【凄い】VRシステムでゲームをするとこんなふうに見える!

いやーーー、
いよいよ2016年上半期の発売が決定しましたね、PlayStation VR

頭にバーチャルシステムをかぶって、まるでゲームの世界に居るような感覚でプレイできるというあれです。

.hackソードアートオンラインのような世界がもうすぐ近くに来ているという感じです(あれらは自分の意識が正真正銘、ゲームの中に入り込む仮想現実システムなのでちょっと違いますが)。

 

 

 

そのトレーラービデオがこれ!

 

んーーーワクワクするコマーシャルを作りますねー相変わらず。

「あのゲーム、あのタイトルの世界がすぐ目の前に!ゲーム好きにはたまらないぞ!一度体験してみてくれ!」

という製作側の気持ちが伝わるようです。

 

 

つい昨日まで開催されていた東京ゲームショーでも体験用のブースが用意されていて、会場に出向いて実際に試したユーザーの間からは、驚きと感激の声がたくさん発せられていました。

 

 

ツイッターで他にもいろいろな方の感想を見てみましたが、それらを読んだ限り、そこまで熱心なゲームファンというほどでもなくとも十分「ワッ」を驚いて楽しめるような、息抜きにも熱狂にも使えるような、いいバランスになっているような感想です。

 

 

 

VRではゲーム画面はどんなふうに見えるのか?

 

まだ体験していない人からすれば、「どういうふうに見えるのか」というのが一番気になるところ。

探してみたら、ありましたありました。参考になりそうな動画が!

こちらはSONYさんのVRではなく、海外のゲーム制作会社Valveと、台湾の携帯端末メーカーHTCが共同開発した仮想現実ヘッドマウントディスプレイ。その体験映像です。

映像の中ではPortalというゲームを遊んでいますが、グラフィックは綺麗だしほんとに目の前にうつっているかんじなので、ずっと見ていると、大げさじゃなくゲームの世界に入り込んだような軽い錯覚を感じて頂けると思います。

目の前に映っているだけでなく、操作も実際に自分の手を動かして行っていますから尚更です。

 

 

なんというか、これからはこのようなゲーム体験が日々進化していき、価格もリーズナブルになっていって、家族がヘッドマウントディスプレイをかぶってゲームをしている姿なんかが当たり前になりそうな感じですね。いやーすごいなあ。最初に触れたゲームがファミコンだった世代からすれば、驚きもひとしおでしょう。

ちなみに、PlayStation VRは装着している本人はもちろん、隣に居る人たちも通常の外部ディスプレイでゲーム映像を楽しむことができるとか。

一人で恋愛ゲームに没頭するのもいいですが、家族とワイワイ楽しむのにももってこいですね。

はしゃぎすぎて怪我だけはしないようにしたいものですw

 

 

コメントを残す