ドローン,規制,内閣,首相官邸,屋上,テロ,免許,免許制,登録制,操作,簡単,どれほど,実際,どれくらい簡単,どれくらい,アプリ,スマホ

ドローンはこんなに簡単に操作できる!規制は無意味か

海外から広まり、日本にも最近になって急激に流行りだしているドローン。

この前は、首相官邸の屋上にドローンが落下しているのを発見され一時的に大騒ぎになりました。
あの事件は結局反原発派のテロ工作だったようですが。

あれを境に、政府の重要課題の一つに“ドローンの規制”というのが含まれ、「どのような規制をかけるか」という議論が大慌てで進められています。

なにしろ、ドローンはとにかく操作が簡単らしく、
例え世間一般の人たちがクリーンに使うにしても、それ以外の、一部の輩(やから)が犯罪に利用すればそちらのほうが問題になるのは明らかですもんね。

 

 

 

ドローン規制に経産省が異論。その理由は

 

その1 経済的な影響の不安

このドローンの規制、内閣がまず口に出しているのは「操縦士を登録制、免許制にする」というもの。たしかに免許制というのは、何かを規制しようと思えばまっさきに浮かぶ策ではあります。

しかし、この策に異論をとなえるところも。
その一つが経済産業省(以下、経産省)です。

経産省というのは、ご存じの方もいらっしゃる通り、日本経済の発展のためになると判断できる部門に対して物資源やエネルギーの供給を確保するためにある組織です。今流行りのもので言うと、ロボットの分野などはここから重要な支援を受けていたりするんですね。技術の発展には欠かせない、国の組織です。

 

 

経産省の立場からすれば、ドローンはこれからの日本経済を維持・発展させていくためにかなり大切な分野のひとつなのです。

開発面で言っても、現時点ではアメリカや中国が日本よりもかなり進んでいて、経産省では、これに更に開きが出て、この分野で日本が追い付けなくなること・・・つまりお金にならなくなることを危惧(きぐ)しています。

規制が厳しくなれば、それだけ需要が減るということで、当然それにともなって開発・製造・販売を行うところも減っていきますし、伸び悩みます。

 

 

 

 

これは、考えてみれば将来的には我々国民にも関わってくる話で、
もしこの先ドローンの規制がどんどん厳しくなって日本国内でほとんど開発・製造・販売されず、仕事やプライベートの利用のために欲しくなった場合は海外から購入・輸入しかない・・・という状態になれば、すくなくともドローンの分野においては、お金を稼ぐ機会よりも海外にお金を払う機会の方が多くなりますから、国の経済的にはよろしくありません。行く行くは我々の財布にも響いてくるかもしれません。

 

「でもドローンの経済効果なんて、そんなに気にするほどのものなの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
実は、少し知れば素人目にも分かるくらい、ドローンという商品の可能性は大きいのです。

GIZMODO様の記事でいいものを発見しました。参考にご覧ください。: 「荷物を運ぶだけじゃない! ドローンくんの多彩な活躍ぶりをみよ(動画あり)」

 

 

 

 

 

その2 そもそも免許制にしても意味がない

経産省が免許制・登録制による規制にまったをかけるのには、もうひとつ理由があります。

 

経産省の職員が話すには、「免許制にしたところで、ドローンは操作が簡単。実質、免許を持っていても持っていなくても関係なく飛ばせてしまうので、あまり規制としての効果は無いだろう」ということ。

なるほど確かに・・・

 

事実、車にしたって、免許制だからといって免許を持っている人しか運転しないというわけでもないですしね・・・
もちろん、ふつうは免許を持っている人間が運転するものですが、稀に無免許で運転して捕まる人なんかも居ます。

中には、捕まらない人も居るでしょう。

 

このような無免許運転が何故起きるかといえば、
それは、「運転できるから」に他なりません。

極端な話、車の免許なんてなくても、車を運転するスキルがあれば運転できてしまう、ということです。

車ならまだしも、ドローンは、この前生放送をやっている中学生くらいの少年が使っていましたからね・・・
本当に操作が簡単なんでしょう。

ラジコンヘリ・飛行機なんかだと操作が難しく、素人が飛ばせば簡単に壊してしまうものですが(経験談)、
ドローンの場合は、子供から大人まで誰でも楽しめるという印象があります。

 

 

 

実際どれほど簡単なのか

色々な所で、操作が簡単と言われるドローン。
実際どれほど簡単なのか・・・と思って調べてみると、面白い記事を見つけました。

スマホで操作する空撮ドローン登場、ラジコン感覚で簡単コントロール!

この記事に書かれているドローン、
なんとスマホで専用のアプリの地図のような画面を用いて目的地をタッチするだけで、そこにドローンが飛んでいく。
更新範囲は1km、なかなか遠くまで飛ばせるようです。

今後、日本国内で開発されないにしても、海外からの輸入でこういった便利なドローンが普及してくれば、なるほど免許だの登録制だのと言ってられませんね・・・まして、いまやネット通販でたいていのものは海外からでも購入できてしまいますから、とうてい追いつきません。

最後はやはりユーザー側のモラルということになるんでしょうが・・・
んーーなんとかならないものか。ドローンの将来が楽しみであると同時に、不安もあるのも正直なところ。

 

しかし、ドローンが普及すればそれにともなってそのうち、ドローン対策に特化した民間企業なんかが出てくるんじゃないかなあと個人的には思っています。

 

 

 

なんだかここ10年くらいで、映画に描かれるSFが次第に実現されていきますね。

10年後20年後がどのようなドローン社会になっているのか・・・それは、政府よりもむしろ我々一般市民の意識にかかっているのかもしれません。

コメントを残す