカードがついていて、裏面には会社のプロフィールが記載されているらしいです。

で、そのプロフィールというのがまた面白く、その社長の座右の銘とかおすすめの書籍なんかも書かれているほか、本人に訊いて設定した「忍耐力」「気遣い力」「人望」などのステータスも、戦闘力の数値として加えられているんだとか。

 

社長チップス生産の動機

このチップスを発売する東京の菓子プロデュース企業エスプライド幹部によれば、発売動機は「小さいながらも熱い想いで地域に貢献しようとがんばっている企業のPR」という意図によるものらしいです。

社長チップスから、がんばっている地域の企業を知ってもらうことが、エスプライド側にとっても社会に対する貢献になるだろうという発想らしく…

なるほど面白い!コンビニとかに並んでいたら、「なんだ?」とおもしろがって手にとってしまうことは間違いないと思いますから、そこから企業のことを知り、就職活動などにつながる事例も、今後もしかするとありえるかもしれません。すくなくとも、ありえないとは言えない話です。社長チップスからその社長や企業に興味を持って、事業の手伝いをしたいと考えるような会社も、どこかにはあるかも…

 

厳しい審査を通過した会社だけ登場

この社長チップスに登場するための条件はけっこうしっかりしていて、税の滞納とか行政指導とか、いままでになんらかの問題をおこしたことのある企業は一切参加できない。要するにクリーンで熱い会社しか登場できない。

カードになるのも社長のみで、副社長とか専務とかは対象外という話で。

ポテトチップスよりも、真剣におまけの会社情報カードを求めて買うというほうが、この社長チップスの購入スタイルなのかもしれないですね。

だからこそ、「いったいこんなもの誰が買うのか?」という疑問は多くの人が持ちうるところでしょう。

 

 

なんにしても、すごくユニークで興味深い試みであることは間違いない。

4月の発売に向けて、これからジワジワと話題になりそうであります。

ウルグアイってどんな国?簡単まとめ

あしたの『世界ふしぎ発見』でウルグアイについてやるらしいんですけど、名前以外はあんまり知らないなあと思って、気になったのでちょっと調べてみました。

 

ウルグアイってどんな国?

地理と治安

ウルグアイは南アメリカの南東にある小さな国。実は、政治と労働がかなりうまくいっているらしいです。おかげで治安が割とよく(注:日本ほどではありません)、国民の自由な暮らしぶりは大陸国のなかでも際立っているんだとか。すんでいる人たちが穏やかでうちとけやすいというのは、有名な話です。

 

サッカーとダンス

サッカーの1930年の第一回サッカーワールドカップ開催国でもあります。その大会で優勝の座を勝ち取ったのもウルグアイ。ですから、サッカーへの情熱と誇りもすごいものです。FIFAランキング上位に居続ける強豪国でもあります。

ダンスのひとつである「タンゴ」もかなり盛んで、街中であたりまえにタンゴを踊っている一般人を見ることもできる楽しい国。

親日

セレッソ大阪に居たサッカーの英雄フォルラン選手もウルグアイ出身ですが、彼の活躍のおかげもあって親日感情もウルグアイ国民の間に根付いているようです。

 

そんなウルグアイには、もうひとつ「これぞ」という特徴が…
それが、牛!

 

ウルグアイと牛

牛肉が大変おいしいと評判で、いま世界中から注目を集めているらしいです。日本に居るとあんまり率先して試す機会がないと思いますが、ウルグアイの牛肉は脂身がすくなく、さっぱりしていておいしいので、毎日食べても飽きないという人も多いんですね。ネットサーフィンしてると、最近やっぱり検索されてますよ「ウルグアイ 牛肉」って。

ウルグアイと牛の関係は昔から深く、牛皮を使用したソリなんてのも有って、かつてはけが人を運んだりするのに使っていたそうですよ。(このソリは現在、ガウチョと呼ばれる乗馬大会の、エキシビジョンに使われています)

 

 

そして…ウルグアイ人はなんといっても

マテ茶が大好き

ウルグアイのすぐお隣にはアルゼンチンがありますが、アルゼンチン人とウルグアイ人を区別するにはマテ壺を持っているかどうかを見ればいいと言われるほど、ウルグアイ人はマテ茶がだいすき。

と、これは一見冗談に見えるかもしれませんが、本当にウルグアイにはマテ茶を持ち歩いている人がたくさん。実際にウルグアウイに行って衝撃を受ける人も多いようです→ マテ、マテ、マテ。どこを見てもマテだらけ。マテ茶大国ウルグアイの秘密に迫る。

こちらのブログではウルグアイで撮影した写真を何枚も紹介していますが、ウルグアイは町並みもめちゃくちゃ綺麗。自然と人工物のバランスがとてもいいですよね。

 

 

 

