Youtuber「PewDiePie」の、お金の話

世界的最大手動画共有サイト『Youtube』では、数年前から本格的に、“パートナー契約を結んだユーザーの動画に広告を掲載させ、その再生数に応じて、ユーザーに対して広告紹介料を支払う”という仕組みの、動画クリエイター応援プログラム「Youtubeパートナー」を導入している。

この機能、ユーザーにとっては動画を作成・投稿するだけで、うまく当たれば大金を稼ぐことも夢ではないため大変喜ばしいものであり、利用しはじめているユーザーがここ数年で急増している。実際、この機能を利用して年収数千万~数億を稼ぎだしているユーザーも居るのだ。

Youtubeパートナー利用者の中でも、その収入だけで生計をたてているものを「Youtuber」と呼ぶ。彼らはいまやネットではちょっとした有名人であり、ネットの世界の芸能人のような存在になっている。

 

日本人Youtuberで有名なのがこのひとたち


日ごろから「面白いコンテンツを届けたい!」という名目で、こうした、ただの悪ふざけにしか見えないような動画を投稿。これによって広告収入を得て生活している超有名人である。彼らはなんと、この活動だけで年収数千万~数億稼ぎ出しているのだ。HIKAKIN氏は、『僕の仕事はYoutuber』なんて本も出している。

 

このように、Youtuberは動画の再生数をとにかく稼いで広告を拡散したもん勝ちの世界。一発当たって名前が売れて、囲いと呼ばれるファンを一定数獲得してしまえば、あとはどんな動画を出してもたいていお金になるという感じ。
この決してスマートとはいえない金の稼ぎ方から、「こんなもんのどこが仕事なんだ!」という批判の声もかなり多いのも現実である。

 

 

 

中にはクリエイターと呼ぶにふさわしい人も


 

しかしそんな中、しっかりと努力して面白いもの・為になるものを作ろうとしている気概を感じられるYoutuberが居るのも事実。私が知るところでは、

この人や

この人などがそうである

この人たちは、動画という作品にたいしての誠意が感じられてなかなかいいんじゃないかと思う。瀬戸氏は舞台俳優として舞台に立ったり、脚本を書いたりもしているという多彩な方で、動画内の寸劇なんかも面白みがあるし、

KAZUYA氏に至っては地方に自分で赴いて講演会などに参加、地方の政治家たちとともに政治について語るところまでしているため、政治を単に金稼ぎの釣り餌ではなく、本気で意識しているんだなという誠実さを感じさせるのだ。

 

 

 

Youtube界のカリスマ『PewDiePie』


そんなYoutuberのなかに、なんと年収9億も稼ぐカリスマが居るそうだ。

彼の名はPewDiePie。本名はフェリックス・シェルベリというらしい。

 

こんなふうにホラーゲームを中心に、しゃべりながらプレイする「ゲーム実況」というジャンルの動画を数々投稿して一躍有名となった彼。編集のうまさや、軽快なトーク、加えてなかなかのイケメンということで、Youtubeにおいてのチャンネル登録者数は、今見た段階で37,929,833人。これはかなりの数である。

彼の動画をいくつか観たところ、日常の喧騒からはなれてホラーゲームを純粋に楽しむ・・・という意味では、かなり満足できる動画をつくる人かもしれない。

しかも彼は金を稼いでいるだけではなく、自分で募金団体を立ち上げたりもしているので、なかなかに尊敬に値する人物といえよう。たぶんこういう人種は、Youtuberとして稼げなくなっても生産社会でやっていけるだろう。

 

しかしながら、あまりにも広告収益が多いため、やはりいいイメージを持っていない人も少なくない。

その彼が、7月7日、「お金について話そう」という赤裸々な動画を公開した。
やはり彼なりに、いろいろとYoutubeで大金を稼ぐという行為に対する批判が飛び交っているのが気になって、ついに本音を明かそうとおもったのだろう。

動画のなかで彼は、「もちろんお金が嫌いなわけじゃない」「お金は関係ないなんてことは思ってない(つまり慈善事業ではない)」「誰だってお金はほしいだろ?」と本心を明かしている。

その上で、

「2010年、YouTubeにゲーム動画の投稿を始めたころは大学生だった。学費を払うのに学生ローンを組み、ゲームをするPCも満足に買える状況ではなかった」
「その後大学を中退し、ホットドッグスタンドで働きながら動画投稿を続けてきた」

と、不遇の過去を語りながら、

「当時やりたいこと(動画投稿)をするために出来る仕事を選んだだけで、不幸せでは全くなかった」
「今、お金を稼いでいるからって幸せな訳じゃない。幸せの度合いは当時と同じくらい。もちろん、家賃の心配をする必要がなくて幸せというのはあるけれど、それくらいで、それ以上の変化は無いよ」

と、Youtuberという仕事についてだけでなく、お金というものについての想いを打ち明けた。

つまり、大金を稼ぐようになったからといって価値観が大きく変わったわけではないということである。

 

 

「大金を稼いでいることばかり批判のタネにされて、募金団体を立ち上げたりしていることは取り上げられないのは残念」とも言っている。

 

 

 

感想


 

Youtuberが動画で「動画を投稿することでどのくらいお金が稼げるか」ということを明かすことは、度々ある。

しかし、彼のようにお金そのものへの想いについて一本の動画に録ってUPするということは、珍しいのではないだろうか。

彼のような人物のこのような話を聴くと、ちゃんと誠意と向上心を持ってやっているなら、Youtuberというやり方も「仕事」と呼ぶにふさわしいのではないか・・・と感じるのである。

それができているがゆえに、彼の動画の評価はどれも高めである。

 

世間の人たちが汗水たらして働くなか、動画を投稿して再生数をかせぐだけで生計をたてるYoutuber.彼らが一般の人たちよりも楽をして大金を得ていることは言うまでも無い。それゆえに批判の声も多い。

だがしかし、社会というのは決して、きれいごとで回っているわけではない。いつだって大人というのは汚いものだし、この世の中はセコいのだ。

 

あからさまに他人の人生を妨害することなく、バカにすることなく、デリカシーの無い方法で稼ぐのではなく、それなりに誠意と情熱をこめてサービスを提供し金を稼ぎ続けることが重要なんだと思う。

「広告収入」で稼ぐというのは、ネットが浸透しきった現代社会においては必然であり、あとはユーザーの真摯(しんし)な使い方が試されるのだろう。

コメントを残す