サッカーばかりでなく、街並み,自然,ダンス,牛と、さまざまな魅力にあふれたウルグアイ。一生に一度は行ってみたいもんです。

ボードゲーム,カフェ,おすすめ,人気

ボードゲーム専門のカフェが池袋にもOPENするらしい

ビデオゲームが熱いなか、ボードゲーム専門のカフェJELLY JELLY CAFEが今月20日、池袋に2号店を開店します。

 

JELLY JELLY CAFEとは

さいしょの店舗が渋谷に開店したのが2011年。こちら、ボードゲーム好きによるボードゲーム好きのためのカフェというスタイルのカフェで、200種類をゆうに超える種類のボードゲームを用意してある憩いの場。ガイスター,カタン,ブロックス,キャメルアップなど、聞いたことやったことのあるようなゲームも多く取り揃えられています。

ボードゲーム初心者用のイベントなども開催されていて、経験がない人でも参加しやすくなっているうえ、ボードゲーム好き御用達の”貸し切り”コースも使うことができます。

ボードゲームをしながら飲み放題のドリンクを飲む…きっといつも家でビデオゲームをするのとはまたちがった至福感が待っているでしょう。

 

クラウドファウンディングを利用した2号店

この2号店開店にあたって、いまテレビなどで話題の「クラウドファウンディング」のひとつMakuakeで準備資金を募っていたことが、ひそかな話題になっていました。

改装費用やボードゲーム購入費用あわせて500,000円を目標に募集していたところ、それを30万円も上回った856,000円が集まったようです。この結果から、このプロジェクトにかかる評価と期待の高さがうかがえますよね。

 

 

ビデオゲームと違って何千何万とお金をかけなくても気軽に楽しめるボードゲーム。あまりお財布に余裕のないときにも購入できるので、なにかと不景気といわれる今のご時勢だからこそ、これからまたジワジワ流行っていくかもしれませんね。

新感覚のパズルゲーム「AZZL」の魅力

国籍にとらわれないクリエイターたちが集まって生まれたJutifulというゲームメーカーが、iOS用のゲームアプリ『AZZL』というものを配信開始しました。

公式のOP映像がこれなんですが

いやーかわいいですねw日本のアニメではあまりお目にかからない画風です。海外アニメーション特有の雰囲気。でもとても目に優しい淡い色使いになっています。

 

 

中身はこんな感じの独特なかわいいアニメーション形式のパズル。

自由自在に変身する、淡く目に優しい色の個性豊かなキャラクターたちが登場します。

 

 

 

このパズルゲームが従来のものと一味違うのは、

各ステージが、キャラクターたちのアニメを完成させる仕様になっていること。

こちらの動画では、実際にパズルを完成させていく過程を見ることができます。

 

このゲームの面白いところは、おなじゲームなのにパズルのタイプがステージによって違ってくること。一度解き方を覚えても安心できない仕様になっていて、飽きさせません。それに、パズル絵は常に動いているので、そういう意味でも面白いですね。

子供がプレイすることも想定内で、子供向けモードという簡単モードも内臓されています。

 

 

 

私は主にコンシューマゲーム機のゲームをやるタイプで、スマホアプリというと課金をたくさんしなければいけないとかそういうイメージがあって敬遠していたんですが、このゲームはかわいかったし、ダウンロードしてプレイしてみました。パズルを完成させると必ずアニメの「オチ」を見れるようになっていて、頭を使いながらも、なんだか子供時代に戻ったような楽しい暇つぶしができました。

このゲームは、一人で暇をつぶすのはもちろん、お子さんと一緒にプレイするのにもいいアプリかもしれません。

 

現在価格は日本円で360円しますが、120円のジュース3本程度ですし、私は実際に遊んでみて、払う価値はあるゲームかなあと思いました。

興味があればぜひお試しあれ。

【凄い】VRシステムでゲームをするとこんなふうに見える!

いやーーー、
いよいよ2016年上半期の発売が決定しましたね、PlayStation VR

頭にバーチャルシステムをかぶって、まるでゲームの世界に居るような感覚でプレイできるというあれです。

.hackソードアートオンラインのような世界がもうすぐ近くに来ているという感じです(あれらは自分の意識が正真正銘、ゲームの中に入り込む仮想現実システムなのでちょっと違いますが)。

 

 

 

そのトレーラービデオがこれ!

 

んーーーワクワクするコマーシャルを作りますねー相変わらず。

「あのゲーム、あのタイトルの世界がすぐ目の前に!ゲーム好きにはたまらないぞ!一度体験してみてくれ!」

という製作側の気持ちが伝わるようです。

 

 

つい昨日まで開催されていた東京ゲームショーでも体験用のブースが用意されていて、会場に出向いて実際に試したユーザーの間からは、驚きと感激の声がたくさん発せられていました。

 

 

ツイッターで他にもいろいろな方の感想を見てみましたが、それらを読んだ限り、そこまで熱心なゲームファンというほどでもなくとも十分「ワッ」を驚いて楽しめるような、息抜きにも熱狂にも使えるような、いいバランスになっているような感想です。

 

 

 

VRではゲーム画面はどんなふうに見えるのか?

 

まだ体験していない人からすれば、「どういうふうに見えるのか」というのが一番気になるところ。

探してみたら、ありましたありました。参考になりそうな動画が!

こちらはSONYさんのVRではなく、海外のゲーム制作会社Valveと、台湾の携帯端末メーカーHTCが共同開発した仮想現実ヘッドマウントディスプレイ。その体験映像です。

映像の中ではPortalというゲームを遊んでいますが、グラフィックは綺麗だしほんとに目の前にうつっているかんじなので、ずっと見ていると、大げさじゃなくゲームの世界に入り込んだような軽い錯覚を感じて頂けると思います。

目の前に映っているだけでなく、操作も実際に自分の手を動かして行っていますから尚更です。

 

 

なんというか、これからはこのようなゲーム体験が日々進化していき、価格もリーズナブルになっていって、家族がヘッドマウントディスプレイをかぶってゲームをしている姿なんかが当たり前になりそうな感じですね。いやーすごいなあ。最初に触れたゲームがファミコンだった世代からすれば、驚きもひとしおでしょう。

ちなみに、PlayStation VRは装着している本人はもちろん、隣に居る人たちも通常の外部ディスプレイでゲーム映像を楽しむことができるとか。

一人で恋愛ゲームに没頭するのもいいですが、家族とワイワイ楽しむのにももってこいですね。

はしゃぎすぎて怪我だけはしないようにしたいものですw

 

 

ドミノピザがドミノ倒しになってる写真が話題

観測史上最強瞬間最大風速71メートルを記録した台風15号
8月25日朝には九州に上陸、激しい風雨によって各地におおきな被害がもたらされました。

 

 

そんな強大な台風が、ひとつちょっとしたお遊びを残していたようです。

ツイッターで話題となったのが、この「妹から『ドミノピザがドミノになってる』とメール来た 」というツイート。
どういうことなのかは写真を見ていただければお分かりいただけると思いますが・・・

 

 

 

そう、ドミノピザの宅配用バイクが強風で倒れて、ドミノ倒しのようになっている!ということなのです(笑) このあまりのくだらなおもしろさに、このツイートのRT数はすでに18000回を超えていて、おまけにテレビ朝日の関係者が、このように取材の申し込みをする始末。

 

いやはやこれは凄い。

妹さんからのくだらないメールから大変な嵐を起こしたこのツイート。
いったいどこまで拡大するんでしょうかw

ヨッシーのあみぐるみamiiboに期待高まる

任天堂の専売特許マリオシリーズに登場する人気キャラクター「ヨッシー」。

そのヨッシーの特大amiiboが登場するそうです。

 

amiiboというのは、人形本体に内蔵された電子チップによってNew3DSやWiiUなどの任天堂のゲームソフトと連携し、該当キャラクターをゲーム内に登場させオリジナルキャラとして育てたりできる特殊なキャラクターフィギュア。

いま最も知られている用途としては、スマッシュブラザーズと連携させて、ゲーム内に自分だけのNPC(コンピューター)ファイターとして登場させるというものがありますね。もちろんヨッシーのamiiboもとっくに登場していますが・・・

 

今回、アメリカ任天堂が公開したツイートはこちら

 

 

どうやら今回のヨッシーamiiboは、毛糸で出来たあみぐるみタイプのよう。

こちら、「ヨッシーのウールワールド」に登場したダブルヨッシーがモデルになっているようで、
今まで登場したamiiboの中で最大のものになる模様。

それでもちゃんと、足の裏にチップが内臓されていて、ゲームの世界に登場させることができます。

 

使い道としては、スマッシュブラザーズにファイターとして登場させたり、マリオカート8にコスチュームとして導入させたりできるようです。(参考URL http://www.engadget.com/2015/08/24/mega-yarn-yoshi-amiibo/ ※原文英語 )

と確かに書いてありますが・・・

スマブラに登場したらどんだけでかいファイターになるんだ・・・と困惑を隠しきれません。

 

 

今までのamiiboですと、机やタンスの上に飾っておくというのが普通だったのではないかと想いますが、今回発表されたダブルヨッシーamiibo、けっこう大きなサイズなので、日常的についつい手にとって遊びたくなってしまうかもしれないですね。

発売日は、北米で2015年11月15日、欧州で11月27日発売予定ということで、日本でいつ発売するのかまだ分かっていませんが、任天堂ファンとしては発売が楽しみな商品のひとつになることでしょう。

1 2 3